西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/17(水)

[]アクティブ・ラーニング入門 14:06 アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ アクティブ・ラーニング入門 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 アクティブ・ラーニング入門(http://goo.gl/iAWBL5)が出版半年で第7刷りに突入です。ご愛顧感謝します。自画自賛ですが、あの本によって、「なんちゃってAL]や「今の延長上でいいんですAL]はやりづらくなったと思います。授業レベルではなく、社会からALを見る人が増えたから。

[]他山の石 06:49 他山の石 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 他山の石 - 西川純のメモ 他山の石 - 西川純のメモ のブックマークコメント

何か分かります。

家内は地元の商店街で買い物するのを嫌います。理由は、お得意様とそうでない人を露骨に差別するからです。その点、大型スーパーはそんなことがない。

地元の商店街がシャッター街になっています。

寂しいな、と思うと同時に、しかたがないなと思います。

ローカルは価格で勝負しなくてもいいのです。

人と人との繋がりで勝負すればいい。

商店街がシャッター街になるのは、顧客とすべき人は誰かということを理解し、その人達にサービスをしていないから。

今から三十年前に上越に来たとき、駅前の商店街が18時でシャッターを閉めていることに愕然としました。そして、こりゃダメだ、と思いました。たまにイベント的な「○○祭り」をして商店街を盛り上げようとしています。しかし、そんなのどうでもいいのに。

ようは新規の客の名前を覚え、その人が求めるサービスを提供すればリピーターになります。

ある薬局に行ったら医者の処方箋の薬が切れていました。その店の人は家内に丁重に謝り、自宅に届けますのでと言ってくれました。その店は系列の薬局からその日のうちに手に入れて、我が家に届けに来てくれました。地元では極めて希な店だと思います。

日本は減少傾向です。

どの地域も新規の人を求めています。

地方自治体でも、成功するところと失敗するところがあります。

学び合い』の皆様へ

他山の石です。

http://kaigolab.com/column/8397

[]意識改革 06:30 意識改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 意識改革 - 西川純のメモ 意識改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

学生時代は

結婚したいと思ったとたんに結婚できると思っていました。

しかし、就職すると出会いが少なく、かつ、学生時代のように軽いのりでつきあい始められないことを知りました。

避妊をしないと直ぐに子どもが出来ると思っていました。ところが、いざ結婚してみて、7年間も子どもは授かりませんでした。

私が子どもを授かったのは40歳です。

大きくなった息子から「お前な~」的に言われることもあります。しかし、その瞬間を含めて、今まで「生まれてくれてありがとう」という気持ちを忘れたことはありません。

人生に悔いることはあります。

出来れば、家内に5年早く出会い、息子に10年早く出会いたかった。

今、我々が持っている価値観は高度成長期に生まれたものです。

その高度成長期が崩れるとき、昔の価値観に回帰する部分があるのではないかなと思います。もちろん、単純に戻るのではなく、弁証法的にね。

教育の果たすべき役割は大きい。

https://news.careerconnection.jp/?p=20964