西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/06/07(木)

[]私だったら 16:46 私だったら - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 私だったら - 西川純のメモ 私だったら - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私だったら、以下を提案します。

1)単線学校体系を廃し、中学校以降は職業教育を導入する。つまり欧州のように商業中学工業中学農業中学を設けるのです。

2)何を教えた(正確に言えば何時間教えた)で縛るのではなく、何を学んだかで縛る。

3)小学校の内容を大幅に削減する。AIで代われる計算漢字などは廃す。スマホネットコンピュータを使い放題にする。その中で残るものを教える。

4)育児介護学校教育の中心に置く。

 

 凄くシンプルでしょ。ゴチャゴチャ書いた文章は何を書いたかからないようにするには有効だけど、何かを成すための文章にはならない。

  

 これぐらい大胆になれれば学校教育の命脈は残るのにな。ま、無理でしょうね。

[]イノベーション 16:33 イノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - イノベーション - 西川純のメモ イノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 経済産業省文部科学省文章を両方読みましたが、いずれも脱力感を感じます。どちらもプラスアルファ、もしくは今のものを変えようとしている。大事なのは捨てること。それがない。一言で言えば、持続的イノベーションの域を超えない。読めば読むほど、私が本で書いた破壊イノベーションが最もリアリティーのある未来のように思えます

 それが見えたとき経済産業省の方がそれに乗っかりやすい。捨てるものが少ないから。

追伸 初中局ではなく高等教育局が主導してれば、もっと読み応えがあっただろうに。実際の日々の教育責任のある初中局だと、常に、守りのことを念頭にあるから。一方、経済産業省の方は、今まで言い尽くされた内容の羅列で新鮮味がない。もっと大胆になれないのだろうか?

[]パラダイス 08:12 パラダイス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - パラダイス - 西川純のメモ パラダイス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ある方より「西川先生にとってのパラダイスとは何ですか?」と聞かれました。私の描くパラダイスとは、全ての人が多種多様な人と繋がっている世界です。私の本で書いた体育館での話です。

 それを実現するにはキャリア教育入門を根本から変えなければなりません。就職とは幸せになるためのツールです。ところが就職目的になってしまっている。それは多くの高校生にとって大学進学が目的になっているようなものです。大事なのは幸せになる」ことです。そのためには自分にとっての幸せを創る(探すではありません)ことです。

 「アクティブ・ラーニング時代キャリア教育入門」(東洋館)、「特別支援学級の子ものためのキャリア教育入門 基礎基本編」(明治図書)、「特別支援学級の子ものためのキャリア教育入門 実践編」(明治図書)をご覧下さい。今までのキャリア教育とは違って、幸せを創るためにしなければならないことを書いています