西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/03/31(木)

[]カリキュラム・マネージメント 18:28 カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ カリキュラム・マネージメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我田引水ですが、私の本を読んだ人と、そうで無い人の理解の仕方は天と地ほどの差があると思います。おそらく、後者の人は、教科学習に関してはあまり変化させず、それ以外の時間でやろうとするでしょう。ま、文科省もそのあたりで手を打とうと思っているのかもしれません。

 ただし、社会はそれを許しません。

https://www.youtube.com/watch?v=ZbNkP016_Qc

[]自動化 06:54 自動化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自動化 - 西川純のメモ 自動化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を理解できない人と話すと違和感を感じます。どこに。

 クラスの学力的に下位2割ぐらいの子どもの中のおとなしい子を、自動的に頭の中から消し去っている。だから「しゃべった・板書した」が「教えた、分かった」になってしまう。

 クラスの学力的に上位1割ぐらいの子どもが何を考えているかが分からない。教師は義務教育の時代に学力的に上位層に含まれている。しかし、トップではない。上位層の中もしくは下あたり。だから本当の上位層が何を考えているかが分からない。

 実は残りの学力的に中位層の子どもも分からない。

 つまり、子ども全員が分からない。

 冷静に考えれば当然なこと。愛し合って結ばれて、何十年も過ごした伴侶ですら分からない。血肉を分け、十何年も育てた我が子が分からない。なんて、1年もつきあっていない、数十人の他人を分かると思うのだろうか。

 『学び合い』は「そんなの無理」と考えます。そして、理解し合うには膨大な対話が必要で、それは一人の教師には無理だと考えます(単純計算で分かります)。しかし、『学び合い』の分からない人は、自分の過去の経験で1年もつきあっていない数十人の他人の子どもが想定できると思います。

 突き詰めて話せば喧嘩になります。分かる人は分かるし、分からない人は分からない。今、分からない人の中に分かる人が含まれる。そして、集団全員が分かる必要はありません。

 ただ思います。自分の指向性、ペースを全く無視され、教師の指向性、ペースに合わせた授業を日に6時間、週5日、受けている子どもは不幸だな。そして、子ども達のかなりの割合の子どもは非正規雇用になり、家族を持つことなく、仲間を持つことなく、一生を終えるのだな、と。その中の一定の割合で餓死するのだろう。原因は、歴代の担任は、「それは私の仕事ではない」と思ったからです。

 キリスト教徒ではない私でも、ルカの福音書の『そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」』という一節を思い出すのです

toukonyukitoukonyuki2016/03/31 07:28色々話してても、やはり「全員分からせるのはムリ」というニュアンスの返事をもらうと、それ以上は深く話さないようにしてしまいます。「全員救う、あきらめない」方がマシになる、みんなで勉強させた方が理解はすすむってことを、どうやったら分かってもらえたり、気づいてもらえたりするか…。
とりあえず今日は、来年度から新規採用される若い先生に「7つのルール」をプレゼントします。「行き詰まったら、(行き詰まらなくてもオススメだけど)読んでね」と言おうと思います。

jun24kawajun24kawa2016/03/31 19:42したたかに。

16/03/30(水)

[]教育長 08:51 教育長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育長 - 西川純のメモ 教育長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この度、九州の某市で『学び合い』で学校づくりをした校長が市の教育長になることになりました。目出度い。

16/03/29(火)

[]激動の1日 06:08 激動の1日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 激動の1日 - 西川純のメモ 激動の1日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は激動の一日だった。

 東京に着いたら学陽書房の山本さんと銀座アスターで昼飯、美味しかった。食後は山本さんと江川達也さんと会いに行った。初対面の人と話すのが一番不得意な私です。会って最初に「ドキドキしています」と言ったら少し落ち着きました。話しているうちにだんだん慣れてきてきました。最初は、いつ袈裟懸けに切られるかと思いましたが、だんだん江川さんのクリクリした目を見ていると安心するようになりました。それにしても、博学で鋭い方だと思いました。最後は、江川さんの住んでいる地域、子育ての話で終了。是非、『学び合い』を参観してくださいとお願いして出ました。本に書いてある、どえらい高級車を確認して、実践女子大に移動。息子は「東京大学物語」の作者に会ったよと自慢しようと思います。

 アクティブ・ラーニング協会主催の会に参加しました。きら星のような講師。本当だったらしっかりとお話しすべきなのですが、会の最後にある私の話のことで頭がいっぱいです。もったいないことをしました。実は三叉神経痛、風邪の病み上がりで、講演会のコンディションとしては最悪でした。が、心を込めて語りました。ま、嫌われる方もおられるでしょうが、いつもながらの直球勝負。

 終わってからはしばし呆然。私の場合は運動に近い講演ですから。講演後、主催者の方々との懇親会。楽しかった。終わってから、ホテルについてバタンキューでした。江川さんと会ってから怒濤の時間でした。

 今日は進路指導の先生方の前で講演し、家に帰って晩酌です。

追伸 江川さんは「ホリプロ」所属なんですね。江川さん担当のホリプロの方から「講演会の調整が大変なときは、うちに所属してください」と笑いながら言われました。大爆笑しました。ホリプロさんが商業的にペイするわけありません。断ってから「失敗した」と思いました。ホリプロさんに実際に仕事をお願いしなくても、名刺に「ホリプロ」所属なんて書いたら、面白いな~、失敗したな~、と思いました。

追伸2 渋谷の激変を実感しました。たった2キロの距離の場所に移動するのに30分もさまよってしまいました。高校時代に遊びに行ったときは、坂の名前さえ分かっていれば迷わなかったのに・・・。

16/03/28(月)

[]本年度最後の出張 06:39 本年度最後の出張 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本年度最後の出張 - 西川純のメモ 本年度最後の出張 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 例年はこの時期が一番暇な時期です。が、今日明日と東京に出張です。

 縁あって啓発されるであろうある方に会います。初対面の方と会うのが不得意な私としてはドキドキです。終わったら、直ちにアクティブ・ラーニング協会主催の会で喋り、翌日は進路指導の先生方の会で喋ります。明日の夕食は家族と一緒です。

16/03/27(日)

[]実務家 13:03 実務家 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 実務家 - 西川純のメモ 実務家 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 多くの大学で教職大学院を設置するとき、予算的に人事に余裕がありません。結果としてスタッフの大部分は横滑り人事の研究者教員で占められ、設置基準の最低人数を実務家となります。それも、交流人事や退職校長という形になります。

 上越教育大学の教職大学院の専任教員は16人です。その中の実務家は10人で研究者教員は私を含めて6人です。そして、6人の中で二人は現場教師の経験があります。ただし、実務家教員は全て学術の業績を持っています。ちなみに博士の学位を持っている研究者教員は私だけですが、実務家には3人います。

 そして、来年度より3人の実務家が加わります。従って、実務家13人(その中には交流人事や退職校長は含んでいません、研究者教員6人のスタッフ構成です。これは、全国でも希だと思います。

 おそらく日本で一番、実務家教員が生きやすい組織だと思います。

[]世間は狭い 12:52 世間は狭い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 世間は狭い - 西川純のメモ 世間は狭い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の家具を買いに上越のニトリに行きました。そうすると、受験する前に私に会いに上越に来た学生(新年度より教職大学院生)がいました。向こうが気づいていないので、さらりと離れました。必死に家具を選んでいます。そして、我が家の買い終わって車に乗ると、新年度から同僚になる阿部さんが挨拶に来ました。これまた上越での新生活のためにニトリに来たのでしょう。

 世間は狭いと思います。

16/03/26(土)

[]トラウマ 20:06 トラウマ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - トラウマ - 西川純のメモ トラウマ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の教師としての原体験は定時制高校です。そこで、最高の人間関係が結べたと確信できた担任クラスが、私が大学に異動した後にがたがたになり、その原因が自分にあることを自覚できる私がいます。だから、子どもと濃密な人間関係を持つことが怖いのです。

 だから、この時期が怖いのです。一人一人の子ども(40歳の現職も含めて)が私の所に来て最後の挨拶をするときの私の心の動きを、私がモニターしてしまいます。ましてや子どもがウルウルしていると、私の心の堤防が決壊しそうになる。しかし、それに対して恐れがある。

 だから、子どもを送り出すとき、感情を素直に出している場面をFBで知ると、うらやましいな~と思うと同時に、怖いな~っと思う自分がいます。だから、淡々と時を過ごしています。

追伸 その反省に基づいて、『学び合い』は構築されています。カリスマ教師、熱血教師、教材大好き教師の恐ろしさを知っています。ま、それ故、少なからざる人から蛇蝎のように嫌われます。とほほ

[]何が変わったか? 14:01 何が変わったか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何が変わったか? - 西川純のメモ 何が変わったか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学生の学力低下を指摘する声はあります。単純なのは「分数も出来ない大学生」という表現です。しかし、その原因は何でしょうか?

 私は小中高の教育の問題ではないと思います。そもそも分数の出来ない高校生だったら昔からいました。ちょっとひねって、水溶液の濃度の問題でやれば、半数以上の高校生は解けません。むかしから。何が変わったのか?原因はそのレベルの子どもも大学に進学するようになったのです。ようは大学がそのレベルの子をかき集めなければやっていけないのです。試験制度をどういじくっても、そのレベルの子どもを大学に受け入れるならば、状況は変わりません。

 どうしてミクロに分析するのだろう。マクロに見れば自明なのに。

 子どもだけではありません。我々大学教員も同じです。昔だったら、専門学校レベルの子どもを教えていた人、高校教師レベルの人が大学教師になっているのです。だったら、専門学校や高校教師レベルの授業をするしかありません。

追伸 大学教師が学生に分数を教えることより悪夢なことがあります。子ども達がそのような大学に進学する意味を感じなくなり、分数が分からない程度の子どもすらも進学しなくなることです。それが大学人にとっての本当の悪夢です。それを一日でも長く先延ばしにする方法は、専門学校や高校教師レベルの授業を黙ってするしかありません。

http://www.sankei.com/column/news/160325/clm1603250008-n1.html

16/03/25(金)

[]編集長からのメール 17:49 編集長からのメール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 編集長からのメール - 西川純のメモ 編集長からのメール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育同人社はずっと昔から『学び合い』を物心両面でサポートしていただいています。その編集長からメールが来ました。困ったことがあれば相談して下さい。

