西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/09/27(火)

[]危ういな~ 21:29 危ういな~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 危ういな~ - 西川純のメモ 危ういな~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

「有能であることよりも、有能であり続けることは遙かに難しい。恋愛における嫉妬より、仕事関係の嫉妬は陰湿で持続的だから。」

 これは私が大事にしたいと思っている、有能な人に語った忠告です。

 そして、アドバイスとして自分がベースとしている組織に対して貢献をすることを勧めました。その人が、これこれのことをしていますと語ったので、それでは足りないと申しました。その人が対外的に目立つ程度に合わせて、それに倍する、倍々する貢献しなければなりません。

 ネットを通じて様々な若い人が頑張っている姿が垣間見られます。しかし、「危ういな」とも思います。校内での貢献はもちろんですが、市レベル、県レベルでの貢献が必要です。例えば、市レベル、県レベルでの割の合わない仕事を請け負わなければなりません。

 自分が目立つところでの活躍と、自分のベースとしている組織における貢献とのバランスが必要です。カリスマ教師の寿命は長くはありません。せいぜい中堅半ばまでです。どう考えても、中堅半ば以降でカリスマ教師だったら、十中八九はベースとなっている組織で嫌われます。若手ならば、自分のことに重心を置いても許されたとしても、中堅半ばであれば組織に対する政治的貢献を大きく求められるからです。対外的な活躍に倍する組織への貢献を出来るほどの政治力のある人は希ですから。私の場合、本を執筆する能力や講演する能力とタフに政治をする能力は別物ですし、多くの場合、相反するものです。ま、嫌われても、なんでも大丈夫という抜群の才能と、タフな精神力があればいいですが、そんな人は希です。才能のある若い人が、上手く成長して欲しいと願います。

 私は嫌われると落ち込みます。だから、嫌われたくない。だから、自分のベースとしている組織にプラスとなるありとあらゆることを、常に考え、行動しています。我が身大事さからです。

追伸 私は上司に恵まれました。根本先生、戸北先生という二代のボスのおかげで我が儘いっぱいのことが出来ましたし、うまく立ち回れたと思います。私ほどの幸運は望めないと思いますので、若い人は危うさを自ら意識しなければなりません。身近な人には、お節介で、何度も説教します。そうできない人のために、不特定多数で情報発信します。