西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/02/16(木)

[]発想の転換 21:33 発想の転換 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 発想の転換 - 西川純のメモ 発想の転換 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これから『学び合い』をはじめる方は、以下の3冊を読まれることを強く勧めます。

 『学び合い』ステップアップ、週イチではじめるアクティブ・ラーニング、『学び合い』を成功させる教師の言葉がけ

 『学び合い』を初めて1年間の悩みの95%はそこに書いてあります。どこかに隠しカメラで見られているのではないかと思うと思います。

 それらを私と対話しながら学びたい方は上越においでください。それがかなわないときは、明治図書の対話本シリーズを読みください。私と話しているような気になると思います。

 

 今、「課題が終わって遊ぶ子がいる」という典型的な問題を相談されました。これは上記の3冊を読めば分かります。だれもが通る道です。

 

 今までの教師は、何か問題が起こったならば、問題が起こらないように「教師」が手立てを考えます。先の問題の場合は、「課題量を加減するにはどうしたらいいか?」と考えます。しかし、それでは子どもは大人になりません。ではどうするか?『学び合い』では「課題が終わって遊ぶ」ことは何故ダメなのかを語り、それを解決することを子どもに求めます。

 この発想の転換は最初はなかなか乗り越えられません。でも、本の通りに語れば、本の通りに子どもが解決する様子を見ることによって、「あ~、子どもたちが解決できるんだ」ということを実感します。それでしか、乗り越えられません。だから、最初は本の通りにやることです。

 私の本に書いていることは膨大な学術データと、数千人の実践者の実践データから導かれたものを、私の言葉で書いたものです。まずは信じてください。