西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/07/02(日)

[]大戦略 10:47 大戦略 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大戦略 - 西川純のメモ 大戦略 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から約30年前に大戦略というゲームソフトにハマってしまいました。こちらが様々な部隊を動かすと、次はコンピュータが動かす番です。当時はフロッピーディスクで、コンピュータの速度も速くなかった。こちらが入力し終わって、コンピュータ部隊移動を終わり、次に私が入力する間、10分~20分、フロッピーディスクガチャガチャと動いていました。私はその間に学術論文を読み、論文を書いていました。

 あの頃、どれだけの時間をあのゲームに費やしたでしょうか?起きている時間の半分近くはそうだったと思います。当然、それ以外の娯楽は殆どありませんでした。

 冷静に考えれば、馬鹿馬鹿しい。だってゲームに勝っても何ら得るものもない。でも、やめられない。自分が何か作戦を考えて、それに向かって少し動いてみて、その反応を待ち、次の一手を考える。このことは囲碁将棋も同じです。コンピュータゲームは私の都合に合わせてやってくれるので、どこまでものめり込める。

 今日日曜日です。

 大学は閑散としたモノです。一方私は、土日は大学に来て、色々なことをし続けています。これは息子が小さかったとき以外を除外して、この二十年以上続いています。(家族旅行比較的行いますが、それは例外として)

 静かな廊下を歩きながら、「ふと」思いました。

 「みんなは土日に何をして過ごしているのだろう?」、そして、「私は、それ無しで何故大丈夫なのだろう?」と。

 そして、気づきました。私は大戦略ゲームをしているのだということを。

 日本を変えるという最終目標のために、色々なことをやって、その反応を見て、次の一手を考える。それをやっているのです。だから、飽きないし、楽しい

 ゲームと違って人相手ですが、私といっしょにこのゲームに参加してくれる人は多い。頻繁に繋がっている人は、百人ぐらいはいます。1年の期間だったら数千人の人とやりとりをしている。私の差し手は、1冊の本を企画し世に出すこともありますし、遠方で講演することもあります電子メールでお悩み相談にのったり、上越に遊びに来る方と面談したりすることもある。この文章のようなものブログFBにアップすることもある。FBコメントをしたり、「いいね」を押したりすることもある。そんなとき、それらは「日本を変える」というゲームクリアーに繋がるのではないか妄想することも多い。

 だから飽きないのだと思います

 と、閑散とした廊下を歩きながら思いました。

追伸 大学仕事をしない人は、何をしているのだろうと本当に思います。このような生活を数十年過ごしているので、テレビを見て時間を過ごしたいと思いません。ことさら、買い物や旅行に行きたいとも思いません。ソーシャルスキルの無い私は、家族以外の人と遊びたいとも思いません。結果、もの凄くシンプル生活に何の痛痒も感じません。このような生活の究極が修道院や禅寺の生活なのかもしれません。