西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/05/07(日)

[]欲 21:52 欲 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 欲 - 西川純のメモ 欲 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学部指導教官の石坂先生から高校までは学びたくない人も教えてもらえる。大学は学びたい人が教えてもらえる。大学院は学びたい人も教えてもらえない」と教えてもらえました。それが正しいと思います

 今、大学教員として裏の意味も分かります。「高校は全員にそこそこ教えてもらえる。大学は一部に教えてもらえる。大学院はごく一部にもの凄い可能性を与えてもらえる」と。

 西川ゼミ所属すれば、ものすごい可能性があります。全国のゼミの中で我がゼミ学生のみが享受できる可能性があります普通見方と違うもの見方を学べます。その見方で実際に実践する機会を得られます。そんなことを面白いと思う、日本中の人とつながれます

 が、それをゼミ生に強いません。

 大学教師を三十年以上務めて分かったことがあります。「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」ということです。ゼミ生ごとに欲が違います教師として、その欲にあったものを与えれば良いと思います。というか、それしかない。では、適量はどうやったら分かるでしょうか?全員に等しく、可能性を提示します。欲ある人は、求めます。欲の無い人はスルーします。

 若い頃だったら、全員にその欲を喚起したいと思いました。でも、今は、それぞれがそれぞれの幸せがあると思っているので、強いません。

追伸 欲ある人に、ありとあらゆるアドバイスが出来ます。が、私がドキドキするほどの欲をぶつける人は少なくなっています。ま、そのおかげで心穏やかに過ごせます

追伸2 ちなみに研究者になりたいと、私に言えば、私は全く別人になります。でも、そう言った人の殆ど教授しました。ま、思いつきで言える人ではないことを分かった人が言いますから

[]ビデオ 21:33 ビデオ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ビデオ - 西川純のメモ ビデオ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 親ばかの先輩として、小さい子どもを持つ方々にアドバイスです。

1) ヴィデオカメラ買うこと。安くて良いです。高いやつを使い切れません。

2) だらだら写すこと。運動会などでヴィデオを記録するのが一般的ですが、そんなのつまりません。お勧めは、毎日食事時を記録することです。食事の脇に三脚につけたヴィデオカメラを置いて、記録すれば良いのです。理由運動会子どもを写せるのはごく短期間です。が、食事時は1時間ぐらい記録できます。それも、ずっと動かないので三脚でヴィデオカメラで固定できます。つまり、苦労がないのです。そして、そこに映る普通のものが、あとから思えば凄く意味があります。たとえば、「あ~、あのころは、あの服を着ていたね」、「スプーンを使えるようになったね」、そして、夫婦の会話も記録されているので、「あのころは・・」です。

3) この記録が我が家には膨大にあります。この記録が宝です。老後は、そのビデオをだらだらと見たいと思っています。流しっぱなしでも数週間分はあります。が、その記録をなくしたら大変です。もちろん、ミラーリングしているHDに貯めているのですが、不安です。全てをクラウドに貯めています。従って、日本が核攻撃を受けても大丈夫

でも、そのままの映像データクラウドで貯めたら大変です。幸い、色々なソフトがあります。私が使っているのは、結婚式映像記録を加工するソフトです。これを使えば、画像鮮明のままで容量を大幅短縮です。

 

 若い方へ。オジサンの言っていることを守った方が良いですよ。クラウドに貯められている映像は、我が夫婦にとっては数億円の価値があります。ふぉふぉふぉ

[]フラット化 17:10 フラット化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フラット化 - 西川純のメモ フラット化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日ビデオカメラ操作のことが分からないので電子メールで問い合わせました。グエンさんという方がレスしてくれました。おそらくグエンさんはベトナムオフィースで働いているのでしょう。

 「フラット化する世界」で書かれたことを直に経験し、「ここまで来たか~」と思いました。個人的情報を持っており、それに基づくサービスで無い限り、日本人である必要性はなくなっています