西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/05/07(土)

[]その先 06:03 その先 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - その先 - 西川純のメモ その先 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツイッターを見ていると面白い意見がある。曰く、アクティブ・ラーニングや『学び合い』(その人は二重カッコを使っていなかった)が進めば、必要な教師の数は少なくなり、使えない教師の居場所を無くすことができる。これが文部科学省の意図ではないかと書いている。

 まず、教師の数を減らすことを財務省は狙っているかもしれないけど、文部科学省が狙っているとは考えられない。だって、教育の規模縮小は自分たちの規模縮小と同じだから。

 仮に、『学び合い』が広がれば、今の授業に必要な教員の数は少なくなります。まあ、2分の1、3分の1でも十分に大丈夫です。しかし私は規模縮小には進ませたくないし、使えない教師の居場所を無くそうなんてしたくない。

 私は人の能力はその人の能力というより周りの人との関係によって決まるものだと思っています。だから、良き関係を生みだせばみんな活躍できる。合同『学び合い』は定常的に楽に教師同士の『学び合い』が出来る。そこで膨大な雑談をして、その上で職能を高め、自己開示できればみんな活躍できる。

 『学び合い』が広がれば、今の授業に必要な教員の数は少なくなります。でも、それは今の授業に必要な教員の数なのです。今は教員がやっていないこと、それを早急にやり始めなければなりません。じゃあ、それは何か?

 第一に、個別指導です。『学び合い』の授業では教師がゴチャゴチャやらなくても動きます。例えば、中学校で週3時間の教科があったとします。5人ぐらいを教室の後ろに集め、そこでゴチャゴチャを話すのです。それを2週間ぐらいでローテーションします。

 ちなみに私のゼミではそれをやっています。集団的個人ゼミです。話題としては個別の興味・関心のあることを私と話すのですが、その場をみんなと共有するのです。何故、一対一にしないか。第一に、一対一にすれば、ローテーションの頻度が少なくなります。手間がかかるからです。第二に、一対一にすれば、子どもは教師に甘えます。そして手を抜きます。集団でやればそれが無くなる。第三に、その子の悩みを集団が共有することが出来ます。私の説明でその子が分からなくても、私の説明が分かる子が後で説明します。

 今の授業の労力が小さくなることによって出来る第二のこと。それはキャリア教育の充実です。これを実現するには地元の優良企業はどこであるかを教師が知り、その経営者と繋がりを持たなければなりません。これは職員集団が協働で行い、時間をかけて構築します。各教員、週に1日は外回りをすべきです。今後の子ども達の幸せはローカルにあります。そのローカルを教師が知らなければなりません。

 第三は、エリートとして羽ばたこうとする子どもに指導できるような能力の育成です。今後の子どもはしっかりしたキャリアイメージを持っているかをエビデンスで保証できる子がエリートとなれます。その様な子のために、NPOに繋がりを持ったり、懸賞論文の指導、英語検定の指導できたり出来る教師にならなければなりません。これは小学校教師も同じです。

 『学び合い』ではあるべき教師の姿を校長に置き換えれば分かると説明します。考えてください。

 外回りが多い校長で予算を獲得し、他の組織との繋がりをつくってくれて、自分の人事を任せられる校長。

 外回りは殆ど無く、予算、繋がり、人事の影響力は少ないです。その代わり、校内の花畑の世話をして、挨拶運動では職員の中で一番最初に校門前に立ち、一人一人の卒業証書を手書きの毛筆でつくる校長。

 両方出来たら凄いですが、どちらか一方と言われたら、どちらを選びますか?私は前者です。