 ちなみに、教育同人社のテストと一対一対応している『学び合い』課題を教育同人社のHPにアップしています。

******************************

西川先生

教育同人社の山口です

今年度は,積極的に『学び合い』の同志に会いに行きました

おかげさまで,島根,岡山,広島,群馬,宮城,福島,福岡,大分,高知,長野,新潟,千葉,埼玉,東京など,

多くの地域の先生方と語り合うことができました

皆様から一様に感じたのは,「子どもの幸せのために学校があり,教師がいる」という点です

学び合い』の同志の先生方の子ども観,学校観,先生観に触れるのは,とても気持ちが良いです

今年も多くの授業を参観することができました

子どもが学び合いやすいしかけ,子どもの実態に合わせた語り,子どもも参観者もわかる評価の仕組み など,

様々な『学び合い』に出会いました

学び合い』は確実に進化していると感じています

いまアクティブ・ラーニングが注目されています

子どもたちが主体的に学び,友だちと交流し,深く考えながら全員の課題達成に向けて全力を尽くす

すでに,『学び合い』はアクティブ・ラーニングを具体化しています

今年の特徴として,国語や社会の『学び合い』に多く出会いました

正解はひとつではなく,そこには多様な考え方があります

「自分の考えを持ち,他者と比較し,考えを深めていく」

「第三者に質問をしてもらい,それに答えることで穴を潰す」という子どもの活動は,

すでに企業がしていることと同じだと思いました

こういった経験を積んだ子どもたちが社会で活躍することを企業人として望んでいます

これからの日本は少子化が進み,企業の終身雇用・年功序列は崩壊し,不安な要素が多いと思っていましたが,

学び合い』で力強く学ぶ子どもたちを見て,救われています

教育同人社は,この素晴らしい『学び合い』をこれからも応援していきます

各地の勉強会やセミナーに参加し,もっと『学び合い』の素晴らしさを学び,広げたいと思っています

学び合い』を実践する先生や会の活動をサポートしていきます

28年度も,各地域の『学び合い』勉強会に参加し,『学び合い』の会に対して様々な支援をしていきたいと思っています

引き続き,よろしくお願いいたします

++++++++

追記

来年度の教育同人社のテストは、総ルビテストも対応します

4月1日から施行される「障害者差別解消法」の合理的配慮の一貫で、全ての漢字にふりがなをふったテストです

先生の注文に合わせて、例えば30人学級であれば、

総ルビテスト2部と通常のテストを28部のような対応ができます

これは『学び合い』の「一人も見捨てない」を具体化した画期的な企画だと思っています

ぜひ、多くの困っている子どもや先生の助けになりたいと思っています

よろしくお願いいたします

[]後白河法皇 12:54 後白河法皇 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 後白河法皇 - 西川純のメモ 後白河法皇 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学術の業績を持つ人は星の如くいます。実践の業績を持つ人は星の如くいます。ところが、学術と実践の業績を持つ人は殆どいません。なぜなら両方の業績を評価するシステムがないからです。例えば大学では学術の業績は評価対象となりますが、実践の業績は評価対象とはなりません。私が教授になったとき、その評価対象は学術論文のみで、実践書は全く評価されません。それは実践も同じです。だから、両方の業績を上げるインセンティブがないのです。そして、学術と実践は軽蔑を含んだ無視の関係です。

 しかし、私は学術と実践は個人の中で融合すべきだと考えており、そのように学生を指導してきました。いま、そのような人材を求められるようになって、時代がやっと私に追いついてきたことを感じます。

 私の職場には桐生さんと水落さんという教え子が勤めています。そして、教職大学院の同僚は絶対に後ろから撃たないことを確信できる人達です。ということで、後白河法皇のように生きることが出来ます

 新潟県の人事が発表になったので書けますが、来年度から教え子の片桐さんも同僚になります。院政の体制はさらに盤石となります。あと、まだ発表していいのか分からないので書きませんが、『学び合い』の仲間も一人加わります。

 とにかく、学術と実践の業績を両方持つ人は、本当に僅かです。それを本学で集められることは強みです。

[]インクルーシブ教育ってどんな教育? 06:47 インクルーシブ教育ってどんな教育? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - インクルーシブ教育ってどんな教育? - 西川純のメモ インクルーシブ教育ってどんな教育? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 インクルーシブ教育ってどんな教育?」(学事出版)から4月6日に出版されます。青山新吾、赤坂真二, 上條晴夫, 川合紀宗, 佐藤晋治、野口晃菜、涌井恵との共著です。というだけでよさげな本でしょ。私の分担の最初は「インクルーシブという言葉は嫌いです」という出だしです。しかし、それを許していただいた編著者の青山さんに感謝です。

 別件ですが、佐藤さんの奥様は西川研究室のOGです。その意味でも感慨深いものです。

16/03/23(水)

[]治国は去り乱国に就く 21:05 治国は去り乱国に就く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 治国は去り乱国に就く - 西川純のメモ 治国は去り乱国に就く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 治国は去り乱国に就く

 私の研究者人生、常にそうでした。でも、次は乱国に入らない。

[]太田の会 19:43 太田の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 太田の会 - 西川純のメモ 太田の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 群馬県の太田の会のコピペです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

新年度,あなたの授業や学級経営に『学び合い』を取り入れてみませんか?

太田周辺,関東圏内外,周辺で『学び合い』を始めてみたい方,

書籍などをきっかけにアクティブラーニングを始めている方,

昨年度の悩みや課題をお持ちで今年度もう少し頑張ってみたい方,

もっとうまくいくアクティブラーニングについて,

実践者とともにもっとうまくいく方法やコツを探ってきませんか?

新年度のスタートだからこそ,知っておきたい『学び合い』やALのことを

皆さんと学び合いましょう♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第5回 『学び合い』太田の会

日 時 4月16日(土)15時~17時

場 所 群馬県太田市の生品行政センター

    (〒370-0312 群馬県太田市新田村田町1107−1) 

内容 ・簡単な自己紹介

    ・悩み相談やアクティブラーニングについて

    ・フリートーク

※申し込み等手続きはありません。どなたでも当日会場へお越しください。

  遅刻も大歓迎です。決して急がず、気をつけてお越しください。

[]ローカル 09:51 ローカル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ローカル - 西川純のメモ ローカル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 NHKで「ぼっち家電」が紹介されていた。正しい方向性だと思います。「ぼっち家電」がもっと増えたら良いと思います。さらに、「ぼっち家電」の緩い集合体の家電メーカーも出来たたらい良いと思います。

 あと、町の電気屋が復活して欲しい。ただし、特定のメーカーの系列でない電気屋です。町の人はその店で家電を買います。その代わり、面倒な設定は一手に引き受けるのです。また、お得意様の所を回って調子の悪い機械の調整をします。電話一本で修理に来てくれます。コンピュータを使う老人が増えるにつれ、ニーズは高まると思います。私の場合は、値段が1.2倍であっても、そこから買います。

 その店と、ぼっち家電が繋がって、オーダー家電も出来たら良いなと思います。

 今後、残る仕事は、対面式の仕事だと思います。

 クラスの2割が従業員5人の小規模会社を起業すれば、日本の未来は明るい。そして、それを海外の人と対面で繋げる人がクラスで1、2人いれば日本の未来はバラ色です。

 そんな妄想をたくましくしています。

[]週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方 08:40 週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方 - 西川純のメモ 週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方」(東洋館)が発売されました。究極のノウハウ本です。これと「『学び合い』を成功させる教師の言葉かけ」(東洋館)があれば、とりあえずは週1回のアクティブ・ラーニングが出来ます。今の段階だったら、週1回でもやっているならば、「やっています」と胸を張れると思います。

 今、学校単位でアクティブ・ラーニングに取り組もうとしているところは、もの凄く準備をして年に5回もできません。代表的なのはジグソー法です。あれを年5回出来る学校はまあないでしょう。それ以外も同じです。それ以上やっているところは、今までやっている普通のことをアクティブ・ラーニングだとネーミングしただけのことです。

 『学び合い』のアクティブ・ラーニングはもの凄く簡単です。手間は必要ありません。もの凄く少ないポイントを押さえるだけで子どもの動きは全く違います。『学び合い』に違和感ある方も、週に1時間だけならば受け入れていただけると思います。それで『学び合い』が偽物か本物かを見極めてください。

 既に『学び合い』実践者の方には、周りの人に勧めるには、また、学校で取り組むには良い入り方だと思います。

 高校の先生へ。この本へは高校の先生方への他の本に書いていないノウハウが書いてあります。高校の場合は選択科目が多い。選択科目で『学び合い』のアクティブ・ラーニングを取り入れるとき、失敗しないためのノウハウです。クラスに『学び合い』に拒否感を持つ、対人スキルの低い子がいるこのときにも使い得るノウハウです。

16/03/22(火)

[]頑張り 17:44 頑張り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 頑張り - 西川純のメモ 頑張り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本の教育では「頑張り」を大事にします。

 大学入試レベルまでは頑張りは有効です。しかし、一度、大学の専門に入れば頑張りではなく才能の問題です。大学院に入り、研究者になればハッキリと才能の問題です。これは吉本の芸人、プロ野球選手に置き換えれば自明だと思います。才能が無ければ、どんなに努力をしても花開きません。

 才能があるか、無いか、これはやってみなければ分かりません。もの凄く努力して花開けば才能があり、花開かなければ才能が無いのです。問題は見切りの時期です。世阿弥は三十四五と看破しています。

 オーバードクター問題、非常勤問題の記事を読むにつけ、暗くなります。今、オーバードクター、非常勤の方々を常勤として雇う余裕は大学にはありません。常勤の人の雇用さえも危ういのです。これは事実です。

 博士課程も拡大時のモデルを捨てるべき用に思います。ようは天才であり、若くして抜群の結果を出す人だけを研究者に誘えばいいのです。

追伸 これを書くと嫌らしいと思いますが、私は修士2年の終わりに、平均的な准教授の業績を超える業績を上げました。私にとっては、難しいことではありませんでした。その後も、業績を上げられない人の理由が分かりません。平均的研究者の十倍の業績を上げ続けています。家族と毎日晩酌して、睡眠を十分に取った生活の中でです。

[]研究者 08:23 研究者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究者 - 西川純のメモ 研究者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あることを調べていて、たまたま東北大学がブラックであると評価されていることを知りました。しかし、その東北大学を叩く記事を読んでいて、「あたりまえじゃん」と思う私がいます。私にとっては、情実が入らず、実力主義の世界はシンプルで好ましく感じます。

 研究者の世界は吉本興業の芸人の世界と似ています。勝者は総取り、敗者には何も残されていません。だから秀才ではなく天才が死ぬほど努力して勝者になる世界です。秀才か天才かは事前に分かりません。死ぬほど努力した後に勝者になるのが天才で、敗者になるのが秀才です。だから研究者になる道を選んだら、皆、死ぬほど努力するのです。

東北大学の記事を吉本興業に置き換えたら何の問題もないと思います。もともと吉本興業はブラックであることはよく知られていますから。東北大学、いや、正確には研究者への道がホワイトだと誤解されていることの問題のように思います。

もちろん、記事を読んで、こりゃ問題だよなと思う事例もあります。しかし、それは教員個人の問題のように思います。研究室を選ぶということは、人生の中の何年間を賭けることです。そして、研究者を志望する人の場合、人生を賭けることです。少しでもリサーチすれば、その教員はどんな教員であるかは直ぐに分かります。ブラック教員は同じことを何度も繰り返しますから。被害に遭った方には可哀想だなとは思いますが、同時に、何故リサーチしなかったのか?とも思います。

研究者の世界はヤクザな世界です。ましてや大学がシュリンクする時代です。我が子に勧められません。あれは、それ以外の選択肢がないような人の道です。ちなみに私は高校教師をドロップアウトしたから研究者になりました。教師としての成功者が研究者になるわけありません。

