西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

18/01/02(火)

[]メッセージ 20:32 メッセージ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - メッセージ - 西川純のメモ メッセージ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「一人も見捨てない」というメッセージ、キツいね。だから、色々な方から別な表現が良いと言われました。でも、そういう人たちも含めて「一人も見捨てない」というメッセージがあるから仲間になってくれた。「良い授業できます」ではありえない成果。

[]終末論 20:21 終末論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 終末論 - 西川純のメモ 終末論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平安後期以降の新興宗教はみな終末論を論じますキリスト教黙示録はそうですね。みんな、それを聞いている人の人生範囲内、つまり数十年以内に起こることを暗示します。

 私も終末論を説きます。でも、二つ違います第一は、具体的なデータに基づき語ります。第二は、意識改革で終末と思えることがパラダイスであること(つまり、現状のパラダイスが終末であること)を語ります

[]選択 20:14 選択 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 選択 - 西川純のメモ 選択 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今書いている本の一節です。

 私は今の学校を変えようと思い続けていました。でも、今はその呪縛から解き放されました。そして、明るい未来イメージ出来るようになりました。しかし、その上で、教師も一人も見捨てたくない、と思います

いかがでしたでしょうか?

 ビックリされたと思います。そして、「そんな風になるわけない」と思ったと想像します。そう思うのは当然です。私がこの章で書いたことは、今の学校組織が変われる斬新的で現実的未来ではないのです。子ども達が一生涯幸せになれるための教育組織はどうあるべきかという視点で書いたのです。そして、そのモデル終身雇用がない先進国(即ち日本以外の全ての先進国)でずっと前からやられていることをベースに書いたのです。しかし、終身雇用一般的不易だと思っている人たちには荒唐無稽に見えるでしょ。

 残念ながら私も今の学校組織が本章のように変わるとは思っていません。

 変わらないなら、変わらないのでよいのです。変わらなければ、既に書いたように現状の学校組織と違う教育組織(例えばフリースクール)がそれを担えばよいのです。ただし、その場合外圧によって改革が求められてしまます破壊イノベーションになってしまえば制御不能になってしまます。そして、学校学習指導要領の縛りもない、自由度の高い新たな教育組織競争しなければならないのです。

 そのような状態学校独立法人化したならば多くの教師は路頭に迷うことになるでしょう。』

[]執筆 19:51 執筆 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 執筆 - 西川純のメモ 執筆 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 久しぶりに本を書いています。今までに無くぶっ飛んだ本です。