西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/12(土)

[]アンケート調査 21:44 アンケート調査 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アンケート調査 - 西川純のメモ アンケート調査 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 エビデンスベースが広がっていることはいいことです。が、ちゃんと理解するのは学者レベルでもまだまだです。

 ちなみに、教育研究で数千人のデータを集め、それを統計分析をかけた論文を最初に書いたのは私だと思います。少なくとも初期メンバーは私です。その頃は、コメニウスだペスタロッチだ、フランスがどうのこうの、ドイツがどうのこうのの時代です。数的な分析をする研究はフィロソフィーが無いと否定されました。

 そして、実証的な研究に関して著書もあります。

 という私がエビデンスベースの主張が本物か否かを判別するポイントを申します。

1) 選択肢を判断する幅が大きい(曖昧)。

 例えば「今の教育はいいですか?」のレベルの定義が無い言葉が使われいます。例えば、「今」とは何でしょう?「いい」とは何でしょう?

 もちろん教育での言葉は定義不可能なものが多い。しかし、アンケートをつくる人が、誤解が無いような工夫をしているか、その危うさを理解しているか否かが分かります。

2) 統計分析の選択が正しい。

 例えばです。好きな果物は何ですか「1」リンゴ、2)ミカン、3)パイナップル」で100人中50人がリンゴで、50人がパイナップルだとします。平均すると2のミカンです。だから、平均するとミカンという結論はおかしいですよね。数値には加減乗除が出来る数値と、加減は出来るが乗除が出来ない数値と、加減乗除が出来ない数値とがあり、それぞれの統計分析があります。いまだに、加減乗除が出来ないのに、加減乗除が出来る統計分析をしている統計分析をする人は少なくありません。私も、そんな分析をしたことがあります。でも、それを分かってして、だから、その限界の範囲で物事を語ります。

3) 理論がある。

 統計分析の結果は因果関係を示すものではありません。もちろん、因果関係を推定する統計分析はありますが、そうじゃないのに勝手に推定しているものがあります。まあ、教育の場合統計結果で因果関係は分からないと思った方がいいです。ではどうするか?理論が大事なのです。研究で示すのは真実ではありません、蓋然性の高いモデルなのです。

 他にもありますが、代表的なのは3つです。

 教育研究の実証的研究は未整備です。でも、エビデンスベースという言葉を聞くと、今から三十年以上前に我々が始めたレベルの言説が今も跋扈していることに呆れます。

 ということで、あまりに馬鹿馬鹿しいので、20年前に脱しました。今は、量的データと質的データ、それも半年以上の多様な方法の総合による研究を進めています。

 でも、本質的な問題は、教育を変えるためには教師が納得する研究であらねばならないのです。どんな研究も現場の教師が読めるレベルで分かりやすい内容でなければなりません。同時に、思いつきレベルの経験法則を超えるデータが必要です。それがないと権威主義に陥ります。

OB1989OB19892016/03/13 07:41川上先生すごいですね。我々もまだまだこれからです。

takami_swctakami_swc2016/03/13 10:08川上先生は大学時代にお世話になりました。免許更新でも講義を受け、全然お変わりになっていないなーと思いました。あのバイタリティは見習わなければと思います。