西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/03/12(月)

[]呪縛 09:15 呪縛 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 呪縛 - 西川純のメモ 呪縛 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 朝一番に、以下のメールが来ました。

 

「西川先生

こんにちは。めっきり春めいて参りました。

今回は、素敵なご報告です。

3年前に本校を卒業し、○○高校へ進学した生徒の一人が

なんと!この春、上越教育大学に進学を決定しました。

学び合い』で2年半育てたかわいい女の子が西川先生のもとで勉強したいとのことです。

ぜひ、4月以降、西川先生と教え子に会いに上越にお伺いします。」

 

 この子の場合、『学び合い』の説明は殆ど不要ですね。2年半、経験しているのですから。

 さて、この子は上越教育大学に進学しましたが、この子の進学の選択方法は賢い方法です。「学歴の経済学」に書きましたが、親・教師世代が思っているほど、大学のブランド力は低下しています。昔は、大学の偏差値によって採用試験にソーティングをかけることが合理的でした。ところが企業は余裕がなくなってきています。ちゃんと使える人材を欲しいのです。使えない人材を受け入れて、企業内教育で育てる余裕はありません。だから大学のブランド力が低下しています。もちろん、偏差値が10違っていたら話は違うかも知れませんが、5程度は誤差だと思います。

 この女の子の進学した学校のレベルから考えて、本学より偏差値の高い大学に入ることも出来たと想像します。しかし、そうしなかった。この子が入れる偏差値のレンジの中には様々な学部の大学が含まれます。しかし、彼女は教員養成系大学・学部というジョブ型大学・学部を選択したことが賢明です。

 次に、ジョブ型大学・学部を選ぶとき、どのような教員がいるかを参考にした点が賢明です。

 ジョブ型、特に教員養成系大学・学部のカリキュラムは基本的に金太郎飴です。特徴の出しようがありません。何故なら、大学の卒業単位数(百二十数単位)の中で、小中学校の免許を取るには八十数単位が必要です。この八十数単位は教育職員免許法によってガチガチに定められています。これは偏差値トップの教員養成系大学・学部でも、偏差値ビリの教員養成系大学・学部も同じなのです。差の四十単位の半数は卒業単位、及び関連科目が占めています。つまり、教員養成系大学・学部の違いとは、大学の違いではなく、卒業研究を指導する教員の違いなのです。この子は、それを選択判断の要素の一つにした点が賢明です。

 この子が実際に卒業研究の指導教員を選ぶとき、私以外になる可能性はあります。何しろ、本学の同僚はチャーミングな人が多い。でも、高校生の時に選んだ人より、チャーミングな人に出会えるのです。とりあえず偏差値で選び、でも、自分にフィットする人がいないなんて不幸です。

 このような偏差値で決めるという呪縛から子どもが逃れられるためには、まずは教師が呪縛から逃れなければなりません。義務教育の先生方へ。「それは高校の先生の仕事と」思ってはいけません。残念ながら、教え子の進学先の高校の先生が呪縛から逃れられていることを期待することは出来ません。だから、小学校の段階から、子どもに語らなければなりません。そして、私の本を保護者に紹介して下さい。早めに呪縛を解くことが大事です。