西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/04/06(木)

[]動画 20:00 動画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 動画 - 西川純のメモ 動画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』をこれからやろうとする人、また、実践歴が短い方は『学び合い』の動画を見ることを勧めます。私の本には詳しく書いてあるのですが、旧来の枠組みが残っているため誤読する可能性があります。つまり、私の本では「やること」と書いているのですが、「ま、いいよね」と思ったり、逆に「やってはダメ」と書いているのですが、「ま、いいよね」と思ったりするのです。論より証拠、動画を見てください。

 『学び合い』の実際の姿を見たいならば、Find!アクティブラナー(https://find-activelearning.com/ グーグルで「アクティブ・ラーニング協会 授業見学」と検索すればヒットします。)をご覧下さい。無料の登録をすれば授業が見られます。画面左上の検索に『学び合い』を入れて検索すれば日本全国の『学び合い』実践を見ることが出来ます。また、私のHPhttps://jun24kawa.jimdo.com/)の「『学び合い』を学びたい方へ」→「『学び合い』動画」を見れば、私やゼミ生の飛び込み授業を見ることが出来ます。

 なお、Find!アクティブラナーの動画の中には、従来型の部分を含んでいる実践もあります。それだけ『学び合い』は間口が広いのです。ただし、初心者の方は従来型の部分を極力削った本の通りに実践することを強く勧めます。『学び合い』と従来型の併用は、ものすごい力量が必要なのです。まあ、カレーも美味しいですし、アイスクリームも美味しい。でも、混ぜたら不味くなります。カレーとアイスクリームを混ぜて美味しいアイスクリームカレーを作るのはものすごい力量が必要ですよね。

 簡単に言えば、従来型の要素を入れれば、子どもは主体的に動かなくなります。みなさんも中途半端に校長から仕事を任せられるのと、全面的に任せられるのと、どちらが必死になりますか?それと同じです。

[]お願い 12:21 お願い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お願い - 西川純のメモ お願い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 全国の『学び合い』の実践者の方々にお願いです。

 新任の方に、「新任1年目を生き抜く教師のサバイバル術、教えます」と「なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール」を薦めて下さい。何故か?読んでいる方はお分かりだと思います。ふふふ

 新任1年目で暴走族相手に物理の授業を成立させたノウハウがあります。難しいこと、大変なことは書いていません。ごくごく当たり前のことしか出来るわけない。それは十年選手も同じ。難しい教材研究より、まずは声の出し方。そして、何を考えるかです。子どもの中には、大人の腹を見透かす子どもがいて、その子がクラスをリードします。

[]学び方 07:21 学び方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び方 - 西川純のメモ 学び方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 気象学の先生から聞いた話です。

 気象学は膨大なデータを収集します。卒業研究の学生がデータを収集しました。気象学の先生が「君の結論がどれぐらい確からしいかを数量的に示して」と指示を与えました。1週間後の会話です。

 

教授:どこまで進んだ?

学生:まだ、考えています。

教授:考えているって、どういうこと?

学生:だから、考えています。

教授:??もしかして、君はずっと考えていたの?

学生:はい。

教授:君は一人で統計学を構築しようとしているの?

学生:統計学って何ですか?

教授:・・・・・・・・・・・

 

 笑い話みたいな話ですが、実際にあったことです。

 でも、似たようなことはたびたびあります。

 私の所には毎日、色々な人からの『学び合い』に関するお悩み相談を受けています。いずれも典型的な質問です。その際、今までに読んだ『学び合い』の本は何かを聞きます。大抵は3冊以内です。中にはスタートブックだけで実践している人がいます。何度も書きましたが、スタートブックは『学び合い』の素晴らしさを伝えるには最も分かりやすい本かもしれません。が、ノウハウは完備していないのです。

 だから、色々とアドバイスした後に、読むべき本を紹介します。

 世の中にはスタートブック1冊で『学び合い』を実践できる人もいます。でも、その方は、失敗してもめげず、自らでやり続けられる人です。多くはない。『学び合い』は二十年以上、多くの実践者が実践しています。その中で、起こるべき問題は全て出尽くしたと言っていいと思います。そして、それに対する対策は色々と試みられ、実践者の中で共有され、整理されています。私は数千人のお悩み相談を受けています。それが見事に同じ事を聞きます。私はそれを本にしています。

 本を多く読めば読むほど、理解が進みます。本を読んでください。

 そして、『学び合い』の会に出席し、実践者と語り合ってください。あなたの悩みはみんな通る悩みです。

 そして考えてください。

 本を読み、人と語り合い、自ら考える。この1つでも欠ければ歪になります。

 本を読まなければ独りよがりになります。

 人と語り合わないならば、理解が深まりません。

 自ら考えないならば、人の受け売りになります。自分に合わせなければなりません。