西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/02(水)

[]マニュアル本 06:49 マニュアル本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - マニュアル本 - 西川純のメモ マニュアル本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』、『学び合い』によるアクティブ・ラーニングの究極のマニュアル本が完成しました。「週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方」(http://goo.gl/iTv2SH)です。この本と「『学び合い』を成功させる教師の言葉かけ」(http://goo.gl/E5eQnL)の組み合わせで始めるのが一番安全です。特に、周りの先生方に手ほどきするには。

 『学び合い』は考え方です。が、そんなことを言っても「剣の道は人の道」と言っているのと同じぐらい意味不明です。まずは、やってみることです。『学び合い』を理解するには週1から始めるのが一番安全です。ただし、その1回は、中途半端な『学び合い』ではなくフルの『学び合い』をします。その中で、その良さを理解し、一人も見捨てないということのメリットを教師も子どもも理解すべきです。

 この本によって年間37回のアクティブ・ラーニングが可能です。もの凄く苦労して年間5回程度のジグソー法のアクティブ・ラーニングより、遙かにアクティブ・ラーニングをやっていますと言えます。

追伸 週1回程度の『学び合い』でも人間関係の向上は実感できます。しかし、学力向上は無理です(ただし、下がることはありません。ご安心を)。そのレベルを狙うのであるならば、その先に早く進むことが大事です。

追伸2 いつもながら売り出し直後はアマゾンはなかなか届きません。お近くの書店に注文することを勧めます。それによってその書店で平積みしてくれるかもしれません。