16/03/20(日)

[]尻を叩かれる 20:09 尻を叩かれる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 尻を叩かれる - 西川純のメモ 尻を叩かれる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は仕事が早い。理由は人から期限を迫られるとパフォーマンスが落ちるのです。だから、常に先手、先手で進めます。

 風邪、旅行、年度末の三重苦で、人生で初めて人から尻を叩かれています。

 思うように神は私に降り立たない。

 困ったもんだ。

追伸 とはいうものの、新聞コラムの年間連載分は2日ぐらいで書き終えました。

16/03/19(土)

[]おぬし、できるな 17:42 おぬし、できるな - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - おぬし、できるな - 西川純のメモ おぬし、できるな - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は教職大学院の修了生との会でした。とても楽しい会です。あれをビデオに撮って公開したら、我が同僚、そして同僚集団がいかに高レベルかが分かります。

 その会の最後に、赤坂研究室の現職院生の方が私の手を取って、「このシステムを創っていただき有り難うございました」と言ったのです。ビックリしました。その方とは2年間、殆ど会話したことがありません。しかし、その一言で、抜きんでた方であることが分かります。

 我々は空気を意識することはありません。魚は水を意識することはありません。

 それと同じように、学生さんは自分たちが享受している環境・システムを意識することはありません。それを意識できる人は、環境・システムを自ら設計しようとする人です。三十代の教諭でそれを出来る人です。ただ者ではないことが分かります。

 今まで8代、五百人弱の教職大学院の院生の中でお一方です。制度設計した者として最大の賛辞です。

[]改革時 07:09 改革時 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 改革時 - 西川純のメモ 改革時 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 改革時には負け組と勝ち組が分かれます。前者は守りに入る人で、後者は攻めに出る人です。もちろん、攻めに出る人の全てが勝ち組になるとは限りません。しかし、守りに入る人が勝ち組になることはありません。せいぜい好くて緩慢な死でしょう。

 私は大学の改革において、圧倒的大多数の組織が守りに入ったのに対して、攻めました。具体的には学習臨床コースを立ち上げ、教職大学院を立ち上げました。前者によって、上越教育大学最年少記録で教授になり、後者によって後白河法皇のような立場になりました。

 私が大学入試センターの「長」だったら、CBT実施に向けて組織を立ち上げ予算を獲得します。さらに人工知能による記述問題の採点方法を検討する組織を立ち上げ予算を獲得します。おそらく、莫大な予算を投下するでしょう。第一、ゴタゴタしていたら、「あ、そ、出来ないのね。じゃあ、外注するから」となるのは必定です。

 それに、CTBや人工知能採点と相性のいい記述問題は何かを検討すれば、日本の教育内容に関して絶大な影響力を持つことは必定です。権力の根源は人事にあるように、入試における権力者は評価者なのですから。

 そうすれば大学入試センターはメインプレーヤーになれる。

 ま、組織全体がその方向に行くことは難しいですが、せめて機動的な小組織を立ち上げてやらせ、その成果をあたかも組織全体の成果のように見せることは可能です。上越教育大学の歴代の学長はそうしていました。

[]誰がメインプレーヤー 06:41 誰がメインプレーヤー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰がメインプレーヤー - 西川純のメモ 誰がメインプレーヤー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 馳大臣が入試改革の先送りを口に出しました。

 たしかに文部科学省を縛る中央教育審議会答申には日程は書いていません。工程表は文部科学大臣が定めた高大接続改革実行プランです。だから、日程の先送りは恥ですが可能です。が、そうなるかな?と私は思います。理由は今回の改革のメインプレーヤーは文部科学省ではなく経済産業界であり、具体的には経済再生実行会議だと思っているからです。

 経済再生実行会議に参加した文部科学省の副大臣・審議官が「大学入試センターが出来ないと言っているし、反対者も多いので、先送りにします」と言ったらつるし上げに合うのは必定です。

 ま、いずれにせよ、方向性は変わりません。日本にそれ以外の選択肢はありませんから。具体的には、受験生が日本の大学を選択しなくなります。

 だから東京大学、京都大学などは、入試改革に関係なく動いているのです。つまり大学入試センターはメインプレーヤーではありません。

16/03/18(金)

[]情報公開 16:42 情報公開 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 情報公開 - 西川純のメモ 情報公開 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本学生支援機構は奨学金の未返納率を大学別に公表することになりました(http://www.asahi.com/articles/ASJ3K52W4J3KUTIL02L.html)。以前、そうなればいいな~っと思っていたこと、でも、無理だな~と思っていたことが実現しました(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20151215/1450127825)。

 大学人の一人としては辛いのですが、教師としては大賛成です。

 「なぜ大学別に公表するのか理解できない。無用な順位付けにつながりかねない」と言う人がいるそうです。そういう意見を言う人が私には理解できません。理由は「子どものため」です。

 「未返済率が大学を選ぶ材料になったり、誤ったイメージを抱かれたりする恐れもある」と言う人がいるそうです。そういう意見を言う人が私には理解できません。客観的なデータの公開が誤ったイメージを抱きかねないという意見が正しいならば、強い立場の人はいくらでも秘匿を合理化できる。国民の英知を信頼できないならば民主主義は成り立ちません。

 未返納率が明らかになれば、大学進学するか、それとも専門学校に進学するか、それとも今就職するかをより正しく子どもは判断できます。もちろん、就職は関係なくある学問を学びたいという人は未返納率に関わらず進学すればいいのです。しかし、就職に有利だからという理由の人は再考するでしょう。それに何が問題でしょうか?

 現在の大学は卒業生の数年後の姿に関して責任を負うことのインセンティブがあまりありません。奨学金を取りやすくして入学させ、卒業させ、とりあえず卒業時点で就職出来た率のみが主な評価の対象です。そのため、企業がブラックか否かの情報収集は地元密着の高校に比べて弱いのが現実です。この情報がきっかけになって、大学の就褥支援が充実すれば、子どもの幸せに繋がると思います。

 一人一人の結果は個人の問題かも知れません。しかし、卒業生集団の統計結果は、大学の姿を現す指標です。

追伸 この結果によって、今までも手厚い就職支援をしていた隠れた優れた大学にスポットが当たればいいなと思います。

[]ハラスメント 12:35 ハラスメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ハラスメント - 西川純のメモ ハラスメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我が教職大学院にはハラスメントがあります。

 私が食事に行こうとしたら、いきなり赤坂さんが抱きついてきました。問題はこれはパワハラなのかセクハラなのか?どちらでしょう?

 ちなみに両方とも50歳を超えています。

f:id:jun24kawa:20160318123638j:image:left

[]読書 08:37 読書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 読書 - 西川純のメモ 読書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学生を見ていると、本を読みません。特に、じっくりと時間のかかる本は読みません。その代わりネットを活用します。それはそれで結構なことです。しかし、ネットの情報は長い風雪にさらされていない。だから信憑性が低い。また、玉石混合で石の割合が高い。

 私の時代には、本を読むことが偉かった。だから、分かりもしないカントやヘーゲルを高校生が読もうとしていた。乱読すれば分かりやすい哲学者もいることが分かります。その他、ありとあらゆるジャンルの読書をしました。

 「教職経験5年以内の人をイメージして書いて下さい」と出版社から求められます。理由は、5年以上たつと本を読まないからだそうです。そして売れるのはノウハウ本です。だから、5年ぐらいたって授業らしきことが出来るようになると本を読まない。

 校長の卒業式での話を聞けば、その人が本を読む方かどうかが分かります。心引かれる言葉もあります(http://blog.goo.ne.jp/jiyunomori-nikki/e/4d20d0b15c6fbbd3b5a0cc91664c3b6e

 一方、限られた情報と自分の経験だけで一般論を語れると思い込んでいる校長の話もあるようです。おそらく、ことの是非はさておいても、フェミニズムの本は一度も読んだことはハッキリと分かります。

 本を読まない世代はどんどん広がっています。そして、やがて殆どの校長がそうなるのは遠くない先のように思います。

 さて、どうなることやら。

rx178gmk2rx178gmk22016/03/19 07:42すみません。うっかり「ハラスメント」に☆つけました。
10年前の大学院生活がよみがえってきました。もうすぐ上越にも春が来ますね。

jun24kawajun24kawa2016/03/19 19:44はい!

16/03/17(木)

[]院政 06:30 院政 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 院政 - 西川純のメモ 院政 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は採用されてから長らく、戸北先生とチームを組んでいました。その関わり方は独特です。戸北先生は私のゼミ生に教えません。私は戸北先生のゼミ生に教えません。その代わり、飲み会、旅行、昼食は一緒です。そして、戸北先生や私が教えるようなことは、ゼミ生同士の交流で伝えます。こうすると両方の学生は採用するか否かを選択できるのです。どんな良質なアドバイスであったとしても、船頭が二ついることは好くないことです。

 ところが、戸北先生が副学長になり、私が単独の研究室になりました。その年は研究室運営がもの凄く大変でした。慌てて学長に直訴し、私の教え子を採用しました。その結果として、研究室内部で溜まってしまうものが学部に発散できるので、研究室は健全になりました。

 今は、水落さん、桐生さんの二人の教え子と一緒にゼミ運営をしています。私と戸北先生の関係のように直接は指導せず、飲み会、旅行、昼食は一緒です。昨日は、その3研の追い出しコンパでした。それだけで一つ、いや二つ以上のコースの規模になります。ほっといても安心できる集団です。それに桐生研と水落研のゼミ生をからかっているとき、孫とはこんなもんなのかなと感じます。可愛いが、責任が無いというベストなのです。両ゼミのゼミ生は私のオヤジギャグにつきあってくれます。心の支えです。

追伸 ゼミ生を同僚に採用すると本当に楽です。後白河法皇の気分がよく分かります。来年度はさらに体制を強化し「治天の君」として君臨します。フォフォフォ。

[]受賞者は? 06:16 受賞者は? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 受賞者は? - 西川純のメモ 受賞者は? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 囲碁における人と人工知能との戦いは、ビックデータがある分野では人工知能には勝てないということです。さて、囲碁の次は何でしょう?私は数学だと思います。次に理論物理学。両者とも記号で記述されており、膨大なデータの蓄積があります。早晩、負かされるでしょう。数学者や理論物理学者は去年の囲碁名人と同じく高をくくっているでしょう。いや、囲碁と同列には考えていないでしょうね。しかし、あるノーベル賞学者いっていました「ひらめきとは、途中経過を思い出せない論理的な積み上げだ」と。

 もし、フィールズ賞やノーベル賞を人工知能が受賞したら、それは開発チームが受賞するのでしょうか?やがて、開発自体も人工知能がやるでしょう。そのうちに理系に関しては5%のエリート養成は不必要になるかもしれません。

 逆に人に残されたものはあります。それはビックデータが無いもの、作れないもの、だと思います。代表的なのは個人個人への対応だと思います。数が少ないうえに、記号化しにくい。

16/03/16(水)

