西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/05/28(土)

[]喧嘩の仕方 16:34 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 定期的に何度もアップしましたが、喧嘩の仕方をアップします。

 目の前に敵がいたとします。普通、それで頭がいっぱいになります。ところが冷静に指を数えれば明確な敵はごく少数なはずです。そして、その数は明確な味方と同数なはずです(その数が少ないならば、ご自身の問題です)。そして、大多数の人は、自分に強いられない限り、どうでもいい人です。

 政治的な戦いは、このどうでもいい人が、相対的に、どちらの側につくかで決まります。

 そのためには大義名分が必要です。古来より戦いにおいて大義名分を立てます。中国でよくあるのは「君側の奸を除く」というものです。

 『学び合い』には「一人も見捨てない」という大義名分があります。さて、『学び合い』を否定する人の大義名分は何があるでしょうか?少なくとも従来の一斉指導で「一人も見捨てない」と標榜出来るだけの厚顔無恥の人は殆どいません。では、「一人も見捨てない」に匹敵する大義名分があるでしょうか?私は無いと思います。この段階でかなりのアドバンテージがあります。

 次に、結果を出し、強くなることです。幸い、セオリー通りやれば成績や人間関係の結果を出すためのノウハウは整理されています。強くなりさえすれば、賢い敵は沈黙を守ります。もの凄く賢い敵は、折り合いを付けた取引をします。結果として、敵としてのこるのは、愚かな敵だけになります。愚かな敵が、感情的な表現で、論を吐けば、愚かな敵が「そうだ、そうだ」と同意するでしょう。でも、その論が愚かであれば愚かであるほど、中間層が離れます。つまり、自滅するのです。

 一人も見捨てない我々は、その敵を見殺しにするのでしょうか?そんなことはしません。ただし、そのあたりの人に何を言っても変わらないし、状況を悪化させます。だから、全体を変えることに力を注ぎましょう。状況が変われば分かるようになるでしょう。それはクラスにアスペルガー傾向のある子どもがいたときに、その子を学びの輪に入らせる過程と全く同じです。