西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/12/02(土)

[]西川ゼミ 14:13 西川ゼミ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 西川ゼミ - 西川純のメモ 西川ゼミ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川ゼミは私が本で書いたテクニックを全く使っておらず運営しています。

 ゼミは週2回です。全体ゼミと個人ゼミです。

全体ゼミはゼミ全体の仕事の調整と相互理解のためにあります。西川ゼミの仕事は多岐にわたっています。院生は実習校での教育改善がメインです。これがほぼ年間を通してやっています(規定は3ヶ月ですが)。また、学部生は卒業研究です。その他に、学部生の教育実習の準備、就職試験対策を集団で行っています。

 対外的な仕事もあります。「年に一度の越後『学び合い』の会の開催」、「西川ゼミ所属希望者、『学び合い』実践参観希望者との実践校の日程調整及び懇親会の準備」、「研修会、学会での参加・発表」、「西川ゼミ庶務」等があります。これらに参加された方であれば、ゼミ生が何をしているかが分かると思います。

 私が講義や学内政治に動きつつ、全国で講演し、本を執筆できるのは、西川ゼミのゼミ生のサポート体制があるからです。例えば、私の書く書類の中で人事など機密性の高いもの以外は、ゼミ生が下書きします。毎年書かねばならない書類の場合、手直しする必要性がありません。大学から様々な書類・仕事が来ると、そのままゼミメーリングに流せば、彼らがそれを解決します。全体ゼミで相談されます。

 私は基本的に全体ゼミに参加しません。絶対に参加するのは年度の最初と最後だけ。最初に「西川ゼミは日本の教育と社会を動かしている。頭を使ってよりよき教育と社会を実現することをやれ。それが我が身のためでもある」と語ります。最後は、その一年になしたことを評価し、次年度に向けて檄を飛ばします。それ以外は、参加しません。参加するのは、ゼミに何らかの問題があることを感じたときです。その場合は、問題を解決する意味を語り、方法は語らず、任せます。ま、10分ぐらいの説教です。これが年に数回あります。

 その兆候は何で見取るか?

 これは個人ゼミです。ただし、一対一でやらず基本的に学年別に5人から十数人でやります。話題は様々です。その時、自分が悩んでいること、分からないことを私に相談します。その相談の様子はユーチューブで公開しています。案外、定常視聴者がいるんですよ。何故、集団でやるかと言えば、3つの理由があります。第一に、だいたい同じような悩みを持っている人が多いので、一回の説明で終わらせることが出来ます。第二は、自分の言われた私の言葉の意味が分からない場合、横で聞いていた人がゼミの後で説明することが出来るからです。第三は甘えを防止するためです。私はゼミ生に甘いです。ベロベルなめ回したいほど可愛い(しませんよ、もちろん)。ということがゼミに入ると分かります。だから、一対一になると楽になるために甘える危険性があります。ところが、集団の中でやるとそれが押さえられる。

 私の仕事は学内政治によって、学生の学ぶ環境を保証することです。予算を獲得し、人と繋げることをやっています。私は書類書きに忙殺されないので、そのあたりは抜群な結果を学生に還元していると自負しています。

 ネームプレートは使いません。ゼミ生同士で声を掛け合えばいいだけです。課題で悩みません。だって課題もつくらないからです。何故なら、一人一人の課題は違いますから。私が学生に与える課題は、日本の教育と社会をよりよくすることです。

本に書いていることと全然違います。

 おそらく、以上のことは大学だから出来ると思っているかもしれません。でも、これは小学校でも出来ることなのです。でも、ピントこないと思います。ピンと来る人だけが出来る『学び合い』です。そして、それを可能となる政治力も必要です。法的には何の問題も無いのですが、「やる」を許される政治力が必要です。それには『学び合い』の考え方が身体化しないと。私は『学び合い』と二十年つきあっています。そして、もの凄く多くの失敗をした経験を持ちます。

このレベルの『学び合い』の本が商業ベースに乗るのはいつだろう?

追伸 現状の教育は教師に「親兄姉」を期待しています。教師ドラマの大多数はそうです。しかし、三十人の子どもの親兄姉になれません。『学び合い』では子ども達にとって上司になります。ゼミ生がお客様には「西川先生は親戚のおっチャンみたいだ」と言ったそうです。甘えさせるわけでなく、命令するわけではなく、言うだけ。それに従うか、従わないかは自分で決める。現状では、西川ゼミに所属すれば実感できます。あはははは