西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/07(日)

[]今後の受験産業 17:43 今後の受験産業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今後の受験産業 - 西川純のメモ 今後の受験産業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の受験勉強をサポートし、今後の動向を考えました。そして、「私」が受験産業に求めるサービスは何かを考えました。

 まず、勉強を教えてもらうことはあまり期待していません。当人が受かる気になりさえすれば市販の問題集と参考書で十分なように思います。ネットに溢れる動画も良いですが、学校の友達に聞くことが有効でしょう。

 従って、今、受験産業がメインにしているサービスはあまり必要としていません。じゃあ何が必要かと言えば、息子の相談相手です。

 息子はヤマハのエレクトーン教室に行きますが、そこで講師の方に受験のことを相談します。まあ、愚痴を聞いてもらうというのが正確なところです。でも、教室の後の息子は晴れ晴れとしています。

 もし、その講師の方が受験産業のオーソリティに繋がっていて、各大学の受験情報を調べられる状態にいたら、もの凄くありがたいです。週1時間、そんな専門的なアドバイスを、人間的な関係を結んだ方と出来ればいいな~っと思います。

 もし、その方が息子の志望校の学生さんだったら、学生生活のことやその学部の研究室の特徴なんかも教えてもらえたら、もの凄くありがたい。

 人工知能、ネット、ロボットに置き換えられない能力は二つだと思います。第一は、ビックデータで導かれない飛躍的な発想です。これは天才の範疇です。もう一つは、人と人とのつながり、信頼関係を構築することのように思います。

 考えてみれば、小中高の教師も医者も、そのあたりの能力で生き残るのではないかなと思います。