[]若い人へ 21:50 若い人へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 若い人へ - 西川純のメモ 若い人へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 商売柄、若い人と話すことが多い。

 腹を割って話すと、感じることがあります。

 自分は特別だと思っている点です。ただし、自分は特別に優れていると思っている人は多くありません。むしろ、自分には特別に悪い部分があると思っている人が多いように思います。でも、私には「それは普通だよ」と思うことが大部分です。

 「多くの人は人と問題なくつきあえる。でも、自分は他人に合わせることが辛い。だから、人と仕事が出来ないのではないか?」→「安心して下さい。他人に合わせることが辛くない人はいません。もちろん、合わせなくてもつきあえる人もいますが、ごく少数です。そして、社会で生きるには多種多様なひととつきあわなければならない。君以外の多くの人も辛いのです。ただ、それが見えないから。君も上手く会わせている人だと思っている人は少なくないと思います」

 「合わない人と生涯を過ごすのは辛い。だから、結婚できない」→「あははははは。合うわけない。性別が違うし、育てられた親が違う。生活履歴も違う。合うわけもない。合わないから結婚するんだ。合うか合わないかではなく、折り合いをつける努力をお互いにし続けるか否かだよ。大事なのは結婚するリスクを考えているけど、結婚しないリスクを考えていない。それも5年のレベルではなく50年先の人生を考えてね。ちなみに私は結婚することを選択したよ」

 「私には人には言えないことがあります。」→「そりゃそ~だ。それが普通。一人一人は闇を持っている。おそらく、墓場まで誰にも言えないものがるのが普通だよ。でもね。それを他人に気づかせるのは、気づいて欲しいと思っている部分があるからだよ。その闇が深ければ、隠そうとする。その闇が本当に深ければ、当人自身が忘れようとして、事実忘れてしまう。でも、一人一人にとっては比較の問題ではなく、辛い闇だ。それは誰にも理解されないことを覚悟したほうがいいよ。みんなそうだから。一方、共有できるものも多い。その方が多い。だったら、共有し得ないところではなく、共有できることを考えよう。」

 

 ま、私が若い時に年長者に言われたとしても、「あなたには私を理解できない」と思うでしょうね。私が若い時と同じように。出来ないのが当たり前、それが分からない。

16/03/15(火)

[]かぜ 19:25 かぜ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - かぜ - 西川純のメモ かぜ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 緊張から解放された瞬間に風邪になってしまいました。

 困ったもんです。

16/03/14(月)

[]妄想 16:41 妄想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想 - 西川純のメモ 妄想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の結果が出ました。嬉しい。

 でも次の瞬間から、ムカムカするのです。おそらく、急に緊張がほぐれたためだと思います。ここしばらくはずっと緊張したし、発表時間の3時間前ぐらいから部屋に閉じこもっていました。

 我々大人も常に勝負があります。しかし、高校入試、大学入試との違いは、一発勝負だという点です。インフルエンザになったらアウトです。変えて欲しいな~っと思います。

 私の妄想です。

 センター入試的な試験は廃止し、あくまでも基礎試験のみにします。

 各大学は資格を求めるのです。例えば、TOEFL何点以上とかのように。また、商学部だったら日商簿記検定2級以上とか。数学も資格を設けます。ただし、数学何級なんておおざっぱなものでは無く、解析学何級とか線形代数何級とかの資格です。経済学部の場合は、経済学を学ぶために必要な数学の資格を入学資格にするのです。以上の試験は年に何回も受けられます。おそらく民間だったらゴタゴタ言わずにコンピュータ採点に対応するでしょう。学会と民間がタックを組むのです。

 大学側にも入試負担がなくてメリットがあります。いい加減な資格を出すところは、入学後の学生の成績で分かります。それに基づいて来年度に使う資格を選べば、資格を出すところは必死になります。その手の情報を大学間で共有すればかなりの精度が期待出来ます。

 良いアイディアだと思います。

追伸 ただし、これが現実になったら、学習指導要領の縛りはほぼ意味がなくなります。ま、IBに対する文科省の対応を見ると、選抜性の高い大学はそれもありと思っているように想像します。そうでなくても電子教科書が一般化したら学習指導要領は無いに等しくなりますから。

[]桜咲く 14:43 桜咲く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 桜咲く - 西川純のメモ 桜咲く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、連絡が来ました。息子が志望校に合格しました。

 多くの方々からのご援助がありました。

 もう一つ嬉しいことが。

 来年度の志望校の校長先生は、私が高校教師として、そして管理者として最も尊敬している方になります。実は、この人事もやきもきしていました。本当に嬉しい。

[]『学び合い』フォーラム 05:46 『学び合い』フォーラム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラム - 西川純のメモ 『学び合い』フォーラム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』フォーラム実行委員会よりのお知らせです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【第12回教室『学び合い』フォーラム開催のお知らせ】

今年の夏の『学び合い』フォーラムは宮城石巻で開催します。

子どもたちの一生涯の幸せを願うとき、子どもたちが生涯を生きていく地域と学校時代の学びとをどのように接続させていくかは、避けて通れない重要なテーマです。

今年のフォーラムは、多くの地域行政、地方議員、PTA保護者、子ども支援団体、NPО、まちづくり有志の方々との多様な交流を通して、授業・教室・学校・地域の未来を一体的に考え合いたいと考えています。

申し込み開始は,4月1日から!!

ぜひ今から予定に入れててください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【開催概要】

第12回教室『学び合い』フォーラム2016 in 宮城

~『学び合い』から描こう,これからの学校~

・期 日  平成28年8月20日(土)~平成28年8月21日(日)

・会 場  東松島市コミュニティーセンター

宮城県東松島市矢本字大溜1 − 1

℡ 0225-82-6969

 ※2日間とも全館借用。 仙台駅から電車50分間 + 徒歩20分程度

・主 催  子どもに学ぶ教師の会

・目 的

「一人も見捨てない」教育を目指した『学び合い』の考え方を軸に,多様な参加者同士が以下の点について考えを交流し深め合うことで,これからの日本における教育活動の発展に寄与する。

(1)すべての子どもが安心して楽しく学び続けられる教室・学校の在り方

(2)地域の中の学校の在り方

(3)地域創生(まちづくり)につながる学校教育の在り方

・対 象

全国の幼保・小・中・高等学校教職員,大学関係者,教育行政担当者,

教師を志す学生,保護者,児童生徒、

子ども支援団体,まちづくり関係者,地方創生行政担当者など

・参加費  決定し次第連絡します。

・日程

【8月20日(土)】

12:00 開場 エントランスで分科会の紹介①

13:00 開会行事

13:20 基調講演「20年後,30年後の社会と学校」(仮)

上越教育大学教職大学院 教授  西川 純 氏

14:25 シンポジウム

 「地域創生に果たす学校の役割」(仮)

シンポジスト・コーディネーターは交渉中

      

16;00 フリートーク&分科会(並行実施)

18:00 散会

19:00 懇親会

【8月21日(日)】

9:00 開場 エントランスで分科会の紹介②

9:30 講演 「みんなの学校」(仮)

前大阪市立大空小学校校長 木村 泰子 氏

※地域とともに歩む学校の姿についてお話いただきます。

10:35 トークセッション「みんなのきょうしつ」

東京学芸大学教職大学院 准教授 岩瀬 直樹 氏

株式会社アソビジ 代表取締役 プロジェクト結(ゆい) 理事 中川 綾 氏

※コミュニティーとはどのようなつながりかについてお話いただきます。

11:45 鼎談 「みんなの学校」と「みんなのきょうしつ」

木村先生、岩瀬さん、中川さんに、それぞれの講演内容について鼎談いただきます。

12:15 フリートーク&ミニ分科会&映画『みんなの学校』上映会

※昼食休憩は各自のペースでお取りください。

15:40 振返り&閉会行事

ファシリテーター&全体総括

福島大学教授 松下 行則 氏

16:00 解散

・分科会について

事前に発表希望があった方で希望される方には,小会議室・時間を割り振ります。また,主な内容が来場者に分かるように,受付時間にミニプレゼン&資料提示等の場(実践市場)を設ける予定です。

カテゴリーは現在のところ3種類と考えています。

① 『学び合い』って何? 『学び合い』の理解のための分科会

② 『学び合い』を深める。 すでに長く実践されている方の分科会

③ 地域創生と『学び合い』 地域住民やまちづくりの方との対話を中心とした分科会

・宿 泊  

 会場近くにホテルあり。(徒歩5分)

 他,石巻市内,仙台市内各ホテルを予約ください。

MizuochiMizuochi2016/03/14 14:44おめでとうございます!
よかったですね!!!^^

jun24kawajun24kawa2016/03/14 16:27ありがとうございます。

bunbun-hbunbun-h2016/03/14 19:03おめでとうございます。ブログで知った頃は小学校の低学年だったのにもう高校生なんですね。(ちなみにうちの息子は来月から社会人になってしまいます)
ところで、先日、広島市内の書店の教育関係の棚で、先生などの『学び合い』の本が何冊も平積みにされているのを実際にこの目で見て感慨深いものがありました(ポップもありました!)。この10年ばかりのときの流れをしみじみと振り返る思いでした。

jun24kawajun24kawa2016/03/14 21:33ありがとうございます。

16/03/13(日)

[]ホモ・サピエンス 21:38 ホモ・サピエンス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ホモ・サピエンス - 西川純のメモ ホモ・サピエンス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ニュースです。人類最速のウサイン・ボルトが100m走でチーターに負けました。ボルトが9秒台なのに対して、チーターは5秒台です。ボルトは大きくため息をつき。関係者は唖然です。元オリンピック金メダリストのカールルイスは「スタート以後の展開に唖然としています」とのコメントです。

 これを読んで、どう思いますか。

 馬鹿馬鹿しいですよね。

 AIに囲碁が負けたことがニュースになっています。私にとっては、同じぐらい馬鹿馬鹿しい。

 でも、他にも馬鹿馬鹿しいことがあります。ボルトが100m走で0.01秒早いかどうかでニュースになることです。どうでもいいじゃないですか?

