西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/12/29(木)

[]ローグワン 17:25 ローグワン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ローグワン - 西川純のメモ ローグワン - 西川純のメモ のブックマークコメント

 スターウォーズのエピソード7があまりにも駄作過ぎて、二度と新作を見まいと心に決めました。が、ローグワンが良いという情報が流れたので、ダメ元で観ました。

 良かった。

 エピソード4~6の伏線として色々と繋がりました。

 ネットを調べるとシリーズ最高との呼び声があります。なるほどとうなずけます。

 しかし、シリーズ最高は絶対にエピソード4です。

 少なくとも私の年代以上の人はそうだと思います。二十台、三十代の人がシリーズ最高と評価しても、それも納得できる部分があります。

 何故かと言えば、それ以前の映画とエピソード4の革新的なギャップが凄い。エピソード4の最初にデストローヤーが現れた映像には圧倒されました。全く異次元です。2001年宇宙の旅と同じぐらい革新的でした。

 サルバドール・ダリは自分自身の贋作を描いていると言われました。その表現で表せば、ルーカスでさえエピソード4の贋作を作り続けたと思います。

 が、スターウォーズファンならば観るべき映画です。

追伸 エピソード8を観るつもりは無いという気持ちは揺らぎません。

[]世間 17:03 世間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 世間 - 西川純のメモ 世間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 世間は狭い。大都会のど真ん中で『学び合い』実践者と出会った。世間は狭い。と、同時に、それなりに私の世間も広いのだろう。

[]話が早い 06:40 話が早い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 話が早い - 西川純のメモ 話が早い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方のブログ(http://f-manabiai.hatenablog.com/entry/2016/12/28/235805)に『学び合い』実践者同士は共有しやすいというものが書かれていました。その通りだと思います。

 『学び合い』の理論と方法論は、学校段階、教科に依存しません。だから、小学校の先生と高校の先生、中学の国語の先生と高校の数学の先生が話し合って違和感を感じません。

 だって、主なる話題は子どもであり、教師である自分の行動ですから。教科であったとしても、シンプルなものです。教師であれば大学を出ています。その大学を出た人がちんぷんかんぷんな教科論が、子どもたちの中に入るわけありません。

 それと、周りの人たちとの折り合いの付け方、苦労の仕方も同じです。

 さらに言えば、それらの解決策は私の本の中に書いてあります。だって、私の本に書いたことは、数十人、数百人、いや数千人の人の悩みを私が聞いて整理したものですから。多くの方が抱く悩み、特に、実践し始めて数年以内の人の悩みであれば99.9%以上はそこに書いてあります。読んだ方であれば、再確認し合います。

 ということで、初対面であったとしても『学び合い』の実践者同士は話が早い。学校段階、教科が違っても。そして苦労話・自慢話で盛り上がります。