西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/07(日)

[]武装 10:40 武装 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 武装 - 西川純のメモ 武装 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は暇があると、中央教育審議会の答申を読みます。それは教員養成系大学・学部の生き残りに直結しています。(ま、そんな人が少ないですが。だから、学内政治での勝率が高い)

 ある若い研究者がいます。『学び合い』を研究している人です。その人から論文を読んで欲しいと言われ読みました。論文のタイトルに「アクティブ・ラーニング」を入れるように勧めました。

 大学人は大学外の審査を受けることがあります。学内の審査も、外部の審査に準じた形でやります。(そうじゃないと外部審査でひっくり返ると大変です)

 2種類あります。一方はアカデミズムの審査です。これは博士課程、修士課程の担当になるために必要で、基本的に日本学術団体に登録した学会の査読を通った学術論文の多寡で研究指導能力の有無が評価されます。審査委員は研究者です。

 もう一方は、学部の科目担当、及び、教職大学院の担当の評価です。これは研究指導ではなく、授業担当のみの審査です。これは文部科学省の事務方が外形的に評価します。その評価のポイントは色々ありますが、決定的なのはペーパーになっているかです。だから、芸術作品や競技歴は評価になりません。そして、その業績が授業内容に対応するかです。ただし、必ずしも専門家で無い人が評価するので外形的な評価になります。具体的にはタイトルにその科目の名前が一致しているか否かです。

 今後、教員養成系大学、学部の修士課程が教職大学院に移行した場合、後者のみが重要になってきます。

 以下を読めば、今後、どんな科目担当が必要になるかが分かります。

 アクティブ・ラーニング、ICT、道徳などがありますね。これをタイトルに含んだ業績がある人は、商品価値が高まります。ちなみに、私は全て持っています。ちなみに、読めば、どの業績の商品価値が下がるかも分かります。(それは書きません)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1365665.htm