 自分にとって大事なことは何かを考えるべきです。

 日本人にとって大事なことは何かを考えるべきです。

 人類にとって大事なことは何かを考えるべきです。

 そのためには幸せは何かを考えるべきだと思います。

 世のお金持ちにとっては、一律の価値観が必要です。価値の源泉は希少性にあるからです。

 しかし、普通の人が豊かになるためには、相対評価では無く、絶対評価での価値が大事なのです。煽られて、乗せられてはダメです。

 どの野球チーム、サッカーチームが勝っても、負けてもいいじゃ無いですか。そんなことより、我が子の運動会の活躍に一喜一憂したい。

 どのワイン、バックが高かろうといいじゃないですか。多くの人にはその差が分からない。少なくとも価格の差ほどにはわからない。

 赤の他人の走っている姿に一喜一憂するより、我が子のなにげない仕草に喜びを感じたい。

[]データの読み方 18:16 データの読み方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - データの読み方 - 西川純のメモ データの読み方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方より「アクティブ・ラーニングをやっている学校が75.5%もあるという結果(http://manabilab.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/Release_1216.pdf)は違和感があるが、西川先生はどう考えますか?」という質問を受けました。

 そこで、この調査の手続きが書いてある文章を探してみました(http://manabilab.jp/wp/wp-content/uploads/2015/12/1streport.pdf#page=19)。その結果分かったのは、この調査はアクティブ・ラーニングの調査ではなく、参加型学習の調査であることが分かりました。そして、その意味するところは、先の文章の4頁にあります。つまり、ディベート、話し合い(ディスカッション)、プレゼンテーション、ブレインストーミング、協調学習、学び合い、ふりかえり(リフレクション)、自己による学習評価、作文、課題解決型学習、ケーススタディ、探究・調べ学習、 プロジェクト型学習等々を全授業のうち一回でも実施したならば参加型学習やったことになるのです。そして、その判断基準は生徒の思考が活性化しているかいないかなのです。(まあ、意味合いは4頁をお読み下さい)

 つまり、「高校での授業では生徒の思考プロセスが活性化している授業は皆無である」という前提に立つ人は『「アクティブラーニングに取り組んでいる教科がある」と答えた高校は実に75%に上り、多くの学校で取り組みが広がっていることがうかがえます。』という解釈をします。(文科省はアクティブ・ラーニングと表記しているのですが、中黒を消しています。意図的なものか否かは不明です)

 ところが、私に質問した人は、「ディベート、話し合い(ディスカッション)、プレゼンテーション、ブレインストーミング、協調学習、学び合い、ふりかえり(リフレクション)、自己による学習評価、作文、課題解決型学習、ケーススタディ、探究・調べ学習、 プロジェクト型学習等々を全授業のうち一回でも実施」するぐらいは当たり前であると考えており、アクティブ・ラーニング云々を言うのであれば、それよりも先のことを言っているんだろうと考える人には75.5%は信じられないという解釈になります。

 この種の誤解は、調査の手続きを調べないと分からないものです。

 いずれにせよ、この調査は高校がどのレベルでアクティブ・ラーニングをとらえているかを明らかにする貴重な調査であることは確かです。

追伸 どうでもよいことですが、何の相関係数を使っているか明記されていませんが、おそらくピアソンの相関係数を使っているようです。しかし、スピアマンかケンドールを使うべきなのにな~と感じます。ま、ピアソンは使いやすいので、私も使う場合はあります。

16/03/12(土)

[]アンケート調査 21:44 アンケート調査 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アンケート調査 - 西川純のメモ アンケート調査 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 エビデンスベースが広がっていることはいいことです。が、ちゃんと理解するのは学者レベルでもまだまだです。

 ちなみに、教育研究で数千人のデータを集め、それを統計分析をかけた論文を最初に書いたのは私だと思います。少なくとも初期メンバーは私です。その頃は、コメニウスだペスタロッチだ、フランスがどうのこうの、ドイツがどうのこうのの時代です。数的な分析をする研究はフィロソフィーが無いと否定されました。

 そして、実証的な研究に関して著書もあります。

 という私がエビデンスベースの主張が本物か否かを判別するポイントを申します。

1) 選択肢を判断する幅が大きい(曖昧)。

 例えば「今の教育はいいですか?」のレベルの定義が無い言葉が使われいます。例えば、「今」とは何でしょう?「いい」とは何でしょう?

 もちろん教育での言葉は定義不可能なものが多い。しかし、アンケートをつくる人が、誤解が無いような工夫をしているか、その危うさを理解しているか否かが分かります。

2) 統計分析の選択が正しい。

 例えばです。好きな果物は何ですか「1」リンゴ、2)ミカン、3)パイナップル」で100人中50人がリンゴで、50人がパイナップルだとします。平均すると2のミカンです。だから、平均するとミカンという結論はおかしいですよね。数値には加減乗除が出来る数値と、加減は出来るが乗除が出来ない数値と、加減乗除が出来ない数値とがあり、それぞれの統計分析があります。いまだに、加減乗除が出来ないのに、加減乗除が出来る統計分析をしている統計分析をする人は少なくありません。私も、そんな分析をしたことがあります。でも、それを分かってして、だから、その限界の範囲で物事を語ります。

3) 理論がある。

 統計分析の結果は因果関係を示すものではありません。もちろん、因果関係を推定する統計分析はありますが、そうじゃないのに勝手に推定しているものがあります。まあ、教育の場合統計結果で因果関係は分からないと思った方がいいです。ではどうするか?理論が大事なのです。研究で示すのは真実ではありません、蓋然性の高いモデルなのです。

 他にもありますが、代表的なのは3つです。

 教育研究の実証的研究は未整備です。でも、エビデンスベースという言葉を聞くと、今から三十年以上前に我々が始めたレベルの言説が今も跋扈していることに呆れます。

 ということで、あまりに馬鹿馬鹿しいので、20年前に脱しました。今は、量的データと質的データ、それも半年以上の多様な方法の総合による研究を進めています。

 でも、本質的な問題は、教育を変えるためには教師が納得する研究であらねばならないのです。どんな研究も現場の教師が読めるレベルで分かりやすい内容でなければなりません。同時に、思いつきレベルの経験法則を超えるデータが必要です。それがないと権威主義に陥ります。

[]飛び込み授業 13:22 飛び込み授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 飛び込み授業 - 西川純のメモ 飛び込み授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が理科教育学会で大変お世話になった川上先生(元日本理科教育学会学会長)が退職後に飛び込み授業を手弁当でされています。

 バリバリの研究者ですが、そこらの教師が裸足で逃げ出す授業をされます。うまいですよ~。非『学び合い』というより反『学び合い』の立場で、しっかり教えるべきだというお考えです。でも、私のことを可愛がる心の広い方です。

 お誘いします。

http://urx.mobi/sCJE

http://urx.mobi/sCJC

http://urx.mobi/sCJz

[]学位記授与式 06:55 学位記授与式 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学位記授与式 - 西川純のメモ 学位記授与式 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 来週には卒業式があります。

 大学の教員は卒業式に出席する必要はありません。出席しなければならないのは、ひな壇に上るお偉いさんと担任のみです。上越教育大学に三十年間勤めましたが、卒業式に参加したのは一回だけです。理由は。最近になって学位記授与の際に名前を呼ぶのが担任になったからです(かつては事務の方がやっていました)。その1回も、私の担当する読み上げが終わり次第に退出します。

 学生食堂は祝賀会です。そこに出席するのが嫌なので、大学の外で一人で食事をします。

 卒業式が近くなると飲み会が増えますが、コース長なので最初の挨拶はしますが30分以内にいなくなり、自宅で晩酌をします。研究室の飲み会には参加しますが、ゼミ生の飲み会に参加しているスタンスです。二次会には行きません。一次会すらも最後までいるとゼミ生は驚きます。

 私としては、ことさら何もせず、淡々と過ぎていきます。

 私がゼミ生に伝えられることは、既に伝えきっていると思えるので、もう、何も仕事は無いと思っています。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030321/1172994735

追伸 もう一つ理由があります。変な私を選び、2年間を賭けてくれたゼミ生と別れるのが辛いのです。だから、淡々と過ごします。

OB1989OB19892016/03/13 07:41川上先生すごいですね。我々もまだまだこれからです。

takami_swctakami_swc2016/03/13 10:08川上先生は大学時代にお世話になりました。免許更新でも講義を受け、全然お変わりになっていないなーと思いました。あのバイタリティは見習わなければと思います。

16/03/11(金)

[]石川町 18:12 石川町 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 石川町 - 西川純のメモ 石川町 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 福島県の石川町が熱いです。是非、ご参集下さい。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Mizuochi/20160311

[]教師根性 07:02 教師根性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師根性 - 西川純のメモ 教師根性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツイッターのタイムラインに、来年から上越教育大学で学ぶ学生さんのツイートが流れる。若々しい。彼らの前で講義したい!という気持ちがわく。まだ私の中に教師根性が残っている。それを「よし」としたい。

[]顧客の創造 06:47 顧客の創造 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 顧客の創造 - 西川純のメモ 顧客の創造 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ちゃんとリサーチをすれば、今売れる商品を予想することは出来ます。最初に見いだした人は大勝ちします。しかし、早晩、それをまねる人が生まれます。初期占有率の高い人はそれなりに勝ち残りますが、パイは小さくなります。そして、やがて商品は飽和し、衰退します。

 ドラッカーは「企業の目的は顧客の創造」だと看破しました。顧客は「今」の自分のニーズは知っています。しかし、「明日」のニーズを知っているとは限りません。そして、「来年」、「未来」のニーズを知る人は本当に少ない。だから、「明日」、「来年」、「未来」のニーズを様々に提案すべきなのです。

 本屋に行き、教育関係の書籍を読むと見事に金太郎飴のように思えます。もちろん、扱っているジャンルは異なっていますが、読者層が同じなのです。一言で言えば、周りからの援助が弱く、大変で、でも、安易に逃げずにもがいている、でも、じっくりと時間をかける余裕を与えられていない人です。だから、「直ぐに」、「確実に」、「完全な解決」を求めざるを得ないのです。

 昔は斎藤喜博、大村はまをじっくり読む人がいました。お二人とも授業名人として読まれたのではありません。授業名人を求める今とは違います。では、昔は授業名人を求めていなかったのか?もちろん求めていました。しかし、それは同じ学校の先輩、地域の先輩に求めていた。なにしろ、何度でも教えて貰えるし、慰めてくれるのですから。だから本には授業ではなく教育を求めていました。

 私は現在の学校の抱える問題の最も根本的な原因は、職員室の協働性の低下、それによる教育力の低下だと思っています。そして、その原因はいびつな職員室の年齢構成だと思っています。

 私は「今」のニーズに応える様々な本を書きます。でも、同時に、「明日」、「来年」、「未来」のニーズを様々に提案したい。それは教育の実証的データに基づく理論的整理と、学校・地域の協働性の復活に関するものです。

 今度、本屋に行って本を読んで下さい。九割九分の本は「自分」の授業改善に関する本です。その存在意義は分かりますが、それだけでは出口は無い。

[]不遜 06:47 不遜 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不遜 - 西川純のメモ 不遜 - 西川純のメモ のブックマークコメント

「なぜ人は、目の前の絵の良さを頭で考えようとするのだろう。野に咲く花や草は考えずに愛せるのに。」とピカソが言ったそうです。もし本当だったら、ピカソは愚かで、不遜な人だと思います。

理由は簡単です。花や草は数十億年の生命の歴史が生みだしたものであり、我々もその生みだしたものの一つだからです。そして、我々はそれに対して興味関心を持つように設計されています。ピカソの絵はピカソという一人の人が生みだしたものです。レベルが違う。ピカソはおのれと数十億年の無数のトライアンドエラーの積み上げと同レベルに考えている。だから、愚かで不遜な人だと思います。

同じようなことを、様々な研究指定校の「本校の研究主題」の図や、アクティブ・ラーニングに関する構造図に感じます。見たとたんに、「根拠は何?」と言いたくなります。法や実証的データに基づかず、自分の思いつき、他人の思いつきによって、他人の子どもの人生に関わる教育をしようとしているのは不遜だと思います。

16/03/10(木)

[]シンプル 22:08 シンプル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - シンプル - 西川純のメモ シンプル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 凡夫が何かを成し遂げたいとしたら、何が必要でしょうか?

