西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/09/18(日)

[]カリキュラム・マネジメント 20:11 カリキュラム・マネジメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カリキュラム・マネジメント - 西川純のメモ カリキュラム・マネジメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は大学学部では生物物理学を専攻しました。指導教官の石坂先生からは多くのことを学びましたが、そのなかで「近似」という考え方は今でもものすごく役立っています。

 生物のような複雑な現象は、ものすごく多くのことが影響しています。それを単に記述するだけだったらば、複雑なままに記述すればいいだけです。ところが、それを理解し、予測し、コントロールすることは困難ですし、多くは不可能です。物理学では、近似を行います。それが有効です。つまり、複雑な変数の中で最も大事な変数は何かを見極め、その変数に着目して現象をモデル化するのです。その近似が的確であるならば、小数の要因だけで現象の多くを予測することが可能で、それ故にコントロールすることが出来ます。

 アクティブ・ラーニングの本は増えました。しかし、その多くは個々の変数を網羅的に記述するものです。例えば、グループ数はどうしたらいいか、とか、教材はどう扱うか、とうものです。しかし、私は今後の社会の変化が最も大きな変数であると考え、それでモデル化します。その結果として、東京大学の推薦入試、京都大学の特色入試、また、中央教育審議会の答申の細かいところがどのように結びつくかを示すことが出来ます。つまり、様々なことが落ち着く、大きな「絵」を描きます。それが私の本の特徴であり、講演の特徴だと思います。

 ちらちらとカリキュラム・マネジメントのことが気になる人が生まれているようです。それに合わせて、カリキュラム・マネジメントを解説する文章が出てきています。それらは丁寧にカリキュラム・マネジメントを説明しています。しかし、私にとっては複雑すぎます。記述するだけ、それを読むだけならば、それでもいいでしょう。しかし、今後のことを予想し、コントロールするためには盛り込んでいる要因が多すぎます。

 越後『学び合い』の会で何を話そうかな~っと考えました。私の講演は、アクティブ・ラーニングか『学び合い』で行っています。今は、それが需要が高いですから。大枚のお金を積んででも私を呼ぶという主催者のために、メージャーな話題を中心にします。でも、越後『学び合い』の会だったら、今はマイナーだけど、新作をぶつけてもいいかなと思います。

 ということでカリキュラム・マネジメントの絵解きを講演したいと思います。おそらく、他ではしばらくはやらないと思います。しばらくは、頼まれても断ります。ちょっとハイブローすぎて、聴衆の反応は悪いに決まっていますから。聴衆のレディネスが育つまでは。上越まで来ようとする奇特な人ならば、なんとかセーフかもと思っています。

http://kokucheese.com/event/index/416667/