西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/31(日)

[]簡単か? 15:32 簡単か? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 簡単か? - 西川純のメモ 簡単か? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は簡単とは申しません。でも、一斉指導より遙かに簡単です。何故ならば、一斉指導は「東京大学に行きそうな子どもがいる一方、知的な障害が強く疑われる子どもがいるクラスで、全員が勉強になり、楽しめる授業」は不可能だからです。

 『学び合い』で一番難しい、いや、唯一、難しいのは、本に書いてあるとおりにやることです。『学び合い』をやりはじめは誰しも怖い、だから今までの授業と足して二で割る授業をしてしまう。それは『学び合い』ではないのです。バンジージャンプは特別な技術はいりません。しかし、一歩を踏み出す勇気を持つのは大変です。

 『学び合い』をやり始めると、その成果にビックリします。そして、気が緩みます。そして問題が生じます。しかし、その問題は多くの先人が経験し、解決したものであり、本に書いてあることです。それを読んでいない。

 『学び合い』は今までの授業とは違います。だから、誤解もされます。でも、それも先人が経験し、解決したものであり、本に書いてあることです。それを読んでいない。

 日本一小さな地方大学の一人の教師がやりはじめたことが日本中に広がる理由は一つだけです。本の通りやれば、本の通りの成果を上げている人が日本中にいるからです。それを成り立たせているのは「根拠、俺」ではなく、膨大な学術データ、実践データによって構築された理論と方法論によるものだからです。

 明治以降の一斉指導の歴史の中で、学校段階によらず、教科によらず、その実践者が集まったとき話し合える実践がただの1つでもあったでしょうか?私の知る限り、ありません。さらに言えば、『学び合い』の場合は教師以外も一緒に話し合える。