西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/31(日)

[]順番 15:32 順番 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 順番 - 西川純のメモ 順番 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以下で書くことは、今までに何度も書いたことです。しかし、誤解がある以上、何度でも書かなければならないことなのでしょう。でも、あまりにも馬鹿馬鹿しいので正直ウンザリしています。

 誤解1:『学び合い』は教師と子どもの縦糸が出来てから出来ることである。

 いわゆる縦糸論です。そりゃ、当たり前のことです。ただし、私は一人の子どもも見捨てたくないが、同時に、一人の教師も見捨てたくないのです。知っている教師を思い起こして下さい。そんな縦糸が作れそうもない人はいますよね。そんな人はどうしたらいいのでしょうか?

 誤解2:一斉指導の基本が出来ないと『学び合い』は無理。

 この手の誤解に接するたびに笑いたくなります。そもそも一斉指導がどれほど難しいのか分かっているのでしょうか?東京大学に行きそうな子どもがいる一方、知的な障害が強く疑われる子どもがいるクラスで、全員が勉強になり、楽しめる授業が出来ると思っているのでしょうか?せめて大多数の子どもがそうなることが出来ると思っているのでしょうか?噴飯物です。一斉指導は分からなくても、つまらなくても、黙って聞いてくれる子ども達がいるならば、そのように誤解できるだけのことです。

 元気いっぱいの子どもに「座りなさい、黙りなさい、ノートに写しなさい」と言うのと、「立っても良いよ、相談しても良いよ、でも、一人も見捨ててはいけないよ」と言うのとどちらが簡単でしょうか?

 『学び合い』でクラスづくりをすれば、縦糸が生じます。クラスをリードする子どもが「この教師に従っていくことは得だ」と分かればクラスのみんなをリードしてくれます。