西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/03/09(木)

[]子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング 22:10 子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング - 西川純のメモ 子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング - 西川純のメモ のブックマークコメント

 連日の自著の宣伝すみません。ただ、一つ一つが違った目的で書いたのでまとめられないのです。

 さて、カリキュラム・マネジメントに関して、本日も現職院生の方から質問を受けました。簡単に言えば、「カリキュラム・マネジメントって何ですか?」です。私の応えは以下の通りです。

『中央教育審議会の答申は多種多様な委員の合議によります。多士済々の方々が違った願いと前提で議論している。それをまとめる方法は、全ての委員の意見を羅列せざるを得ないよ。だから答申を読んでも何が何だか分からない。じゃあどうするか?自分なりに答申を流れを創らなければならない。カリキュラム・マネジメントも色々な解釈を創ることが出来る。それを持たなければ、何にも生まれない。私は私の解釈を創った。それは「子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング」(www.amazon.co.jp/dp/4182719255)の最初の部分に書いた。単純バカの私が書いたから、もっとも単純で汎用性の高い解釈だと思います。読んでみてね』

 カリキュラム・マネジメントの本体は教科横断の所にあると思います。何故そう判断したかの根拠は本をお読みください。この本の中には様々な教科の授業が『学び合い』の考えだと問題なく繋がることを示しています。

 なお、この本の特徴は、今まで他の本では紹介しきれなかった、図画工作、音楽、技術、体育、家庭科の実践者の文章を含む、多様な学校段階・教科の実践を掲載しています。また、多種多様な学校創りの事例も紹介しています。

[]ドキュメント 07:08 ドキュメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ドキュメント - 西川純のメモ ドキュメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある日、一人の中学校教師が上越に来て私と議論しました。学校に戻って『学び合い』を実践し、学校に広めました。当然、山あり、谷ありです。幸い、2代続けて校長のサポートも受けました。そして、全校体制の『学び合い』がなりたちました。そうしたら、地域のトップ校の合格者が倍増しました。

 そんな学校に何が起こったかを知りたいと思いませんか。

 「『学び合い』で始めるカリキュラム・マネジメント 学力向上編」(www.amazon.co.jp/dp/4491033390)

この本の売りは、その先生、校長先生の文章だけではなく、「最初は疑問を持っていた先生」、「途中から赴任した先生」、子ども、保護者、事務、用務、地域の人等々の様々な文章によって構成されている点です。凄いですよ。

[]お土産 10:38 お土産 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お土産 - 西川純のメモ お土産 - 西川純のメモ のブックマークコメント

昨日、ゼミ生達がぱくぱくお菓子を食べているのを見ていたお客様は、どんなお菓子がいいかを聞きました。その結果がこれです。すみません。

あ、私には高級な焼酎をいただきました。すみません。

f:id:jun24kawa:20170309090648j:image:right