西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/11/22(日)

[]喧嘩の仕方 17:48 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ 喧嘩の仕方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私には以前より不思議なことがあります。私に対するご批判の書き方が「下手だな」と感じてしまうのです。

 例えば、昨日紹介した

『西川純て共産党なんだよ。「同志!同志!本を買ってください!」だって。』

 ですが、以下のように書いた方が有効だと思うのです。

 「西川純氏のネット上での発言には「同志」という言葉が多用される傾向がある。この「同志」という呼称が誰を対象にしているのか不明であり、教育に関する発言としては違和感がある。」

 とか

 「自らの著作に関して、多くの人に不安をかき立てて広げようとする行為は、ノストラダムス予言本に通じるものを感じる。その行為自体に、西川純氏の発言にたいする信憑性を疑わせるに十分であろう。」

 のような発言の方が効果があると思うのです。

 おそらく、「そ~だよね。バカみたい」、「くそオヤジ」のような2チャンネル的な言葉が自身のタイムラインに溢れて悦に浸るのであれば、『西川純て共産党なんだよ。「同志!同志!本を買ってください!」だって。』はきわめて有効でしょう。ネットユーザーは多いのですから、それでストレスを解消している人は十分にいますから。

 しかし、『西川純て共産党なんだよ。「同志!同志!本を買ってください!」だって。』のような発言に反応するのは、もともと私に対して批判的な人が反応すると思います。しかしそれ以上に多いのは、私がどのような人かには興味は無く、言葉に反応し、多くの人と一緒に騒ぐ人が大好きな人でしょう。結局、その発言によって何も起こらない。

 だから、私を攻めるならば、私に対して中立の人をターゲットにした発言をするべきだと思います。であれば、少なくとも出来るだけ上品な表現をする方が上策です。

 しかし、それだけでは駄目です。おそらく、中立の人の多くは、その発言を聞き流します。しかし、一部は興味を持って調べるでしょう。そして、私の過去の発言をチェックするでしょう。そして、私はどのような意味を込めた発言の時に「同志」という言葉を使うかを知るでしょう。また、私がネットで自分の著作を宣伝するやり方を読み、それが下品か否かを判断するでしょう。そして、ご批判をされた人の過去の発言を調べるでしょう。そして、判断します。

 幸い、ご批判の嵐の結果として『学び合い』に興味を持った人がかなりいます。

 私はゼミ生に「反対者にとって手強い敵になりなさい」と教えることがあります。世の中には、「賢い味方」、「愚かな味方」、「賢い敵」、「愚かな敵」がいます。実はありがたい順に並べると、「賢い味方」>「愚かな敵」=「賢い敵」>「愚かな味方」なのです。「愚かな敵」は、その愚かさを中間層に伝えることによって、積極的にその人の敵が正当であることをアピールしてくれます。もし、相手が手強い敵だと判断すれば、「賢い敵」は攻撃をしません。そして、特に「賢い敵」は積極的に互いのメリットを探ります。困るのは「愚かな味方」です。これは「愚かな敵」と同様にその愚かさを中間層にアピールします。

 私が学内政治での勝率は高いのは、自分自身が「手強く」なるように実績を高めているからです。そして、「賢い味方」と連携し、「愚かな味方」を下支えし、「賢い敵」と取引をして、「愚かな敵」を煽ります。

 実は、このメモもその戦略の一環です。