西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/09/28(木)

[]公立学校 07:04 公立学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公立学校 - 西川純のメモ 公立学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、大学は淘汰の時代です。でも、高校も同じです。厳しいのは私学ですが、実は、それ以上に問題なのは公立です。

 公立の強みは「学費」です。極論すれば、「それのみ」と言っていいかもしれません。

 そして弱みは「人事の流動」です。これは「そこそこ」を維持するには良い方法ですが、強みを生み出すには弱点となります。

 例えば、受験指導の場合です。公立の教師の場合は、偏差値40ぐらいの高校の教師が偏差値70ぐらいの学校に異動することはありえます。しかし、2つの学校で求められる能力は天と地ほどの差があります。そのような教師に早稲田の理工学部の問題の傾向を生徒に問われても何も言えません。

 また、就職指導の場合、地元企業担当者との長い時間をかけた信頼関係が必要です。しかし、それを築けるほど長く学校に勤務するわけではありません。

 これを乗り越えるためには、ヴィジョンと戦略が必要です。例えば、自校が進学をメインとするか、就職をメンインとするかを決めなければなりません。そして、進学だとしたら、旧帝国大学レベルか、地方国立大学レベルか、早慶レベルか、マーチレベルか等のターゲットを絞らなければなりません。この企業だったら当然やっているターゲット・マーケティングをやっているところが公立学校でやっているところがあるでしょうか?

 もちろん、地方進学校の場合、偏差値70から偏差値55ぐらいに広がっており、ターゲットが定まらない場合があります。しかし、そもそも成績を輪切りにして入学させたのに、それだけ分散が広がっていたとしたら、企業の表現だったら「品質管理」が悪いのです。それを仕方が無いと思うのでは無く、改善すべきものだと考えるべきです。

 その上で、子ども達の進路指導を通した子ども達が自分のターゲット・マーケティングを行うべきです。その際、偏差値ばかりではなく、家庭の資産状況を含めた様々な家庭環境を勘案して、就職先をイメージさせます。

 例えば、私立文系志望の子どもには数学・理科には基礎的なテストを行い、宿題はあまり与えません。私立理系志望の子どもは国語・社会には基礎的なテストを行い、宿題はあまり与えません。地方国立大学志望の子どもに対しては、センター入試レベルにターゲットを絞ります。

 ところが、残念ながら学校としてターゲットを絞っておりません。また、子どもにターゲットを絞らせ、それにあった指導をしていません。結局、各先生方が個人としての善意の指導をします。が、ハッキリとした理論的根拠があるわけではありません。あとは、「いっぱいやらせればいい」というごくごく素人的なことしかできません。その先生方が、「東京大学にも対応できる課題」をいっぱい与えて、それが全教科だったらどうなるでしょう?慌てて付け加えますが、個々人の先生方は悪くない。戦略が無い状態で、学術的な理論が無い状態で、個人として出来ることはそれぐらいしかありません。

 毎年、雑誌に発表される進学実績を見ると思います。「中学校3年生の違いなんて地域によってそんな差が無いのに、どうして、こんなに違いが出るのだろう」と思います。

 残念ながら戦略のあるなしでは無いと思います。理由はどこでも人事は流動的で、人事の様々な要素から、特定の学校に出来る配慮は限定的だからです。じゃ、差があるのは何か?私は教師が子どもの邪魔をするか、しないかの差だと思います。それが校風です。

 就職に関しても同じでしょう。

 戦略を立てられる公立高校があれば大勝ちできるのにな~っと思います。だって、「学費」というアドバンテージを与えられているのですから。逆に、公立が変わらない現状だったら、私学は分のいい戦いを出来るのにな~っと思います。何故なら、私学は中長期で物事を考えられるし、何よりも生活がかかっている。

 追伸です。義務教育、特に、中学校の先生方へ。高校とはそんなところなのです。心して、進路指導をしてください。安易に偏差値で決めずにね。

 追伸の2です。私はランクを落として、家から徒歩でも通える新設校に入学しました。おかげて、ガリ勉しなくても学年トップレベルは維持できました。おかげてノビノビとして時間を過ごしました。1年の殆どは自然科学部で蝶を追いかけましたし、生徒会の会計の仕事もしました。ただ、新設校で外部模試を受けさせるということがなかったため、高校2年の冬に最初に受けた模試では、英語の偏差値が27でした。1年間の受験勉強でなんとか筑波に滑り見ました。もう少し早く模試を受けたらと思う面はあります。ランクにあった高校に進学したらそうなったと思います。しかし、逆にそうなったらついて行くのに必死になっていただろうし、脱落し、自暴自棄になったかもしれません。ということで、ランクを落としての進学は、私は成功だと思っています。