西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/10(水)

[]幸せ 18:14 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越教育大学に入学希望の高校3年生が会いたいと申し出たので会いました。この段階で大学教員の顔が見えるのは凄いことです。

 さて、その学生が私に質問したことは「大学で何を目標としたら良いのでしょうか?このままではダラダラした学生生活になりそうです」という質問です。笑います。入学前に志望校の大学教員に面談を申し込む人がダラダラした学生生活をするとは思えません。

 ただ、「大学の目標」は何かを考えるのは当然です。

 私は、「大学の目標ではなく、幸せを考えよう。幸せになるために、君は色々なことをする。大学の4年間は、君が幸せになるために過ごす時間だ。だから、君にとって幸せとは何だろう?」と話し始めました。

 現在のキャリア教育で決定的に欠けているのは「自分の幸せとは何か?」という問いかけだと思います。それ無しに、職業体験をさせても無意味です。また、思考停止させて、「とりあえず高校・大学に入りなさい、その先は高校・大学に入ってからじっくりと考える。とにかく、今は目前の受験勉強に集中しなさい」と指導すれば、その場はよくても、ダラダラとした学生生活になるでしょう。

 2月19日に発売する「アクティブ・ラーニングによるキャリア教育入門」(http://goo.gl/suKSyS)では、子ども達に幸せとは何かを考えさせる実践を紹介しています。例えば、皆さんが幸せになるために年収はどれだけ必要でしょうか?おそらく、大人の我々だって応えられない人は多いと思います。とりあえず「多ければ多いほど良い」ではないでしょうか?しかし、それでは駄目だと思います。だから、上記の本では、それを考えさせる課題例を紹介しています。