西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/05/08(日)

[]集団無責任体制 18:01 集団無責任体制 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 集団無責任体制 - 西川純のメモ 集団無責任体制 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、小中高大が学校人材養成機関ではないと主張し続け、企業即戦力を求めている。そのギャップから非正規雇用が生まれている。

 ジョブ学部でも似たようなことが起こっているように思います。ところが学校現場教育力が低下している。

 一度就職したけど挫折し、私のゼミ所属する人はいます。その人達自分の力量のなさを責めている。聞いていてやるせない。若手が失敗するのは当たり前です。教師が失敗しないようにするまで学ばなければならないのだったら、40歳、50歳になっても卒業できない。中堅が失敗しないのは、失敗を失敗と見せないしたたかさがあるだけのこと。

 上越教育大学の教職大学院では、最低限一つのことは全員に教えたいと思います。それは自分より年齢の離れた中堅、ベテランに頼れる能力、可愛がられる能力です。それさえあれば踏ん張れる。

追伸 ここに派遣される中堅教師に最低限学んで欲しいこと。それは若手をおだてて、自分にとっては簡単なことをやってあげれば感謝され、自分には大変なことを喜んでやってもらえるということです。これがあるかないか、大きな違いです。