西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/04/30(土)

[]誤解 12:37 誤解 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誤解 - 西川純のメモ 誤解 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々な学校に関わると「西川先生とは違った本校独自の『学び合い』を実践したい」とか「先生のおっしゃるとおりでなくてすみません」と言われます。困ったな~っと思います。

 『学び合い』であるか否かは、一人も見捨てたくないという願いに基づくか否かです。そして、そのために、学校教育で最も大事なものは何かという学校観と子ども集団はどのような能力を持っているかという子ども観に基づいているかいないかです。どちらも、1行以内の単純な考え方なのです。だから、驚くほど自由度は高い。

 ただ、初心者が最も安全に、確実な成果を上げる「方法」を本で紹介しています。私は、日本で一番、『学び合い』に関する事例を知っており、失敗例や成功例を知っています。その情報と学術データに基づいて書いています。自分の実践例を拡大解釈したものではありません。

 守破離です。まずは、基本のことを型通りに繰り返すのが正しい入門の方法です。いきなり独自性を求めたら形無しになってしまいます。

 が、私が一番困ったな~っと思うのは、「本校独自の」の部分です。私は「その先生独自の」であるべきだと思うのです。全ての子どもにフィットする方法はないというのが『学び合い』の基本的な前提です。同様に、全ての教師にフィットする方法はないと考えています。従って、学校で一律な方法を縛るのは『学び合い』においてアウトなのです。そのあたりが分かっていないな~っと思います。ま、何も言いません。そのうちに気づきますから。気づかないならば失敗する可能性が高い。しかし、私は管理職ではなく、上記を言えば「西川先生は自分以外のやり方を認めない人なんだ」と思われます。それは嫌です。