西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

16/02/05(金)

[]心 06:58 心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 心 - 西川純のメモ 心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日のゼミで学生に語ったこと。

 名人教師の授業を見て名人教師になろうとするのは、レッドカーペットに出る芸人を見て売れる芸人になろうとするぐらい馬鹿げたことだ。でも、大丈夫。子どもは心を見ている。教材・指導方で子どもを引きつけられるのは3ヶ月。いや、クラスをリードする子どもは1ヶ月(実際は3日)でその教師を見切ってしまう。逆に、授業がまずくても、3ヶ月もたては心を見取ってくれる。

 と。

 ま、冷静なときは上記の言葉を素直に受け入れられます。が、授業が上手くいかないときテクニックの改良に走ってしまうのは人情です。しかし、テクニックの改良ではクラスをリードする子どもは誤魔化せません。

 また、上手くいかないとき、子どもや同僚や学校に原因を求める。まあ、職員室に一人はいる子どもや保護者の悪口をよく言う教師が典型です。しかし、人を変えることは出来ません。しかし、自分を変えることは可能です。

 問題があれば自分ではなくテクニックや他者に原因を求める。そして、自分には目を背ける。しかし、原因を自分の心に求めるのです。必ず、原因はあります。それが分かれば、子どもに率直に謝り、修正すればいい。そうすれば集団をリードする子どもは仕切り直しをしてくれます。だから、改善が早い。

 私も人の子。問題があれば他に原因を求めたくなります。色々なことを考えます。しかし、それが無意味であることを理解しているので、最後は謝るしかないことを知っています。

 しかし、これは何度も失敗しないと分からないことなのかもしれません。でも、失敗させたくないな。

リンカーンは「多数の人を少しの間騙すことはできる。 少数の人を長い間騙すこともできる。 しかし、多数の人を長い間騙すことはできない。」と言っています。この言葉は恐ろしい言葉です。しかし、逆に言えば、多くの人は長い時間をかければ心を分かってくれるという希望でもあります。