 私は多様にやり続けることだと思います。そして、みんなでやり続けることです。やり続ければかなりのことが出来ます。必ずしも凄いことをやる必要はありません。その時自分に出来ることを少しやればいい。

 時間は有限です。誰にとっても1日は24時間です。だから、何かをやり続けるためには、何かを諦める必要があります。そして、生活全体をシンプルにする必要があります。しかし、私にとっては絶対に優先するものがあります。それは家族であり、家族との時間です。それさえあれば、あとは諦めることが出来ます。そして、それで毎日やり続けることが出来ます。

 万×万の碁盤に石を置いているような気分です。

追伸 学生さんの中には多種多様な望みを捨てられない人が少なくない。その結果として、全てにおいて中途半端になっている。もったいないな~っと思います。ま、私もそれに気づけたのは大学院に入ってからですから。

追伸2 本日は5つの石を置きました。そのうちの一つは妙手です。自分を褒めてあげたいぐらいの。もしかしたら今年1番の妙手かも。その石の意味は4年後に分かるでしょう。それまでは何気ない凡庸な石にしか見えない。毎日石を置いているから分かる。故に今日は気分がいい。

16/03/09(水)

[]今日も 21:53 今日も - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日も - 西川純のメモ 今日も - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自らの製品、サービス、プロセスを自ら陳腐化させることが、誰かに陳腐化させられることを防ぐ唯一の方法である。(ドラッカー)

 という言葉が大好きです。

 昨日、今日と、新たなコンセプトの本作りの仕事をします。

 今の路線の仕事もします。

 でも、それを陳腐化する仕事もします。

 入り口は多様な方がいい。

 不遜ながら申します。自身を陳腐化する速度は抜群です。

16/03/08(火)

[] クラスがうまくいく 『学び合い』ステップアップ 20:06  クラスがうまくいく 『学び合い』ステップアップ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  クラスがうまくいく 『学び合い』ステップアップ - 西川純のメモ  クラスがうまくいく 『学び合い』ステップアップ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「クラスがうまくいく 『学び合い』ステップアップ」(学陽書房)が5刷決定です。累計15000冊になりました。ご愛顧感謝です。このところ毎週、色々な本の増刷の報告が出来ます。

16/03/07(月)

[]サバイバル・アクティブ・ラーニング入門 18:27 サバイバル・アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - サバイバル・アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ サバイバル・アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1月28日にサバイバル・アクティブ・ラーニング入門が出版されました。

 2月2日に2刷決定。

 本日、3月7日に3刷決定です

 子どもの未来がどれほど危ういかを知る人が増えれば、子どもを救える可能性が高まります。ありがたい。

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20160029

[]合格 15:52 合格 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 合格 - 西川純のメモ 合格 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の所に面談希望した生徒(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20160210/1455095644)が合格しました。大学や学部ではなく、研究室レベルのものが見える生徒なのですから、当然とも言えます。目出度い。

[]英会話能力 06:19 英会話能力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 英会話能力 - 西川純のメモ 英会話能力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 英語の能力が4技能に大きくシフトしています。4技能を持つ英語教師が多くないことに嫌気をさして、外部資格によって代替えしようとしています。

 でも、私はその先があると考えています。

 今後、人工知能の発達によって機械翻訳は飛躍的に進むでしょう。SFの世界のような会話装置も可能になるでしょう。そのような時代においては4技能自体にそれほどの価値は無くなります。その様な時代においての英会話能力とは何でしょう?

 私はネイティブとの仕事をなす能力だと思います。

 例えば、ネイティブ5人と日本人5人がチームになって、何かの課題をやり遂げるのです。その過程を評価します。評価観点は、「いっしょに仕事をしたいか?」という観点です。

 もっと簡単な方法があります。大学教員の公募の際、「自分自身の能力を説明できる人を二人あげて下さい」と公募書類に書かせる場合があります。それと似たようなものです。「あなたの人物を説明できるネイティブを二人あげて下さい。その人物との関係を説明し、それを証明するエビデンスを添付して下さい」というものです。

 こんなものを求める大学が生まれてくると、英語教育は劇的に変化することになるでしょう。4技能の比では無い劇的変化。

 京都大学の特色入試、東京大学の推薦入試あたりでは直ぐにでもありそうですね。

追伸 色々な人から、「西川先生は何でそんなことを思いつくのですか?」と聞かれます。理由は簡単です。もともとの出発点が違うからです。多くの人は目の前の子どもを一年後にどのように育てるかを考えています。私は子どもが一生涯幸せに生きるためには何が必要なのかを考えます。「これこれの能力があれば大丈夫」なんていう能力は殆どありません。それに最も近いのは「多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決する能力」(学校観)だと確信しています。

16/03/06(日)

[]折り合い 22:23 折り合い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 折り合い - 西川純のメモ 折り合い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』では「多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決すること」を大事にします。しかし、『学び合い』が分からない人には「折り合い」という意味が分かりません。『学び合い』を「仲良く」に近くとらえがちです。違います。折り合いとは、お互いがそれぞれ自分にとって利のある取引をすることです。その中には、その人とつきあわないという行動も折り合いなのです。ただ、無意味に攻撃しない方が良い折り合いの付け方です。

 かつて、大人の話法を使えず、ネットで私を攻撃し続けた人がいました。私は「あ、この人と議論することに実りが無い」と判断したので議論をやめました。が、その人と違って、私はその人を名指しで攻撃することはありません。実りが無いですから。そして、私のゼミ生や、仲間がその人の講演に参加することを奨励することはあっても、禁止することはありません。その人は私のゼミ生や仲間に、大人げない話法は使いませんから。

 ま、『学び合い』をちゃんと調べもせず、言葉の印象で云々する人は少なくないですね。研究者の私は、明らかに個人特定して否定する場合は、文献を読み調べ、研究者として否定します。それが研究者の作法ですから。

[]判別法 21:21 判別法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 判別法 - 西川純のメモ 判別法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 アクティブ・ラーニングの実現方法は様々です。その多くは「学修者を育てる」という視点に立っています。そうであるから、協働的とは何か、主体的とは何かが議論されるでしょう。また、学力の三要素である「基礎的・基本的な知識・技能の習得」、「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」、「主体的に学習に取り組む態度(学習意欲)」が何かが議論されるでしょう。

 しかし、理系の私としては、定義不能の言葉の議論につきあうつもりはありません。そんな言葉遊びの果てに、中央教育審議会の理念が骨抜きにされた過去を繰り返したくない。

 私はアクティブ・ラーニングとは経済・産業界が求める人材を育成するためのものだと思っています。その中には、5%のグローバルエリートも必要ですが、ローカルエリートも必要ですし、何よりも普通の人材が必要です。だから、アクティブ・ラーニングか否かを判別する方法は簡単です。経営者が雇用者育成のためにそれを参考にしたいと思うか、否かに尽きます。そうすれば、多くのアクティブ・ラーニングは子供用の学習に過ぎず、どもまで行っても大人を養成するものにならないことは自明だと思います。

 例にして申し訳ないのですが、例えば、ジグソー法を年間何十回も会社の研修で使いたいと思う経営者がいるとは思えません。おそらく、2回も無いでしょう。(ちなみに、私はジグソー法でも学術論文を書いたことがあります。それ故に、限界も理解しております)

 

追伸

 私は教育研究における言葉遊びが大嫌いです。私の大学院の指導教官は文科省の役人だった人です。その先生から聞いたことです。

 現代化運動の中で科学概念の習得をどのように表現するか議論が分かれたそうです。ある人は基礎的概念が大事だと主張し、基礎的概念とは何かを延々と主張するのです。それに対して、ある人は基本的概念が大事だと主張し、基本的概念とは何かを延々と主張するのです。そもそも言葉遊びに過ぎませんので、議論は終わりません。そこで折衷案で基礎的、基本的概念と表現することになりました。そうすると、いや基本的、基礎的概念にすべきだと主張する人がいます。そこで順序性の無い「・」になったそうです。その後、文科省の表現では基礎的・基本的という表現が使われるようになったそうです。

 その他、様々な言葉遊びの事例を聞いているので、馬鹿馬鹿しいです。

 教育で使われる言葉は定義がもの凄く難しいのは分かります。しかし、定義を一応定めて、それで議論を進めるべきだと思います。ま、言葉遊びに過ぎません。やりたい人がやればいい。そのうちへとへとになります。その後に、実利を取ります。(文科省のお役人がやることです)

追伸2 ちなみに、『学び合い』を従業員教育に取り入れ、成果を上げた事例をしっています。経営学の論文に引用された事例も知っています。おそらく、学校教育に関してはもの凄く希だと思います。

[]大学進学率 14:04 大学進学率 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学進学率 - 西川純のメモ 大学進学率 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ゼミ生から「先生は、大学進学率はどれぐらいに今後なると思いますか?」と聞かれました。私は「15%ぐらいかな~」と間髪入れずに応えました。現状の5割に比べると劇的ですね。私は「アカデミズムで勝負できる大学が5%、ジョブ型にシフトできる大学が10%で併せて15%ぐらい」と説明しました。

 でも、別な道もあります。

 OECD加盟国の中には日本より大学進学率の高い国はウジャウジャいます。日本の5割は低いぐらいです。オーストラリアはほぼ全員です。でも、基本的な部分が決定的に違います。目立って違うのは入学年齢です。日本の場合は18歳、もしくは一浪して19歳で入学するのが大部分です。しかし、大学進学率の高い国の場合、二十代後半に入学するのが多いのです。高卒で働いてお金を貯め、奨学金ではなく自腹で入学します。

 しかし、親のすねをかじって入ったり、奨学金という借金して入学したりする人とは違って、金を払って学んでいるという意識が濃厚です。18歳の世間を知らない学生にだったら「これは役に立つ」と言ってはったりをかますことが大人の学生には不可能です。もし、そんな教員が多いと世間が思っていたら、専門職大学院なんか設置する必要はないですね。

 日本の大学進学率はどうなるのでしょうか?

