西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/01/31(水)

[]他人とのつきあい方 21:07 他人とのつきあい方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 他人とのつきあい方 - 西川純のメモ 他人とのつきあい方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ある西川ゼミの学生を𠮟りました。理由は「直ぐに対応しなさい」といったのにも関わらず、直ぐに対応しなかったからです。ここで言う、直ぐとは5分以内ということです。ところが30分たってもやりませんでした。

 その学生は、「今やろうとしたのに、そんなに急がなくても・・」と思っていることがありありとしています。その学生が分かっていないのは大人の社会です。

 大人の社会では、一回の不誠実でも評価を著しく下げます。2回繰り返せば、相手にされません。それが分かっているので、それが恐ろしいのです、私は「直ぐ」やります。「あとで」というのは大人のルールが分からない「閑」な人の考え方です。私は忙しいだから「あとで」なんて出来ません。だから、私と仕事をした人だったら、私のリスポンスは早いことに驚かれます。理由は、私は忙しくて、恐ろしいと思っているからです。

 私には基準があります。短期間に同じミスを2回繰り返す人とは仕事はしません。ただし、西川ゼミに所属している間は許します。が、修了・卒業した後は3回まで許します。

 残念ながら他ゼミの学生2名を、本日、私の頭の中で「大人のつきあい方が出来ない人」と分類しました。理由は3回穏やかに注意しましたが同じ不誠実をしました。まあ、私を馬鹿にしているのです。その学生は指導教員が指導するでしょう。まあ、学生としてはつきあいます。従って、その学生にとって変化は感じられないでしょう。有能な学生と思っていただけに残念です。

 以上の物言いは冷たいでしょう。でも、これが大人社会です。

追伸 これは『学び合い』のセオリーに反しません。全ての人が全ての人と繋がる必要はありません。そもそも、どのレベルで繋がるかは多様で良いのです。集団としてネットワークに繋がれば良いのです。私は全ての人と高レベルの繋がりを維持する必要性はありませんし、そもそも無理です。

追伸2 大人のつきあい方が出来る学生2名いたことを付け加えます。