西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/01/24(水)

[]いつか役に立つ 22:07 いつか役に立つ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いつか役に立つ - 西川純のメモ いつか役に立つ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校で学ぶ内容の中で嫌いで、意味を見いだせないものがあります。でも、「いつか役に立つことがある」という理屈を言う人がいます。

 本日、ある国語の実践者のブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/strongmind222/20180124#1516795733)を読み、膝を叩きました。

 私が生涯で一番嫌いだったのは高校の漢文です。意味を見いだせません。三国志や水滸伝が好きな私は中国に興味はありました。しかし、レ点などのルールによって解読する意味を見いだせません。堀口大学のベルレーヌの誌は愛読しました。だから、漢文を書き下し文にして、それをリズムよく読むことの意味も分かります。大学に入って四声ということを知り、韻を踏んでいることも学びました。

 少なくとも、高校時代は理解できない。そういう教育をしていません。そして、担当教師が高圧的であり、その単位だけのために留年した同級生がいました。私は最底辺の学校で教師をしましたが、留年をすると言うことがどれほどの意味があることを知っています。留年させられた同級生が、留年のレベルに達しているとは思えません。その教師の身を守るための手段としか思えません(私がそう思っているということです)。

 結果として、私が高校で漢文を学んだ結果として得たものは、「高校の漢文は廃止すべきだ」、「漢文を教えたあの教師は教師として最低だ」という思いです。すみません。これは教育を研究している意見ではなく、一人の人間としての意見です。

 無理に教えることは、かえってマイナス効果は大きいと思います。

[]優しさ 21:36 優しさ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 優しさ - 西川純のメモ 優しさ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ある事情で、本学の学生さん、それも、とても嫌な思いをした学生さんとじっくりと話す時間を設けました。

 話を聞いて、この学生さんのいる大学に勤められることを誇りに思いました。

 わけ分からないと思いますが、書きたいと思い、書きました。