 ま、いずれにせよ、私の退職した後です。しかし、現状の幼稚園児には関係あります。

[]夢 06:27 夢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 夢 - 西川純のメモ 夢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校3年生の半数は志望大学に入学するのが夢です。ほぼ全ての中学3年生は志望高校に入るのが夢です。でも、入学することはツールに過ぎません。何のために入学するかです。子ども達に何のため?と聞けば、進学するためです。そしてその先を聞けば就職です。

 教師になりたい子もいるでしょう。テレビ局に就職したい子もいるでしょう。しかし、就職はツールに過ぎません。教師ならば「子どもを大人にしたい」と願って欲しい。テレビマンならば「素晴らしい番組を制作したい」と願って欲しい。しかし、それすらもツールに過ぎません。

 もし教師になりたい学生に「何で子どもを大人にしたいの?」と聞けば、キョトンとするでしょう。繰り返しますが、それはツールです。本当の夢は「幸せな生涯をおくること」です。私はキャリア教育の最も根幹はそこにあると思います。まず、自分にとっての幸せな生涯とは何かを子ども達に考えさせるべきです。

 そんな思いで「アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門」(http://goo.gl/RvMkiU)を書きました。

追伸 例えば、教師になろうとする学生は、「自分にとっての幸せとは何か?」と「子どもを大人にする」を結びつけなければならないのです。私にとっての幸せは「家族仲良く健康で過ごすこと」です。私にとっては「子どもを大人にする」こととは「家族仲良く健康で過ごすこと」は一致しています。主体的に動き、協働的に問題を解決するゼミに育てているため、私は家族とゆっくりと毎日食事を出来る生活が出来ます。そして、私には十分な収入を得て、それを家族のために費やすことが出来ます。ゼミ運営に悩むこともあります。しかし、揺るぎません。それが子どもと私と私の家族の幸せに一致することを確信しているからです。

[]愛知・豊橋の会 05:53 愛知・豊橋の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛知・豊橋の会 - 西川純のメモ 愛知・豊橋の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3月19日に愛知県豊橋市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/event/index/375105/

toyohashi-starttoyohashi-start2016/03/06 23:44ご紹介ありがとうございます。
地道にやっていきます。

jun24kawajun24kawa2016/03/07 15:52継続は力です。

16/03/05(土)

[]おにぎりの会 21:42 おにぎりの会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - おにぎりの会 - 西川純のメモ おにぎりの会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 4月17日に東京で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/e_chigoya/20160305

[]愚か 18:48 愚か - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚か - 西川純のメモ 愚か - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある若者がいました。父を早くなくし、母のパートで生計を立てています。同級生がオシャレを楽しんでいるとき、それをぐっと我慢していました。豊かになりたい。親孝行をしたいと願いました。そこで目をつけたのは不動産投資です。不動産投資の勉強を一生懸命にしました。しかし、投資するためのお金がない。そこで借金をしました。ところが投資はうまくいきません。やがて借金生活になりました。とても払えません。しかたなく破産することにしました。しかし、破産した場合、連帯保証人の母に督促が行きます。母はわずかな年金で生きています。

 これを読んで若者に同情しますか?

 その若者が「家が貧乏だったら不動産投資をしてはいけないのか?」と言ったらどう思いますか?

 その若者が貧しい家庭の人が不動産投資をするための基金づくりのために募金活動をしたら、あなたは募金しますか?

 私は同情しません、募金もしません。

 そして、「何で不動産投資みたいなものに手を出すんだ。もっと地道にやれることがあるだろう。」と思います。

 おそらく、大方の人は同意すると思います。

 中日新聞が奨学金で苦しむ若者を特集しました(http://www.chunichi.co.jp/…/bi…/list/CK2016010302000158.html 一番下に記事一覧が載っています)。それを読んだとき、私は「愚かだな~」と思います。今の世の中で、投資に見合うものを提供できる大学は多くありません。分の悪い投資なのです。もともと、お金に余裕がある人がやるのはいいですが、借金してまで投資するものではないのです。

 中途半端な非ジョブ型大学に行くぐらいだったら、職業高校で手に職をつければ良いのです。高卒で大卒より安定した生活を得ている人は少なくありません。

 その若者に大学進学という不動産投資を教えた人がいるはずです。おそらく、教師でしょう。たしかに昔は大学進学という投資が儲かった時代もありました。でも、今はそうでないことを、不勉強な教師は知らないのです。

 1973年(私が14才)に国盗り物語という大河ドラマがあります。その中で、今でも印象的だったのは、斎藤道三が旧主を国外に送り出す際に言った言葉、それは、無能な君主はそれだけで罪である、つまり、無能な君主は悪人だと旧主に言う場面です。原作にはその場面はありませんが、原作のその他の部分に書かれています。

 一般人は、善人であるかどうか、もっと正確に言えば、悪人でなければ評価されます。しかし、管理者はかなりの善人であっても無能であれば悪人なのです。無能であるのにも関わらず、身を引かないのは悪行なのです。でも、無能の人はそれが分からない。管理者は管下の人の人生を預かっているのです。無能ならば、自分のことだけ責任を持って無能な善人であればいい。そして、教師は子どもにとって管理者なのです。

 是非、これを読んだ後に、先の新聞の記事をお読み下さい。

追伸 この手の記事は、奨学金制度の充実を求めています。それも必要ですが、金がない日本でリアリティがありません。実現するとしたら、成績上位5%の子どもに特化した返還免除の奨学金にすべきだと思います。そして、あまり指摘されていないことが大事です。第一に、高校のジョブ化です。もう一つは、大学が投資に見合うジョブ型大学にシフトすることです。

[]卒業式 16:06 卒業式 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 卒業式 - 西川純のメモ 卒業式 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子が本日、中学校を卒業しました。感慨に浸りたいところですが、高校入試があと数日後、その結果が分からないと宙ぶらりんです。辛いところです。

 が、最後になって、ウルウルしてしまいました。やはり。

16/03/04(金)

[]未来予測 09:12 未来予測 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 未来予測 - 西川純のメモ 未来予測 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、友人の大学人とのやりとりのなかで、なるほどと思ったことがあるので書きます。その人の意見としては、「まあ、焦るなよ。西川は心配しすぎる。」というものです。その根拠は今までの文部科学省のやり口です。

 文部科学省にはそれなりの説明の仕方があると思いますが、多くの教員養成系学部の教員の考えていることだと思います。

 橋本内閣の教員養成系学部の定員削減の際、0免課程(つまり教員養成系学部の中に免許を取らなくてもいい課程)をつくることを勧めました。それに乗った大学も多かったと思います。ちなみに上越教育大学はそれには乗りませんでした。しばらくすると、0免課程の廃止が求められました。多くの大学は「おい、詐欺じゃない?」と思ったと思います。そして、0免に乗らなかった大学は難を避けられました。

 また法科大学院もそうです。法科大学院を設置する際はバラ色の未来を抱かせました。それに乗った大学は多かったと思います。ところが設置してもインセンティブは殆どありません。そして、カリキュラムに関する縛りが多い。司法試験対策に力を入れると、カリキュラムから逸脱していると指摘される。しかし、司法試験の合格率が低いと指摘される。踏んだり蹴ったりです。結局、多くの予算をかけて設置した法科大学院がバタバタ潰れています。多くの大学は「おい、詐欺じゃない?」と思ったと思います。

 そして、今、教職大学院を建てることを国立大学に求めています。しかし、いつハシゴを外されるか分かりません。上越教育大学の教職大学院の設置の際、大幅な定員を設定するように文科省から求められました。しかし、歴代の学長は慎重に対応していました。身の丈、もしくは、身の丈よりちょいと多いぐらいの定員を設定しました。そのため、定員の殆どを現職派遣で占めており、つまり、ほぼ定員充足が約束されている、定員の少ない大学院を除けば、例外的に定員充足を満たし続けている希な教職大学院です。おそらく、教職大学院がひとあたり建てられたとしたら、法科大学院と同じようにハシゴを外されると思っている教員養成系学部・大学の教員は少なくないと思います。いや、大部分はそう思っていると思います。その最大の根拠は、そんな無茶なプランを押し通せば、教員養成系学部・大学は潰れてしまう、と言うことです。

 なるほどな、と思いました。

 ただ、私の友人と私の考えの決定的な違いは、文部科学省は潰れる教員養成系学部・大学院があっても仕方が無いと思っていると私が思っている点です。もちろん、都道府県の教育委員会は絶対に地元に教員養成系学部を残したいと願うでしょう。でも、その際に国は、その分のお金を出すことをその地元に求めます。並行在来線が第三セクターになるようなものです。そして、総合大学は教員養成系学部の存続を望んでいません。理由はお金がかかるからです。つまり、妥当な落としどころは免許センターに再編することです。

 ただ、この場合に問題になるのは、初等免許の出し方です。これにも二つの道があると思います。第一は、小学校の教科担任制への移行です。これには兆候があります。第二は、小学校免許は単科の教員養成系大学に集約するという方法です。

 私はその大きな流れは変わらないと思います。その根拠は、教育的な理念の問題ではなく、人口とお金の問題です。子どもの数が急激に下がります。少人数学級の導入よりも急激にでしょう。そうなると、今の定員を維持する必然性がないのです。そして、国にはお金はありません。かつて大学の分校が集約されたように、教員養成系学部の集約が求められると思います。

 ま、私の定年までの後半時期の話しです。そして、私はどのような状況にでも生き残れる実績を積み上げ続けています。「そんな無茶なプランを押し通せば、教員養成系学部・大学は潰れてしまう」という根拠に乗るか乗らないか、判断の分かれることでしょう。若い人には、生き死にに関わる選択だと思います。

16/03/03(木)

[]発想転換 13:27 発想転換 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 発想転換 - 西川純のメモ 発想転換 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2020年の大学入試問題(講談社現代新書)を読みました。とても面白く、ためになりました。著者の石川さんが教育者であることがよく分かる本です。しかし、少なからざる読者にとっては残念な本となります。(だからこそ、良い本だとも言えます)

 この本を手に取る人の多くは、2020年の大学入試問題はどんな問題が出るのかと思って注文すると思います。しかし、この本を読んでも、その答えはありません。ま、あったとしたらこの本は偽物だということですから。

 この本の真の意味を理解するためには、教育の考え方を根本的に変えなければなりません。特に、お受験大好きな人には辛いことでしょうが、東京大学への確実性の高い受験準備はないことを認めなければならないのです。ま、もとから東京大学への確実性の高い受験準備なんかはあるわけないのですが、それでも、一定の点数に関してはノウハウを知っていれば高められる点数はあります。ただ、その割合が急激に下がることを理解しなければなりません。

 どう考えたら良いでしょうか?

