西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/02(水)

[]必見 09:43 必見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 必見 - 西川純のメモ 必見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

関係者、必見。

https://www.youtube.com/watch?v=ZR0-HJMZlvE

自画自賛ですが、私の「アクティブ・ラーニング入門」、「サバイバル・アクティブ・ラーニング入門」を読んだ人と、読んでない人では、この映像の前半の意味するものの理解が天と地ほども違うでしょう。読んでいない人は、建前論と思うでしょうね。

私としては「社会」という言葉が連呼される度に「そりゃ、企業だろ」と突っ込みたくなります。ま、文科省としての立場の限界なのだと思います。ただ、ただ一回「雇用」と言ったところに反応してしまいました。

また、後半の部分は、私の「『学び合い』ジャンプアップ」を読んだ人と、読んでない人とのイメージが天と地ほどの差があるでしょう。読んでいない人は、今の面倒くさい、また、実効性の低いコミュニティスクールの延長上を考えるでしょう。つまり、地域の人が総合的な学習の時間で講師を務める程度のことをイメージし、それ以上が浮かばない。チーム学校と言われても、事務の人や用務の人や給食の人が教育課程にどのように関わるか想像できないでしょう。もし、合同『学び合い』を週1程度で行い、その後にリフレクションをやった学校の人だったら、どうすれば簡単に実効性のあるチーム学校が実現出来るかが分かります。

とにもかくにも、文科省の本気度が分かります。今までとは違います。その理由も、先に挙げた本に書いたとおりです。