西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/29(火)

[]激動の1日 06:08 激動の1日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 激動の1日 - 西川純のメモ 激動の1日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は激動の一日だった。

 東京に着いたら学陽書房の山本さんと銀座アスターで昼飯、美味しかった。食後は山本さんと江川達也さんと会いに行った。初対面の人と話すのが一番不得意な私です。会って最初に「ドキドキしています」と言ったら少し落ち着きました。話しているうちにだんだん慣れてきてきました。最初は、いつ袈裟懸けに切られるかと思いましたが、だんだん江川さんのクリクリした目を見ていると安心するようになりました。それにしても、博学で鋭い方だと思いました。最後は、江川さんの住んでいる地域、子育ての話で終了。是非、『学び合い』を参観してくださいとお願いして出ました。本に書いてある、どえらい高級車を確認して、実践女子大に移動。息子は「東京大学物語」の作者に会ったよと自慢しようと思います。

 アクティブ・ラーニング協会主催の会に参加しました。きら星のような講師。本当だったらしっかりとお話しすべきなのですが、会の最後にある私の話のことで頭がいっぱいです。もったいないことをしました。実は三叉神経痛、風邪の病み上がりで、講演会のコンディションとしては最悪でした。が、心を込めて語りました。ま、嫌われる方もおられるでしょうが、いつもながらの直球勝負。

 終わってからはしばし呆然。私の場合は運動に近い講演ですから。講演後、主催者の方々との懇親会。楽しかった。終わってから、ホテルについてバタンキューでした。江川さんと会ってから怒濤の時間でした。

 今日は進路指導の先生方の前で講演し、家に帰って晩酌です。

追伸 江川さんは「ホリプロ」所属なんですね。江川さん担当のホリプロの方から「講演会の調整が大変なときは、うちに所属してください」と笑いながら言われました。大爆笑しました。ホリプロさんが商業的にペイするわけありません。断ってから「失敗した」と思いました。ホリプロさんに実際に仕事をお願いしなくても、名刺に「ホリプロ」所属なんて書いたら、面白いな~、失敗したな~、と思いました。

追伸2 渋谷の激変を実感しました。たった2キロの距離の場所に移動するのに30分もさまよってしまいました。高校時代に遊びに行ったときは、坂の名前さえ分かっていれば迷わなかったのに・・・。