西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/03/19(日)

[]コントロールの仕方 10:24 コントロールの仕方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コントロールの仕方 - 西川純のメモ コントロールの仕方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 集団をコントロールする仕方は『学び合い』とそれ以外ではかなり違います。

 暴走族相手に物理の授業をやったときは、徹底的に計画した劇を最高に演じる必要がありました。しかし、これはもの凄く疲れるし、時間がかかります。そのうちに気づいたのは、クラスにはボタンがいくつもあることです。あの子をいじれば面白いことを言ってくれる。あの子に応えさせれば、みんながうなずいてくれる。あの子に任せれば、みんなが静かになる。等々です。最初の1ヶ月ぐらいはザッツエンターテーメントの授業をしながら、そのボタンを探します。あとは比較的楽です。

 『学び合い』ではそうしません。理由は教師が常にボタンを正確に見とれるとは限らないからです。そして、ボタンと目された子どもに負担が集中するからです。そして、何よりも「みんな」という言葉をシビアに捉えているからです。例えば、ある子に応えされれば、みんながうなずいたとしても、みんなが納得しているとは限らないことを知ってしまったからです。

 では、どうするか。達成すべきことを全体に語り、何故達成すべきかを全体に語ります。結果として、教師がボタンと目した子どもが、教師の予想通りの行動をして、予想通りの結果をもたらす場合もあります。しかし、そうであってもその子の負担感はもの凄く違います。(校長室によばれて、「君」頼むよ、と言われるのと、職員全体に言われたことを自主的にやるのとの違いです)そして、多くの場合、教師の予想は外れていることを知ります。多くの子どもが多様に、流動的に動いてくれます。それ故、安定した結果を得ることが出来ます。