西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/12/31(土)

[]妄想 08:28 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 毎年、年末年始妄想をしています

 が、今年は妄想がわかないのです。何故か、と思いました。

 原因は、「一人も見捨てない」ということに関して最後ピースがはまったからだと思います。ま、そのピースは前から知っていたのですが、それは理論的なものでないという事例を知ったからです。もっと具体的にいえば、重い障害を持ち、肉親を持たない人が、その人なりの人生を全うするには何が必要かという事例を知ったからです。色々な子どもがいるでしょうが、その事例に包含されるように思います。ようは人の繋がりです。

 私の頭の構造教育の枠組みを超えています。が、私の仕事教育の枠内にいます。その枠内で枠外のことを動かすにはどうしたらいいか。それが分かりません。

 三十年以上前に初めて教師になったときから追い立てられた「一人も見捨てない」から解放されたように思います。もう、私には見えている、と思えるのです。

 冬の太平洋側の天気はさわやかです。曇天と雪に閉ざされる雪国からトンネルを抜けると、東京まれの私は「そうそう、本当はこれだよな」と思います

 上越教育大学は私にとって最高の職場です。だから三十年以上勤めている。根本先生、戸北先生という最高の上司をいただいた。だから我が儘放題できた。が、両先生鬼籍に入られた。上越教育大学は全国の生きのいい教師派遣されます。その人たちといっしょに仕事が出来ます。が、新潟県派遣の方は私の研究室所属することは少ないのは前からで、他県の先生所属します。ところが他県派遣の数が減っている。そして、日本中にいっしょにやってくれる教師がいる。博士課程で研究者養成することも十分やった。既に私が養成した人が養成する側になっている。1つのコースと1つの専攻を立ち上げた。思ったことが実現し、思った通りの成果を上げた。ということで上越教育大学についても一段落

 さて、次に何をすればいいのか?

 北海道石川さんが50歳でご退職になり、新たな道を切り開くそうです。安定指向性の高い私には絶対出来ないことです。でも、気持ちが分かるような思いがします。同じ環境の中で生活すれば、良き出会いもありますが、裏切られた記憶もある。それが澱のようにたまってくる。一度リセットできたら気持ちがいいように感じます

 妄想がわかない。

 ゼミ生がワクワクするような妄想を与えてくれるだろうか。