西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/20(水)

[]悪夢 22:06 悪夢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪夢 - 西川純のメモ 悪夢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

昔のゼミ生の集合写真を見た。苦しい。私を選んだ子ども達。今、将来の幸せを願う。教師とは背負うもの、背負うことを望むもの。業。

今も酒に酔うと、高校教師時代の出席簿を見る。ある日から、斜線を引く。その日の前日に退学処分をしたのだろう。

大学の良いところは、この教え子の退学職をしなくて良いこと。でも、卒業したあとの教え子を守れない自分がいます

から過去の教え子を見るべきではないのですが、可愛いので酔うとみたくなります。業です。

きっと今日の夢は悪夢です。分かっているのですが。

[]幸せ 21:46 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我が家大事イベントは前夜祭、本祭、後夜祭があります

 キリスト教徒ではない我が家にとって本祭は24日です。ということで、23から25日にクリスマスがあります

 家内は、その3日間にどのようにご馳走を配置しようか悩みます。難しいのは、私が糖質制限しているので、寿司ピザなどを重ねることが出来ないのです。かなり難しい問題です。

 が、このようなことを悩む今を感謝します。世には、それどころでない人が多い。だから自分幸せを確実にし、永続するためには、一人も見捨てない、という願いを持ち続け、やり続ける必要があると思っています

[]大学19:52 大学人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学人 - 西川純のメモ 大学人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本中教員養成大学学部は上を下への大騒ぎになっています31年度に免許法が変わります。全大学一斉に申請するので、本年度中に書類を仕上げなければならないのです。また、31年度に教職大学院化しなければならない大学も多く、本学もその一つです。そうなると会議交渉が多くなります

 学術的な会話をするならば、一般人より大学人と話した方が遙かに話が早い。一方、実務的なことを話すと、大学人より一般人と話した方が遙かに話が早いのです。何故なら、学術の話の場合は、正しければ良いのです。ところが実務に関しては正しければいいというわけではありません。そもそも多様な正しさがあります。そのあたりが分からない大学人がいます一般人と実務を話すと、「結局、どうしたいか」があり、それを正当化する理屈を構築します。その過程妥協交渉が入ります

 幸い、私の同僚の多くは研究者であると同時に現場教師だった人たちです。だから、「結局、どうしたいか」を率直に語り合える。だから、話が早い。