西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/31(木)

[]カリキュラム・マネージメント 18:28 カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我田引水ですが、私の本を読んだ人と、そうで無い人の理解の仕方は天と地ほどの差があると思います。おそらく、後者の人は、教科学習に関してはあまり変化させず、それ以外の時間でやろうとするでしょう。ま、文科省もそのあたりで手を打とうと思っているのかもしれません。

 ただし、社会はそれを許しません。

https://www.youtube.com/watch?v=ZbNkP016_Qc

[]自動化 06:54 自動化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自動化 - 西川純のメモ 自動化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を理解できない人と話すと違和感を感じます。どこに。

 クラスの学力的に下位2割ぐらいの子どもの中のおとなしい子を、自動的に頭の中から消し去っている。だから「しゃべった・板書した」が「教えた、分かった」になってしまう。

 クラスの学力的に上位1割ぐらいの子どもが何を考えているかが分からない。教師は義務教育の時代に学力的に上位層に含まれている。しかし、トップではない。上位層の中もしくは下あたり。だから本当の上位層が何を考えているかが分からない。

 実は残りの学力的に中位層の子どもも分からない。

 つまり、子ども全員が分からない。

 冷静に考えれば当然なこと。愛し合って結ばれて、何十年も過ごした伴侶ですら分からない。血肉を分け、十何年も育てた我が子が分からない。なんて、1年もつきあっていない、数十人の他人を分かると思うのだろうか。

 『学び合い』は「そんなの無理」と考えます。そして、理解し合うには膨大な対話が必要で、それは一人の教師には無理だと考えます(単純計算で分かります)。しかし、『学び合い』の分からない人は、自分の過去の経験で1年もつきあっていない数十人の他人の子どもが想定できると思います。

 突き詰めて話せば喧嘩になります。分かる人は分かるし、分からない人は分からない。今、分からない人の中に分かる人が含まれる。そして、集団全員が分かる必要はありません。

 ただ思います。自分の指向性、ペースを全く無視され、教師の指向性、ペースに合わせた授業を日に6時間、週5日、受けている子どもは不幸だな。そして、子ども達のかなりの割合の子どもは非正規雇用になり、家族を持つことなく、仲間を持つことなく、一生を終えるのだな、と。その中の一定の割合で餓死するのだろう。原因は、歴代の担任は、「それは私の仕事ではない」と思ったからです。

 キリスト教徒ではない私でも、ルカの福音書の『そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」』という一節を思い出すのです

toukonyukitoukonyuki2016/03/31 07:28色々話してても、やはり「全員分からせるのはムリ」というニュアンスの返事をもらうと、それ以上は深く話さないようにしてしまいます。「全員救う、あきらめない」方がマシになる、みんなで勉強させた方が理解はすすむってことを、どうやったら分かってもらえたり、気づいてもらえたりするか…。
とりあえず今日は、来年度から新規採用される若い先生に「7つのルール」をプレゼントします。「行き詰まったら、(行き詰まらなくてもオススメだけど)読んでね」と言おうと思います。

jun24kawajun24kawa2016/03/31 19:42したたかに。