西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/03/08(木)

[]大勝ち 21:30 大勝ち - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大勝ち - 西川純のメモ 大勝ち - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の本の中には色々な本があります

 子ども達の一生涯の幸せを考えるための本の中には、現在価値観の中で、と、その次ののも。現在価値観の中だったら、大負けをさけて、小負けに落ち着かせる道を書きました。でも、子ども達が幸せになるには、現在価値観の人から負け組と思われるけど、本人はハッピーになれます価値観の転換です。

追伸 これがないと特別支援学級の子どもを一人の人とみられません。可哀想な子、自分が守らなければならない子、と思います

[]大学院 09:23 大学院 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学院 - 西川純のメモ 大学院 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学院で学びたい現職の方へ、上越教育大学教職大学院にお誘いします。カリキュラムの特徴等は学卒生さんへのお誘い(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20170909/1504935474)とかさなますので、そちらをご覧下さい。

 現職の方が教職大学院入学するとしたら地元大学院入学するのが順当です。が、上越教育大学には全国から多くの現職者が入学します。カリキュラムの特徴もありますが、基本的な違いがあります

 第一に、2年間フルの大学院です。つまり、1年間は大学院で2年目は現場で授業をしながらではなく、2年間、じっくりと学べます

 第二に、他県の人と学べます。それなりの年齢になれば、それなりの立場になるでしょう。その際、他県にそれなりの立場の人がいて、同じ釜の飯を食った仲間ならば、「おい、おまえのことではどうやっているの?」と聞けます

 でも、家庭の事情地元を離れられないという人もいるでしょう。ご安心下さい。本教職大学院カリキュラムをつくったのは、現場のことを知っている私です。いわゆる座学は、修士1年の4月から7月の4ヶ月に集中させています。それ以降は、修士1年、2年の後期にある実習だけです。その実習は自校でやることが出来ます大学院所属しているのですから担任分掌はありません。おおよそ週二日ほど学校に行き、授業(研究に直結します)をして、他の先生の手伝いをします。そして残りの日時で、授業の結果を分析するのです。家族孝行は充分に出来ます子育て期間だったら最高ですね。つまり有給産休ができるのです。私のゼミ生の中には、その自由な期間に様々な地域に出かけ、色々な先生の授業を見て議論することに使った人もいます

 もちろん、上越で2年間、じっくりとということも出来ますよ。

 また、婚活も出来ます事実、私のゼミ生の中には、入学時は独身で、修士1年の間に婚活をして修士1年末結婚して、妊娠して修了した人もいます

 自由時間の中で、色々なことを深められます