西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/02/14(火)

[]理想の社会と学校2 08:50 理想の社会と学校2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理想の社会と学校2 - 西川純のメモ 理想の社会と学校2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

理想の社会と学校2

 「アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門」(東洋館)では最初に、お金がいくら必要かを考えさせるエクササイズを子どもにさせます。まずはお金が分かりやすいからです。やってみるとビル・ゲイツになる必要もないことは分かります。一般人が稼げるだけで充分であることが分かります。

 では、何故、多くの人が満たされないのか?

 私は金持ちや権力者の作戦のように思います。

 金持ちや権力者だと行っても「起きて半畳寝て一畳飯を食っても二合半」です。日本人の平均年収の十倍稼ぐ人も十倍飯は食えません。十倍大きなふとんに寝てもしかたがありません。それでは十倍稼いだことが無意味になります。だから変なものを食べます。古代ローマ皇帝の食事の中には蚊の目玉がありました。どうやって集めるかというとコウモリを集め、その胃袋の中から得るのです。目玉は消化されないから。それでももの凄い手間がかかります。もの凄く高価なものです。でも、珍味ではあっても美味しいとは思えません。何故食べるかと言えば、それを食べられない人の「羨ましいな~」という羨望を得たいのです。

 求める人が多くなると高価になります。金持ちの有り余るお金の使い先が生まれます。だから、金持ちや権力者はどうでもいいものに価値があるように洗脳します。千利休は雑器を「大名物」と価値付け、権力者はそれを恩賞として使いました。

 冷静に考えれば馬鹿馬鹿しい。権力者や金持ちを喜ばすために、みんなが自分で持てないものを羨望する馬鹿馬鹿しい。まずは、その呪縛から逃れなければならない。

 昨日、ある方が「東京大学があるから日本の教育は駄目なんだ。東京大学を解体すべきだ。」と仰りました。私は以下のように申しました。

『東京大学はあるべきだ。一定数は最高学府で学問を究めて、発展させてもらわないと日本が困る。問題のポイントは、みんなが東京大学に入りたいと思うこと。例えば、吉本興業に入ってお笑いの世界で活躍したいという人はいる。でも、多くの人は羨望しない。自分には合わないし、合わない人には辛い世界だと分かっているから。同じように、東京大学に入りたいと思っている人がいたら、「へ~、頑張ってね。そんなにまで勉強したいんだ、あはははは」と思えるような状態になればいい。一人一人が自分の進路を見据えて、別々な方向に進めばいい。』

 自分が実現できる未来を理想の未来とすればいい。そして、その理想を少しでも高めた方がいい。

 権力者や金持ちの呪縛を学校で解くべきだと思っています。だから、「アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門」(東洋館)では、お金の呪縛を最初に解きます。