西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/15(月)

[]論点整理 18:29 論点整理 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 論点整理 - 西川純のメモ 論点整理 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 町医者も大病院も同じ医療を行っています

 しかし、両者の役割分担は明確に違っています。自ずとやっていることも違います。でも、医療でひとくくりに出来ます

 もし地域医療改善議論するとき、一台数億円の医療機器の導入計画と、地域に根ざした巡回医療計画が同じテーブル議論されたら混乱しますよね。

 人工知能ロボットに置き換われない能力。それを日本がいち早く獲得する必要があります。それはおおよそ二種類です。

 第一は、ビックデータによって導かれない結論を出す能力です。

 第二は、人と心地よくつきあえ、サービスする能力です。

 前者を育成するのが5%の子ものためのアクティブ・ラーニングで、後者を育成するのが95%の子ものためのアクティブ・ラーニングです。町医者も大病院も重なる部分は多いですが、議論を分けないと話しが混乱する。

 ま、もっとも圧倒的大多数の教師は、人材養成アクティブ・ラーニング本体であるとは考えず、主体的協働的になることがアクティブ・ラーニング本体だと思っている。しかし、人材養成意図しないということは、教え子が飯を食えないということを理解していない。

追伸 ある方から教えてもらいました。中央教育審議会の各委員アクティブ・ラーニング関係で、どんなところに視察し、どんなところをモデルケースとするか。それで真意が分かります

[]総合的な学習時間 18:29 総合的な学習の時間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 総合的な学習の時間 - 西川純のメモ 総合的な学習の時間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 アクティブ・ラーニング総合的な学習時間を同じだという意見があります

 私はそれは正しいと思っていますしかし、総合的な学習時間が何であるか、それを理解している人はあまりいないように思います

 あるときゼミ生に「中央教育審議会はどんなことを考えているのですか?」と聞かれました。それに対して、以下のように応えました。

 「中央教育審議会という人はいない。委員の数だけ考えがある。いや、どんな人でも、小さい部会で言うことと、全体会で言うことは違う。私のように、教育社会的意味からとらえ解釈する人もいるだろうし、明日の授業をどうするかで解釈する人もいるだろう。

 ただし、昔と今では決定的に違うことがある。それは、教育関係者以外の人の余裕だ。昔は余裕があった、だから教育関係者に任せてくれた。しかし、今は任せてくれない。総合的な学習時間を決めたときに参加した委員の中には、日本社会レベルで考えている委員はいた。しかし、実際の授業のことに関しては、授業のことを考える委員に任せていたし、その委員学校現場に任せていた。しかし、今から改革において、授業のことを考える委員、また、学校現場意見を言える余地はない。だから学校現場人間日本社会レベルのことを理解し、新しいゲームルール意見を言わなければならない。」と。

 アクティブ・ラーニングを授業レベル物事を考えようとする本はこれから売れなくなると思います理由は簡単です。それを求める人は、「今まで通りで大丈夫だ」と考えているからです。アクティブ・ラーニング総合的な学習の延長上に考える人が、本を買うわけないですから。それが売れるのであるならば、総合的な学習時間の本や道徳の本が売れるはずです。道徳の教科化に向けた道徳の本レベルには売れるでしょうが、そのレベル以上には売れないでしょう。

 当たり前のことなのにな~。

szeidzsiszeidzsi2016/02/15 19:19先週末に日本語教育の研修会がブダペストであり、カリフォルニア大学サンディエゴ校の當作靖彦先生の講演を聴きました。先生の話によるとカリフォルニア大学の医学部の教授は「治療、手術はコンピュータがやるので、今後医師になりたい人は医学部ではなく数学科に入るべき。」「末期患者のチューブを抜くかどうかの判断は機械的にやってはならない。また患者に優しい言葉をかけることも必要だ。だからその面で医師は必要。」と言っているようです。その後で當作先生は、教師も『~だから教師は必要だ』と即答できるようにしておかなければならないと述べていらっしゃいました。そして、日本語教師の場合、それは知識や文化を教えることではなく、人と人とをつなげることであり、世界の問題を解決する人を育てることだ・・・ともおっしゃっていました。

jun24kawajun24kawa2016/02/16 22:13私は数学に進んでも数学者には勝てないと思っています。
残されているのは人と人との関わり、信用だと思っています。