西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/05/21(土)

[]信用 11:54 信用 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信用 - 西川純のメモ 信用 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の父は小さな会社を経営していました。その父から教えてもらったことです。銀行がお金を貸すか貸さないかを決めるのは現在の預金残高ではなく、少額でも長く口座を持ち、取引をしている人だそうです。詐欺師を排除するには実にいい方法です。

 『学び合い』をどれだけ本気で取り組んでいるか、それを判別するのは容易いことです。小さくても地元で『学び合い』の会を開き、開き続けている人。ブログで自分の実践を発信しつつけている人。その年数が長ければ長いほど、私は信用します。その実践が私が本と書いていることと一致しているか否かは重要ではありません。そもそも、私自身が本と違った実践を大学でやっています。本で書いているのは、あくまでもカリスマ教師でない普通の教師の入門者が過たず、実践できるためのことを書いているのですから。

 『学び合い』はシンプルです。どのような問題が起こるか、それは一定しています。最初の1ヶ月、最初の3ヶ月、1年目の後半、2年目、3年目にくるであろうものは予測できます。そして、それは本に書いています。本に書いても、それが来ます。それを乗り越えている人ならば、単なる授業方法としてとらえているのではなく、子どもに対する願いのある人であることが分かります。だから信用します。

 教職経験5年以上で、教師用指導書を5分ぐらい斜め読みすれば1時間の授業を組み立てられて、その授業を子どもが聞いてくれるならば、今の授業をやっていた方が楽です。でも、今の授業では2割ぐらいの子どもは地獄の中におり、9割以上の子どもは中年になって地獄になる。あ、やめます。黙示録になってしまいそう。