西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

17/01/01(日)

[]ツボ 20:03 ツボ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツボ - 西川純のメモ ツボ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「この世界の片隅に」を観ました。ボディブローをかまされているようで、辛い映画です。大部分のシーンは、どうでもないシーンです。でも、観ている方に「補完」させるような作りです。そして補完してしまうと、辛すぎる。

 この前の横浜での講演では語っているうちに嗚咽しながら語ってしまいました。特別支援関係の話だったので、「泣かないぞ」と決意したのにです。その部分は以下のようなことを話した時です。

 ある中学校に定期的に授業参観しました。

 クラスの『学び合い』が成り立ち、特別支援学級の子どもも受け入れられるようになりました。その子どもは知的な障害です。教科の内容をやるには難しい。その子は絵が好きです。だから、クラスの子どもは英語の受験勉強をしている中で、その子は絵を描いています。

 最初いったとき、その子は仮面を持っていました。オペラ座の怪人のマスクみたいなものです。その子は自分の描いた絵を周りの子に見せて意見をもらっていました。しばらくすると、そのマスクはしていません。首から提げています。でも、時々、そのマスクをするようにしていました。しばらくすると、マスクはクビの後ろに下げています。そして一度もマスクをしませんでした。ある日、参観に行くと、マスクはありませんでした。と、いうことを語るときに耐えられずに嗚咽になってしまいました。

 上記の内容にどんなドラマがあるでしょうか?少なくとも五十代後半のオッサンが嗚咽するレベルのことはない。実際の授業場面では、もっと目立たない状態です。でも、私は一つ一つの変化のたびに、教室の外に出て泣いてしまうのです。そして、マスクを持ってこなかったことを知ったとたんに、5分以上も泣き続けてしまいました。彼の抱えていた業の深さを考えてしまったのです。

 『学び合い』の実践者から色々な連絡(正確には自慢)を受けます。「成績が上がった」、「人間関係が向上した」というものです。でも、それらは私にとっては織り込み済みのことです。だから、それを喜んでいる実践者の姿を見て、喜べます。しかし、希に、耐えられなくなり泣くようなことがあります。ツボなのです。

 これは本には書けません。だって、そのツボがツボであることを説明するには、ものすごく長い状況説明が必要なのです。それでは興ざめです。だから、それをツボだと分かるような体験をした人でないと分からない。

 「この世界の片隅に」には、そんなツボがいくつかありました。いい映画です。

scorpion1104scorpion11042017/01/01 22:07西川先生の横浜のご講演が、どれぐらいの大きな決意をもってなされたかすぐにわかりました。パワポを使われずメモをお持ちでした。そして、ステージの一番ギリギリに立たれて、客席に一番近いところでずっと語られていました。涙を見せまいとされておられるのもよくわかりました。
私は、客席の反応と会場の空気を見ていました。ほとんどのお客様が顔を上げて聞き入っていると感じました。アンケートからも、卒後の状況に関することは興味を持って聞かれていることがわかりました。皆さんの胸に染み入っていると思います。そして、授業で何ができるかという問いをお持ちの方が多く見受けられました。

私は、あの1回目のご講演の内容を現実にお聞きすることができて念願が叶いました。あのご講演の内容が今から日本中に潮が満ちるように広がっていくことを元旦の今日は夢を見ています。日本中により早く広がっていくために、一教師として私は何ができるかということが新たな課題です。

jun24kawajun24kawa2017/01/03 22:09何が出来るか、ゼミ生である、あなたにはハッキリと語りました。
期待しています。