西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/04/16(日)

[]広がってない 09:12 広がってない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広がってない - 西川純のメモ 広がってない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある『学び合い』実践者が勤務校の管理職から「『学び合い』がいいんだったら広がっているはずだ。良いものは広がるから。でも、広がっていないだろう」と言われた話しを聞きました。

 さて、どうでしょうか?

 皆さんは『学び合い』は広がっていると思いますか?それとも広がっていないと思いますか?

 話しをちょっと変えましょう。

 今までの日本の教育で広がったものってありますか?

 ありません。

 文部科学省の推し進めた生活単元が広がりましたか?

 言語活動は国語での話し合い活動を増やす程度に落ち着き、総合学習は昔から合った地域素材の活用に落ち着いたじゃないですか。結局、今の教育は学制発布の当初から変わりがありません。授業検討会で語られる言葉は、コメニウス、ヘルバルトが使った言葉を別な言葉で言い換えただけではないでしょうか?

 民間の研修団体は多くあり、様々な成果を上げています。なによりも職員室の教育力が低下する中で見捨てられてしまった若い教師を救いました。しかし、そこで語られ、伝えられるのは、現状の教育に直ぐに使える様々なテクニックです。今の教育を根本的に変えるような、一貫した理論とそれに基づく実践方法ではありません。

 学制発布当初の教育と今の教育の違いは、せいぜい印刷やコピーの道具が発達し、最近は電子機器を使うようになりました。でも、それを使ってやっていることは昔と何ら変わりはありません。

 『学び合い』は今までの教育の考え方を根本的に変えようとしています。おそらく、日本の教育史の中でこれに比肩するものはなかったと思います。少なくとも、日本中に実践者が広がり、会が開かれているものの中ではなかったと思います。(すみません、怒られそうですが、あえて言います)

 こう考えると、もの凄く広がっています。

 そして、その広がっている理由は、第一に「本を読んで、本の通りやれば、本で示されるようなことが起こり、本で書かれている成果を上げられる人が多い」(全員とはもうしません。本の通りやれる人ばかりではないです)から。第二に、その実践の元にある願いが、単に分からせる、楽しませるではなく、子どもの一生涯の幸せを願っているからです。