西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/10/26(木)

[]素 22:17 素 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 素 - 西川純のメモ 素 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一斉講義型の話をするのは、『学び合い』より楽です。全てプログラムされた言動をするだけですから。

 が、過去の子どもの話をしたとき、一瞬「素」に戻ります。

 その本性が、今の私を突き動かします。

 が、一斉指導を受ける学生さんの多くには「うざい」。でも、一部は私の思いを受け継いでくれる。

[]可愛い 22:07 可愛い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 可愛い - 西川純のメモ 可愛い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を学ぼうとする先生方、特に三十代、二十代の先生方は純粋に可愛いと思います。

 でも、当たり前です。高校教師の時代に、猫かわいがりして、だっこして、高い高いして、べろべろなめた(さすがに、女子はしませんでした。)子ども達は、今は四十代後半なのですから。

[]高校 22:02 高校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校 - 西川純のメモ 高校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、高校の先生方が6人も上越においでになった。

 学ぶ気持ち満載の先生方。

 高校の先生方が、教育に興味を持つ。

 素晴らしいな。

 楽しみ。

[]当たり前 07:15 当たり前 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前 - 西川純のメモ 当たり前 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、若い『学び合い』実践者に会いました。

 私が「なんか悩みない?」と聞くと、「ありません」との返答です。

 「悩みはありますが、それはみんな本の中に書いてあります。そして、本の通りにすると、本の通りに解決できますから、とりあえずありません」とのこと。私は「じゃあ、金と時間をかけて上越に何故来たの?」と聞くと、「自分の周りには『学び合い』実践者がいません。上越の実践者の授業を見て、話したいからです」とのことでした。

 話してみると、ありとあらゆる私の本を読んでいます。

 

 『学び合い』はシンプルな理論と方法論によって構成されます。それを二十年以上、数千人の人が実践しているのですから、起こるような問題は全て出尽くしたと言っていいと思います。その問題を数千人の実践者がトライし乗り越えた情報が私の所に集まります。それを私が本にしている。

 

 こともなげに「ありません」と言うもの当然です。とても素直な人でした。