西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/08/08(火)

[]まずは 20:01 まずは - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - まずは - 西川純のメモ まずは - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』に関して、耳たこの話があります。

 曰く、教師と子どもとの縦の関係が出来てから、『学び合い』。(縦糸論)

 曰く、子ども同士の人間関係が出来てから、『学び合い』(横糸論)

 曰く、一斉指導が出来てから、『学び合い』。

 正しい。でも、私はそう主張しません。何故なら、そうできない教師がいるからです。上記を言うのは「強者」です。私は一人も見捨てたくない。

 ちゃんと縦糸をつくってからの方がいいに決まっています。だから、私は最初は話術・教材で子どもをねじ伏せます。そして、徐々に『学び合い』にシフトします。だって、楽だから。でも、それが出来ない教師が少なくないことを知っています。

 子どもたちの人間関係が良好な方がいいに決まっています。でも、そうでない状況をどうだかいしますか?それが一斉指導で出来る教師がいますが、出来ない教師もいます。

 一斉指導が、どれほど大変か知っていますか?悪いですが、多くの教師は知っていない。暴走族相手に物理を教えれば分かります。単に、黙って聞いているから授業が成り立っていると誤解しているだけです。そもそも、多様な子どもが満足する授業を一人の教師が成立させるわけない。

 教師と子どもとの縦の関係が出来てから、『学び合い』。(縦糸論)

 子ども同士の人間関係が出来てから、『学び合い』(横糸論)

 一斉指導が出来てから、『学び合い』。

 という人がいると「甘い」と思います。あなたも、暴走族相手に物理を教えたら、と思います。そうすれば、馬鹿馬鹿しさが分かります。