西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/09/26(月)

[]多様性 17:37 多様性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多様性 - 西川純のメモ 多様性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学生から「分かる説明をするために大事にすべきは?」と聞かれたとします。私は「誰に分かって欲しいの?」と聞くと、「子ども」と学生は応えます。私は「子どもという子どもは一人もいないよ。一人一人は全員違う。君がどんなに苦労しても分からない子どもがいて、どんなに手を抜いても分かる子どもがいる。説明の仕方ではないんだよ。君が語るべきだと思うことを心を込めて語りなさい」と語ります。

 私は色々なところで講演をします。しかし、心の中に響き、この会場を出たあとも思い出してくれるのは2割、そして実践に至るのは数人だと思っています。そんなもんです。でも、大枚なお金をもらっているのですから、エンターテインメント性は高めますが、エンターテイメント性で本質は変わりません。何故かと言えば、私の話が分かるか分からないかは、私と「その人」の相性の問題ですから。

 こんなこともありました。高校の国語の教師に対して、ある文章を読ませて評価をさせました。そして、その評価が高校教師の中で一般的かを聞きました。その結果、「全て」の教師が高校国語の教師だったら私と同じ評価をすると回答しました。しかし、彼らの評価は点でバラバラでした。そんなもんです。専門家の国語の先生でも評価がバラバラだとしたら私なんぞが分かるわけありません。

 私はそれでいいと思っています。

 ユダヤ社会では、全員一致の議決は無効になるそうです。全員一致するというのは不自然であり、何か問題があると考えるからです。優れた知恵だと思います。

 私の講演を敵意むき出してにらみつける人がいます。大人げないな、とは思いますが、「ま、そうだよね」と思います。私の本を一節ごとに論断する人がいます。「ちょっとずれていますよ」と思いますが、「ま、そうだね」と思います。いや、読んで批判する人は誠意がある方です。読みもしないで、伝聞や切れ切れの言葉をつなぎ合わせて、かってに批判する人が大部分です。

 しかし、心を込めて反対する人がいて、心を込めて賛成する人がいることはありがたいことだと思います。名だたる文豪・作曲家はその時代に「幼稚だ」、「破壊者だ」、「愚劣だ」と言われたのですから、凡夫の私がそれに類する批判を受けたならば、なにがしか注目を受けたことを意味していると思っています。

 全ての人に分かる話、文章、ありえるわけありません。どんな話、文章でも分かる人がいて、分からない人がいる。好きな人がいて、嫌いな人がいる。大事なのは、分かる人、好きな人に確実に伝わるようにすればいい。その際、大事なのは表現でもなく、内容でもありません。心です。語る言葉、書く文章に込められた心が本当ならば、必ず伝わります。私はそう信じています。

追伸 私の本の9割以上は『学び合い』初心者であり、その多くは採用5年以下の人を想定しています。出版社からそのように求められています。最近、中級者向けの本がやっと書けるだけ裾野が広がりました。なお、上級者向けは口伝が主です。だって、上級者向けには入門者向けと真逆なことを言うので誤解されます。例えば、入門者向けにはネームプレートの利用を薦めます。しかし、上級になると薦めません。入門者向けには全員達成をこだわることを求めますが、上級者には全員達成しなくていいんだよと言います。私は入門者向けには教材研究をするなと書きます。でも、上級者には教材研究は大事だと話します。分かる段階にならないと、両者は矛盾しないことが分かりませんから初心者向けの本には殆ど書きません。

strongmind222strongmind2222016/09/26 17:52なるほど。セグメンテーションの結果ですね。
ありがとうございます。
私も心をこめてブログなどを書きます。

jun24kawajun24kawa2016/09/26 22:17期待しています。
私と違うセグメントをお願いします。