西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/05/08(月)

[]アドバイス 20:03 アドバイス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アドバイス - 西川純のメモ アドバイス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2年前にアップしたメモを再度アップします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 最近、ある同志の方にお子さんが生まれたことを知りました。何度か書いたことですが、まとめて書きます

 男性諸氏へ。あなたの奥様が老後にあなたのおしめを替えてくれるか邪険にされるかを決めるのは、奥様が一番大変な時にあなたが何をするかにかかっています。それはいつかと言えば、お子さんが生まれから小学生になるまでの6年間です。とくに最初半年拷問を受けているのと同じです。おそらく奥様は遠慮すると思いますしかし、本心は違います。奥様の「いいわよ」を信じてはいけません。嘘です。できる限りのことをしましょう。あなた人生においてゴマをすって、最も効率の高い相手は奥様です。

 子育てに関わるのは大変です。しかし、大変ですが、それによって得るものは莫大です。赤ちゃんの息子が便秘した時、ベビーオイルを付けた綿棒を尻の穴に入れると、その刺激でうんこが出るのを見るのも経験です。子どもはやってくれる人になつきます。昔から息子の添い寝は私の担当です。今でも、頭を付けて寝ます。「一緒に寝ないぞ」という言葉が中2の息子への脅しになる家庭は多くないです(良いかどうかは分かりませんか。あはははは)

 次に画像です。

 まず、デジタルカメラビデオカメラを買いましょう。ハイビジョンなんていりません。安いやつでも良いですから絶対に買いましょう。

黙っていても小さい時は写真ビデオを撮りまくると思いますしかし、継続は力なのです。運動会入園式や旅行映像は撮るでしょう。しかし、それよりも面白いのは普段の様子です。我が家では数ヶ月にいっぺんは、夕食時の様子を三脚で固定したビデオでダラダラと撮ります食事を食べて、それから寝るまでの様子をです。だから、3時間以上も撮ることがあります。また、息子が寝ている様子をずっととり続けたことがあります。親以外には全く興味がないと思うのですが、これが良いのです。

 さて、このようにして撮れば膨大な量になります。保存も大変ですし、整理も大変です。そしてDVDだって劣化するかもしれません。

もし、息子のDVD劣化して写らなくなったとします。それを修復するのに2万円が必要だったら私は出します。ということは膨大なDVDは私にとっては莫大な価値のある財宝なのです。絶対に保存したい。

まず記憶容量が膨大だと保存が大変です。私はビデオカメラ記憶形式ファイルipad用の画像圧縮するソフトを使っています。5千円ぐらいのソフトです。ド素人結婚式ビデオ編集するのに使うソフトです。画質はipad用の規格の中で比較的高画質に設定します。このレベルだとテレビで見ても大丈夫です。そして、容量は4分の1になります

 それをハードディスクに貯めます。もう一つのハードディスクに定期的にコピーするように設定しています。これで一方のハードディスクが壊れても大丈夫です。

 しかし、そのコンピュータのある建物火災に遭ったら大変です。そこで、私はドロップボックスというクラウド保存のサービスを利用しています。そこにためています。年間1万円です。そこにはPackratサービスというものがあり、誤って消しても、保存し続けてくれるサービスがありました。現在は申し込みが出来なくなりましたが、ドロップボックスビジネスプランに加入すれば可能です。私は画像をアップすると、それを消します。結果として使える容量は減らないのに、もしかの時には復活できます。それに加入しなくても、年間1万円ぐらいで1Tの容量を得ることが出来ます。とりあえずは大丈夫です。

 ということで、核戦争が起こらない限り、どんな大災害が起こっても画像は守られる体制を整えています。これで老後の楽しみは万全です。

 なお、家内には以前型落ちのipadを買ってあげて、そこに親ばか動画登録しました。もの凄く喜ばれました。暇な時は、それを見てニヤニヤしています

 以上、子どもが生まれた同志へのアドバイスです。