西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/05/12(金)

[]急がねば 21:52 急がねば - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 急がねば - 西川純のメモ 急がねば - 西川純のメモ のブックマークコメント

ある『学び合い』実践者の記事です。

分かるのです。

ここまで劇的でなくても、苦しんでいる子はいる。

ネットサーフィンをしていると『学び合い』を否定する人のコメントを読みます。しかたがない、普通の人はそう思います。

でもね、その人たちは「授業」のことしか書いていない。分からないのです。

 

以下を書いた人は、したたかに踏ん張っています。

このレベルのことを知っているからです。

面白い授業、分かりやすい授業を目指しているではありません。

毎日、毎日、苦しくない日々。その当たり前を得られない子どもの苦しさ。

首をすくめ、目立たないようにして学校生活を生き残る。

でも、その先に何があるのか。

同志のみなさん。

我々が何をすべきか、どんなスピードで。

一人一人の人生はかけがえのないものです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

聞けば、そうとうないじめを受けていたと言う。

名前で遊ばれる

落書きされる

物隠しをされる

後から押される

グループ外しをされる

提出物集めの時、自分だけとばされる

小学校中学年から始まったいじめは

6年生まで続いた。

「みんなと同じ中学校になんか進みたくない、」母親と毎日のように涙を流した。

だから、近隣の国公立、私立はすべて受験した。

でもうまくいかなかった。

泣く泣く迎えた中学校の入学式。

母親とうなだれながらも真新しい学生服に

かすかな期待をした。

入学してからもいじめは続いた。

自分のプリントだけ、親指の爪と人差し指の爪で挟んで、汚いもののように。

自分がしゃべると、耳をふさぐふさぐ人がいた。

隣の人の机がものの数センチ遠い。

自分の左に座る人はみんな右手で頬杖をつく。

誰も気づかないようないじめだった。

2年生になって、『学び合い』が始まった。

余計に孤独を感じたが、別にいいと思った。

ただ、これまでと違うのは、

先生がよく机の横に来てくれる。

これまで話したこともなかった人が、

「みせて。」っていってきた。

半年過ぎて気づいた。

自分のまわりにいつも2、3人がいる。

「みせて。」が「教えて。」に変わってきた。

うれしいと感じた。

教えるだけでそんなに喜ばれるのであれば、

もうちょっと勉強しようと思った。

そんな折りに、先生はぼくに無茶ぶりをしてきた。

「第一次護憲運動について20分、授業してくれないかな⁉」

『できるわけないじゃん、俺、いじめられてるんだよ。』って心で呟きながらも、

断りきれず、受けた。

文字や線が斜めにならないように練習した。

文字の大きさも、チョークの色も、

何回も何回もやり直した。

話す順序も、みんなが「はっ」と思うように並び替えた。

だから、伝えたかったことはだいたい伝えられた。

話すことと、だいたい同じように黒板に書いた。

時間内に終えた。

先生は、「練習通り。」と耳元でささやいてくれた。

いつも、僕に聞きにくる女子もだけど、

拍手が多く感じた。

それから、いじめはなくなった。

僕をいじめていた人は、

上から目線だけど、

「教えろよ」と寄ってきてくれた。

他の教科でも、「そうならないかな。」と思ったので、頑張った。

やがて、数学の先生が『学び合い』を始めた。

そして、国語の先生も『学び合い』を始めた。

僕はかわった。

先生、卒業式の日にこんな話をして、

ごめんなさい。

でも、どうしても話しておきたかった。

その横で肩をふるわせ、

下を向きっぱなしのお母様の足元には

水溜まりができていた。

[]ノブレス・オブリージュ 21:32 ノブレス・オブリージュ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ノブレス・オブリージュ - 西川純のメモ ノブレス・オブリージュ - 西川純のメモ のブックマークコメント

我々は多く人の人生に関わっている。

何かが分かる、何かが出来るではない。

毎日、毎日、苦しくない日々。その当たり前を得られない子どもの苦しさ。

首をすくめ、目立たないようにして学校生活を生き残る。

でも、その先に何があるのか。

 

分からない人より、分かっている人に罪がある。

ノブレス・オブリージュ

[]父になる、教師になる 21:14 父になる、教師になる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 父になる、教師になる - 西川純のメモ 父になる、教師になる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 子どもがいる男性に確認したいことがあります。

 みなさん我が子に対して父であると思えたのはいつ頃ですか?

 子どもが生まれる前、妻のおなかが大きくなっても、妻のことが心配でした。つまり夫ではあったですが、父ではなかった。

 生まれた直後は、壊れそうで、抱くのは怖かった。

 でも、育児に参加しなければならず、おっかなびっくりやりました。そのうちに懐いてくれるようになりました。そして父になったと思います。

 みなさんもそうですよね?

 

 本日、ゼミ生から相談を受けました。「先生になりたい!とは思えないのです」と悩んでいたのです。本当に、真面目で、可愛いやつだと思いました。

 カレーを食べたこともないのに、カレーが好きだという人を信じられますか?

 分かるわけありません。

 カレーのおいしさを知るためには食べるしかありません。

 教師の喜びを知るには、教師になるしかありません。特に、担任する子どもを持ってからがスタートラインです。その子に対して責任を持ち、失敗や成功を積み上げながら時間を過ごす中で、初めて教師になれると思います。だから、今、「教師になりたい!」と思えないのは当たり前です。そのことを深刻に考えるということは、真面目な証拠です。

 研究によれば、我々の職業選択は殆どが偶然だそうです。

 ちなみに私の場合は、学部で遊びすぎたから大学院に進学しようと思った。私の不得意なドイツ語が課せられない大学院が教育研究科だったから受験し、入学した。でも、入学しても教師になるつもりはなく、青年海外協力隊で世界を歩いてみたいと思いました。そして、理学部出身で教育の大学院出身者の現実的な進学先は高校教師しかなかったと思います。

 大学院で研究の面白さを知ったので、そのうちに大学の研究者も良いかなと思いながら就職しました。が、就職してから教師の面白さを知りました。そして、研究者ではなく一生涯、高校教師の人生がいいと思うようになりました。しかし、私の勤めた高校は子どもたちがドロップアウトし続ける学校です。可愛い教え子がドロップアウトするのを守れない自分が許せず、自分を責め、深酒をする毎日。結局、挫折し大学に逃げ込みました。

 そんなもんです。

 川の流れに浮かぶ舟。その時その時、自分が流れる先で、自分の幸せを見つけるしかありません。

[]ご期待あれ 16:16 ご期待あれ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ご期待あれ - 西川純のメモ ご期待あれ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我がゼミの学生は、日本を変えるというとんでもない野望を持ちます。それが、どのように生まれるかをご覧下さい(14分ぐらいからです)。https://youtu.be/hpsK0gebmys ジワジワと私の術中に落ちいります。全ての先生方、特に技術科の先生へ、今から1ヶ月後の6月12日にご期待下さい。

[]太田の会 06:50 太田の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 太田の会 - 西川純のメモ 太田の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

主催者の案内をコピペします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

10回 『学び合い』太田の会のお知らせ

今年度最初、そして記念すべき10回の『学び合い』太田の会を開催します。

日時 5月27日(土)15時〜17

場所 群馬県太田市の生品行政センター

370-0312群馬県太田市新田村田町1107-1

学び合い』に興味がある方、アクティブラーニングに興味がある方、実践者の情報交換の場として、ぜひお越しください。4月を終え、本格的に始まった1学期を、子ども達とどのように過ごしていくか、一緒に考えてみませんか?申し込み等手続きはありません。どなたでも当日会場へお越しください。