西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/07/06(木)

[]西川ゼミ 21:38 西川ゼミ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 西川ゼミ - 西川純のメモ 西川ゼミ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は日本中の学校に呼ばれます。嫌らしい私は、その合間に、すっと学校を回ります。職員室の前で出入りする教師に関わりたいと思っている子どもがいるかどうかを見ています。図書館に行って、本を読むではなく、時間を過ごす子どもを見ています。そして、特別支援学級に所属している子どもの割合を聞きます。

 日本中の教室、どれほどの子どもが苦しんでいるか、それを知っています。

 教材の深い理解、とのたまっている教師の授業で、その子が救えるか、といつも思っています。

 もし、その子どもたちの人生の中で週1時間でも自分が仲間として受け入れられる時間を設けたら、どれほどの意味があるかを知っています。そして、それを経験しない子どもが高校でどうなるかを、嫌と言うほど、知っています。

 ある学生さんに、西川ゼミはどんなゼミであるかを聞かれました。

 私は日本中に敬意をはらわれるゼミ生が多いという点だと思います。

 本学教職大学院にはきら星のように素晴らしい教師が多い。

 私もその一人だと思っています。

 でも、そのゼミの「学生」に対して敬意を払われているのは、西川ゼミだと思っています。(教職大学院の先生方、すみません。酔っています)

 何故、敬意を払われているか。それは、最初に書いた子どもたちを救いたいと思い、そのために行動し続けているのは我がゼミの学生だからです。私のところには全国から多くのお客様が来ます。その対応をしているのはゼミ生です。お客様はそれを見ています。

 ゼミ生に言います。君たちの行動は、子どもの命を救うかもしれない。自殺したいと思う子どもを引き留めるかもしれない。そして、もし、一人の教師でも、子どもの一生涯を考える教科指導があることを分かってくれたなら、どれほどの子どもが救われるか。

 若い学生には、就職して直ぐに役立つとは断言できません。でも、苦しいときに頼る相手の多様さ多数さは、人にどのように尽くしたかで分かります。でも、私はゼミ生が教員採用試験に合格するか、否かでものごとを考えません。もちろん、大事ですからそのための環境整備はちゃんとやります。でもね。大事なのは採用された後です。採用された後、やめない教員になること、成長し続ける教員になることを大事にしています。なによりも、教え子を守る家族の大事さを語り、多様な繋がりを保証したいと思います。

 一人一人の学生の幸せをシミュレーションしてしまいます。教師の性です。でも、そんなことを出来ないことを知っています。だから、大局的な成長を出来る集団を願うしかありません。学生さんにとって「今」うざくても。ま、分かる学生はいます。その学生が伝えればいい。

 セオリー通りです。