 我々保護者も、教師も東大に入ることを良しとするのではなく、社会で活躍できる人に育てることを目指すべきです。そして、社会で活躍できる人になるためだったら、東大でなくてもアリなのです。例えば、工業高校やデザイン系専門学校を卒業した人が十分に張り合える可能性があります。

 以前のブログに書きました。私はトフラーの富の未来を読んだとき、今後、暴騰する富は何かを知ろうと読み始めました。そして、その考え方自体が旧時代のものであることに気づきました。大事なのは自分なりの富の創造なのです。2020年以降に問われる学力とは、万人がすべからず一致する学力ではありません、特定の人達に強くアピールできる、自分なりの学力の創造がこれから求められます。

追伸 高校生になったら息子に読ませます。

[]教え子 07:13 教え子 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教え子 - 西川純のメモ 教え子 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員養成系大学に三十年勤めました。最初の10年間は、私より年長の現職院生さんを教えました。ですので、様々な人を教えました。

 私の教えた人の中に、ある県の県教育次長を務め、その県の大学の教職大学院教授を務めた方がおられます。その方が本年、退職されることを知りました。

 あの人も、と思います。我が身もその年に近づいたことを自覚します。

[]人事 07:07 人事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人事 - 西川純のメモ 人事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3月は人事の月です。

 私の頭の中には何百もの計画が平行して存在しています。そして、それを同時並行で動かしています。その律速段階は人事です。

 私の頭の中には日本全国の何百の人事のことでドキドキしています。

 おそらく、教員養成系大学・学部の全教員の中で、こんなことをこれだけ広範囲に、かつ、多数、心配しているのは何人いるのだろうか?と思います。その何百の人事の先に何千、何万人、何十万人の子どもの人生がかかっています。それも一生涯の幸せ。

 そのレベルでドキドキしているのです。

[]学校段階・教科別本 06:57 学校段階・教科別本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校段階・教科別本 - 西川純のメモ 学校段階・教科別本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校段階・教科別本の第一弾が出ます。他の教科も進行中です。「仮」となっているところがリアルタイプっぽいでしょ。

 4月19日発売、「すく実践できる!アクティブ・ラーニング 中学校社会編(仮)」http://goo.gl/mW6UQ5

 4月14日発売、「すく実践できる!アクティブ・ラーニング 高校地歴公民編(仮)」http://goo.gl/R1JJII

 ありとあらゆる入り口を用意しています。

他の担当の方々、第一弾がスタートラインに並びましたよ。

[]千葉の会 06:24 千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 千葉の会 - 西川純のメモ 千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3月12日に千葉で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/event/index/380586/

16/03/02(水)

[]本当に書きたい本 21:45 本当に書きたい本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本当に書きたい本 - 西川純のメモ 本当に書きたい本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 幸い、『学び合い』および『学び合い』によるアクティブ・ラーニングの本が売れてきました。これによって、いままで書きたかった本が世に出ました。そして、それが世に受け入れられました。ありがたいことです。

 いま、今の路線でのことを拡大しつつやっています。そして、それを「ちゃん」とやります。

 私には、その流れと違うことが書きたい。

 一つは、『学び合い』の一歩レベルを上げて理論書です。そして、『学び合い』が形成される過程の本です。それが市場として受け入れられるだけ成長したと思っています。

 二つ目は、特別支援の本です。学校レベルで完結するのではなく、子どもの一生涯のレベルで考える本です。

 以上2つに関しては、世話しようとする出版社があります。

 もう一つあります。

 それは95%の親に対する本です。つまり、東京大学、早稲田大学に合格させようとする親ではなく、そこそこの大学、いや高卒で十分だと思っている親に対する本です。これが書きたい。そのような親は本を買いません。でも、その親こそ意識改革が必要です。簡単に言えば、3世代、4世代という高度成長期以前の第1次産業での家庭の復活が、親及び子どもの幸せに繋がることを伝える本です。

 ま、それがなりたつために、完全マニュアルをつくり、裾野を広げています。

 私の本丸は、全ての子どもが生涯にわたって幸せになることです。

 意味不明だと思いますが。

[]自分が 21:34 自分が - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分が - 西川純のメモ 自分が - 西川純のメモ のブックマークコメント

 おそらく書かない方がいいと思いますが、書きます。

 誰が首相だって、今の日本の景気は劇的に良くならない。良くしようとしたら、自分が新たな雇用を生みだすアイディアを出すこと。直ぐに、それが出来ないという人がいる。出来ない人は出来ない理由をあげつらう、出来る人は出来るところを探す。もちろん全員が出来るわけではない。でも、2割の人がやれば日本は豊かになれる。

 誰が学長だって、今の教員養成系学部の環境は劇的に良くならない。良くしようとしたら、自分が社会からのニーズを生みだすアイディアを出すこと。直ぐに、それが出来ないという人がいる。出来ない人は出来ない理由をあげつらう、出来る人は出来るところを探す。もちろん全員が出来るわけではない。でも、2割の教員がやれば教員養成系大学は社会に認められる。

 多方面に教員養成系学部・大学の情報収集をしました。その結果、あることが分かりました。

 何も分かっていない。

 そして、原因は、数年のことしか考えておらず、5年以上に起こるであろう公開されている情報にアクセスしていないためです。もう少し、情報収集をすれば十年弱に起こるであろうことは何かが分かります。もちろん、表面には分からない規定があります。しかし、ちょっと調べれば分かること、知っている人に聞けば分かることです。

 私の勤務している大学だけのことではなかったんだ・・・・

 現状の問題に関して、学長を糾弾しても生産的ではない。自分が生き残る算段を出来る人が行動すればいい。一人でも多く、数ヶ月でも早く。そう思っても私は一人の教員であり、そうありたいと願っています。だから、周りの十数人の人を巻き込んで生き残れる術をやるしかありません。

 私には首相や学長のやっていることの是非は分かりません。私に出来ることは私の出来ることをやり、私の周りの人をそれに巻き込むことです。2割の人間がそれをしたら環境は激変します。と、管理職を糾弾している会話を聞くと感じます。

 教員養成系学部の2割に教員が、学校現場から名指しの指名を受け、多くの教員が読む書籍を書けば、教員養成系学部は学校現場70万人から守られる。学会賞を取った私が言うのです。学術研究と実践研究は矛盾しません。そして、それを書籍にすることは容易いことです。

[] アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門 18:12  アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門 - 西川純のメモ  アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 アクティブ・ラーニング時代の教室ルールづくり入門は2月4日に発売。

 2月10日に重版決定。でしたが、

 3月2日に3刷増刷が決まりました。

 ご愛顧感謝します。http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20160062

[]必見 09:43 必見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 必見 - 西川純のメモ 必見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

関係者、必見。

https://www.youtube.com/watch?v=ZR0-HJMZlvE

自画自賛ですが、私の「アクティブ・ラーニング入門」、「サバイバル・アクティブ・ラーニング入門」を読んだ人と、読んでない人では、この映像の前半の意味するものの理解が天と地ほども違うでしょう。読んでいない人は、建前論と思うでしょうね。

私としては「社会」という言葉が連呼される度に「そりゃ、企業だろ」と突っ込みたくなります。ま、文科省としての立場の限界なのだと思います。ただ、ただ一回「雇用」と言ったところに反応してしまいました。

また、後半の部分は、私の「『学び合い』ジャンプアップ」を読んだ人と、読んでない人とのイメージが天と地ほどの差があるでしょう。読んでいない人は、今の面倒くさい、また、実効性の低いコミュニティスクールの延長上を考えるでしょう。つまり、地域の人が総合的な学習の時間で講師を務める程度のことをイメージし、それ以上が浮かばない。チーム学校と言われても、事務の人や用務の人や給食の人が教育課程にどのように関わるか想像できないでしょう。もし、合同『学び合い』を週1程度で行い、その後にリフレクションをやった学校の人だったら、どうすれば簡単に実効性のあるチーム学校が実現出来るかが分かります。

とにもかくにも、文科省の本気度が分かります。今までとは違います。その理由も、先に挙げた本に書いたとおりです。

[]高校特有 07:06 高校特有 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校特有 - 西川純のメモ 高校特有 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校でアクティブ・ラーニングをやる場合の特有の壁があります。高校の場合、選択科目が多くなります。教科によっては選択科目のみということもあるでしょう。その場合、「その時間の集団はどうでもいい」という意識が芽生えます。また、人間関係に難のある子どもにとって他の子どもと関わることに抵抗感があります。それが高校まで凝り固まってしまうと大変です。そんな時にどのようにしたらいいか、そのノウハウを書きました。「週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方」(http://goo.gl/iTv2SH)です。

[]マニュアル本 06:49 マニュアル本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - マニュアル本 - 西川純のメモ マニュアル本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』、『学び合い』によるアクティブ・ラーニングの究極のマニュアル本が完成しました。「週イチでできる! アクティブ・ラーニングの始め方」(http://goo.gl/iTv2SH)です。この本と「『学び合い』を成功させる教師の言葉かけ」(http://goo.gl/E5eQnL)の組み合わせで始めるのが一番安全です。特に、周りの先生方に手ほどきするには。

 『学び合い』は考え方です。が、そんなことを言っても「剣の道は人の道」と言っているのと同じぐらい意味不明です。まずは、やってみることです。『学び合い』を理解するには週1から始めるのが一番安全です。ただし、その1回は、中途半端な『学び合い』ではなくフルの『学び合い』をします。その中で、その良さを理解し、一人も見捨てないということのメリットを教師も子どもも理解すべきです。

 この本によって年間37回のアクティブ・ラーニングが可能です。もの凄く苦労して年間5回程度のジグソー法のアクティブ・ラーニングより、遙かにアクティブ・ラーニングをやっていますと言えます。

追伸 週1回程度の『学び合い』でも人間関係の向上は実感できます。しかし、学力向上は無理です(ただし、下がることはありません。ご安心を)。そのレベルを狙うのであるならば、その先に早く進むことが大事です。

追伸2 いつもながら売り出し直後はアマゾンはなかなか届きません。お近くの書店に注文することを勧めます。それによってその書店で平積みしてくれるかもしれません。

16/03/01(火)

[]ICT 21:12 ICT - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ICT - 西川純のメモ ICT - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ICT教育を推進するために、教師及び教師の卵にICTを使える教育をしているようだ。ま、そう考えるよな、と思う。しかし、私はそう思いません。ようは、子どもにICTを自由に使わせればいい。教師が使い方を決めたら、子どもは教師以下になってしまう。ネイティブの幼稚園児を、頑張って英検準2級の日本人教師が教えているようなものです。

 じゃあ、何が必要か? http://goo.gl/Ndmg6o

[]新入試制度 17:05 新入試制度 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新入試制度 - 西川純のメモ 新入試制度 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 実は、これが新たな大学入試の根本的な違いと言えます。

 上司を大学と置き換えれば良いのです。

http://blog.tinect.jp/?p=21242

[]会 16:07 会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 会 - 西川純のメモ 会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の同志にお願いです。新年度になったら「気軽」に『学び合い』の会を開いて下さい。誰に断る必要もありません(もちろん、私にも)。新年度になれば、『学び合い』に興味を持つ人が増えます。これまでに多くの入門書が出版されたため、私の所への質問メールが激減しています。でも、口伝でしか伝えられないところがあります。なによりも愚痴を言い合うことが必要です。是非、開いて下さい。http://qq1q.biz/snrs

 同じ県に、同じ町にいくつもあって良いと思います。子ども達や我々のためによき世界を生み出すものは多様でいい。

[]本家 16:07 本家 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本家 - 西川純のメモ 本家 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の所に、○○さんがこのように書いています、○○さんがこう言いましたと報告し、「それって『学び合い』としておかしいのではないでしょうか?」と言われる方がいます。

 そんなの私が分かるわけありません。様々な文脈の中で書き、語ったことです。その場にいない私が判断できるわけありません。そして、その場にいたとしても、私がどうのこうの言える立場にありません。

 『学び合い』は自然科学をモデルにしています。だから、固定的な組織も作らず、ましてや私の名を冠することを避けています。自然科学は誰かがどうのこうの言わなくても、自然が断を出します。だから、多様な意見、多様な試みをすればいい。自然科学と同じように結果が全てを決めます。