西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/11/06(日)

[]読者様から 21:13 読者様から - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 読者様から - 西川純のメモ 読者様から - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、「学歴の経済学」を読まれた読者様よりメールが来ました。お褒めのおこばを賜りうれしかったです。特に、その方が小学校のお母様なのです。

 その方から

『以前から「高専はどうだろう?」と考えておりました。主人曰く自分たちの時代は高専は就職率は抜群だが(今でもそれはあまり変わってないと思うのですが)いい企業に入れても結局大卒に給料面で差が付けられてしまい悔しい思いをする。だから高専から4大に編入するパターンが多いのではないか、と。』

 

 私の返答は以下の通りです。

 

嬉しいメールありがとうございます。

弊社は読者様へのアフターサービスはバッチリです。

まず、「いい企業に入れても結局大卒に給料面で差が付けられてしまい悔しい思いをする。」ですが、その企業に就職出来るような4年制大学に入れるならば、その大学に入った方がいいかもしれません。しかし、高専と同等の4年制大学では、その企業には就職出来ないでしょう。だから、高専の方がいいと思います。それが無理なら、職業科高校です。

これで●●さんへのお応えになったでしょうか?

でも、もう一歩進めて欲しいのです。

給料の多寡で幸せははかれません。

大事なのは人とのつながりです。

お子さんの幸せを願うならば、人とのつながりこそが幸せに繋がることを伝えて下さい。

私は『学び合い』という実践を全国に広めています。

その教育の根幹は「一人も見捨てず」にこだわることです。

仲間が多様で多数であることが、今後の社会で幸せになるキーです。

あと、「学歴の経済学」を周りの人に勧めて下さい。

私の息子は高校1年です。

色々なことを教えます。しかし、納得しないのです。

息子が納得するには、息子の同級生の多くが変わらなければならないのです。それは●●さんも同じだと思います。