西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/03/03(土)

[]教え子 21:37 教え子 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教え子 - 西川純のメモ 教え子 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高等学校、大学でのゼミ生は数百人います。国立大学の大学教員としては多いと思います。

 ある年度のゼミ生の集合写真を見ました。そして、過去のゼミ生を走馬燈のように思います。ゼミを巣立ってから、色々のことがあるでしょう。私は何が出来ただろうか、何が出来なかっただろうか、と思います。

 悔いることも多い。でも、凡夫の私の出来ることはしたと思います。特に、『学び合い』でゼミ運営をしてからは、凡夫の私よりは「まし」であることは確信しています。でも、頭の中で数えていると大学に異動してからの教え子に7人ほど、その後の人生はどうなるんだろうと思う子はいます。

 私が出来ることは、日本の文化を変えることしかありません。このとてつもないことをやり続けることしかありません。

 過去のゼミ生の集合写真を見ながら、そう思いました。

 ゼミ生の今を知りたい、でも、怖い。だから、幸せを願います。

[]次 06:48 次 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次 - 西川純のメモ 次 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を1年以上実践した方へ。

 みなさんは、『学び合い』の基礎的な技法は分かったはずです。あとは問題が起こったときに本を見直したり、他の『学び合い』の実践者に相談したりすれば大丈夫です。だって、『学び合い』で起こる問題は典型的なものばかりです。

 だから、是非、妄想して欲しいのです。そして、『学び合い』の技法の裏にある根拠を理解して欲しいのです。私は色々な本を書きましたが、そのような人への本も用意しています。新年度が始まる前に読んでください。

 

『今すぐ出来る!全校『学び合い』で実現するカリキュラム・マネジメント』

『汎用的能力をつけるアクティブ・ラーニング入門』

学び合いの手引き』(ルーツ&考え方編)

学び合いの手引き』(アクティブな授業づくり改革編)

 

 「そこそこ出来る」で満足していると、集団をリードする子どもから見放されますよ。集団を健全に維持するためには、教師は課題のレベルを上げ続けなければなりません。そして、それが出来るためには、自分自身に課す課題のレベルも上げなければならないのです。

[]春きたる 06:42 春きたる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 春きたる - 西川純のメモ 春きたる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 朝、明るくなって、家の周りのフキノトウを取りました。すぐに袋いっぱいになりました。

 雪国のフキノトウは絶品です。植物は日を浴びると変化します。白色体が葉緑体になり、セルロース層が厚くなります。簡単に言えば「えぐぐ」なります。ところが雪国のフキノトウは雪の層の下で大きくなります。そのため日の光を浴びないのです。この数日で、一気に雪が解けました。そこが狙い目です。

 今日の晩酌は、フキノトウの天ぷらと蕗味噌が出るでしょう。春きたる、です。

[]幸せにならなくてはならない 06:43 幸せにならなくてはならない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せにならなくてはならない - 西川純のメモ 幸せにならなくてはならない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から二十五年前です。教え子の結婚式に主賓として呼ばれたとき、祝辞で「他人の幸せを喜べるには、自分が幸せでなければならない。だから、幸せにならなければならない」と語りました。

 子ども達が身近に接する大人は保護者と教師です。その教師が不幸せで子どもは希望を持てるでしょうか?教師は豊かな家庭生活、社会生活を得て、それを子ども達に語らなければなりません。教師は幸せにならなければならないのです。

 だから、ブラック勤務、ブラック部活を解消したいと願います。